FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



島の返還問題に全く言及しないプーチンと、協議の継続を主張する安倍首相。

昨夜のプーチンと安倍首相の記者会見、予想通り対照的な発言内容だった。
プーチンの口からは島の返還という表現は全く出なかった。逆に、一番大事なことは経済的な関係強化だということだった。
露骨に、日本に対して経済支援を期待しているのだと、ロシア国民と日本に対して強調して見せた。
その直後の安倍首相の会見では、冒頭に北方領土の変換の話題を出し、いかにもプーチンとの間で共通認識が維持されていると強調していた。
しかしながら、協議に進展があったという話は全くなく、今後も引き続き協議していくという発表を繰り返すだけだった。
このパターンを何年間繰り返してきただろうか?
いつも同じパターンである。
プーチン側から北方領土返還の意思があるようなことをにおわされ、安倍首相やマスコミが、すぐにでも北方領土が返還されるかのごとく喧伝され、日本中が期待する中で次の首脳会談が開かれ、何の進展も無く終わるというパターンである。
2年に一度くらいの周期で見せられているような気がするのは私だけだろうか?
海千山千のプーチンが、そう易々と領土を引き渡すはずがない。
プーチンの思惑は最初から見え見えで、日本の資本を利用して、シベリアから中国へ伸びるパイプラインを建設させ、因縁をつけて国有化してしまおうという、30年ほど前の中国と同じ戦略である。
最初から領土を手放す考えなど全く無い。
ただ、今回は、ロシア国内で島の返還に対する反対運動が起きていたので、今回は初めて、そういう話があるという事実がロシア国内で知られたのは事実のようだ。
逆に言えば、これまでは、そういう話が起きていること自体、ロシア国内では全く知らされていなかったということである。
そういうことを考慮すると、ロシア国内で反対運動が起きたということは、島の返還についての最初の一歩がようやく踏み出せたといえなくもないようだ。

スポンサーサイト

東大生がミス日本のグランプリ獲得。これって、本人にとって幸せなことなのだろうか?

ミス日本のグランプリに、東大理三の女子大生が輝いたそうだ。
頭が良い上に美貌も最高とは、どこまで神様は人間たちを不平等に扱うのだろうか?
最近のクイズ番組などでも、東大出身の美女が大勢登場していて、東大の女子学生=ガリ勉のブス というイメージが完全に覆されていた。
その典型例として、東大生がミス日本のグランプリ獲得。
外見も頭脳も最上級レベルで、残る問題は性格が良いか悪いかだ。
外見も頭も良いとなると、性格が歪む原因が見当たらないので、きっと性格も良いのだろう。
となると、三拍子揃った大和なでしこということになる。
確実に女性からは嫌われる存在だろう。
回りの女性たちからすれば、絶対に敵わない相手なのだから、妬みの対象になってしまう。
まぁ、男にもてるかというのはまた別の問題で、あまりでき過ぎている女性というのは、男の側でも気を許せる相手にはなりにくいので、もてないものである。
三拍子揃っていると、男の方でも、どうしても背伸びしてしまうので、付き合っていると疲れてしまうはず。
そういう意味では、馬鹿で可愛げがある女性の方が圧倒的にもてる。
この女性の場合は、ただでさえ、東大生で頭が良いことは証明済みなのに、加えてミス日本グランプリで、美貌も最上級だという箔が付いてしまったわけで、益々、男にとって高嶺の花になってしまったかもしれない。


パナソニックの口内洗浄機、質問に対して驚きの回答が帰ってきた。

パナソニックの口内洗浄機が5日間で修理が終わって手元に届いたことを、このブログで先日報告したが、その際に、パナソニックに対して、何がどのように故障していたのか、そして、今後、同じような故障が起きないように注意することはないかと問い合わせをしておいた。
するとパナソニックから驚きの回答があった。
中の電子部品や基板が錆びて故障していたそうである。
即ち、外から入り込んだ水が原因とのことで、濡らさないように注意して使用し、使用後は塗れた所を拭いておくようにということだった。
また、お湯は使っては駄目だとのこと。
これには私も驚いた。
歯と歯の間に詰まったカスをジェット水流で押し流す商品である。
どうやっても、口から水が垂れて、洗浄機を濡らしてしまう。
取扱説明書には、使用後、全体を水洗いしてきれいにしろと書いてある。
完全に矛盾している。
また、取扱説明書には、個人が勝手に各部のねじなどを緩めたりしては、防水が保てなくなるので、絶対にしてはならないと記載している。
ということは、防水設計の商品だということである。
だからこそ、使用後は水で洗って綺麗にしろと書いてあるのだ。
今回の錆びの原因となった水がどこから入ったのかは不明である。
また、冬場、冷たい水で使うことなど考えられない。
知覚過敏の人でなくても、冷たい水によるジェット水流を歯や歯茎に当てれば、嫌な思いをするだろう。
購入前に価格.comの口コミを調べたところ、ヘビーユーザーなどは、入浴時に、お湯につかりながら長時間使用しているとのことだったので、こういう人たちの場合は、2,3ヶ月で動作しなくなっていることだろう。
私が購入したものは、一体型のものなので、噴射ノズルが本体と一体になっていて、本体が濡れてしまう構成になっている。
上位モデルは、本体やタンクが据え置き型になっていて、そこからホースが伸びて、ホースの先に噴射ノズルがついているタイプのものがある。
このタイプは、本体が離れているので、使用時に本体が濡れることはないので、その中の電子部品や基板が濡れることもない。
1年の保障期間のうち、もう8ヶ月が過ぎてしまったので、今度故障するころには保障期間が切れている。
恐らく法外な修理代がかかるだろうから、今度壊れてしまった際は、本体と噴射ノズルが分離したタイプのものに買い換えることになるのだろう。
8ヶ月前に購入する際に、どちらにするか迷ったのだが、一体型の方が、旅行に行く時などにも、電子歯ブラシと一緒に手軽に持ち運べるので、一体型を購入した。
でも、数ヶ月単位で壊れてしまうのでは、二度買うべき商品ではないようだ。


北方領土の返還は、自民党政権と外務省がマスコミを使ってばら撒いたデマである。

明日、安倍首相がロシアを訪問するそうだが、日本のマスコミが騒いでいるような北方領土の返還の話などは全く行われないだろう。
プーチン大統領は、就任以来、一度も領土を譲る意思などは全く無く、日本からの経済支援がほしいだけなのである。
そのためのニンジンとして、北方領土の話題を出しては、日本の反応を見ているのである。
クリミアやウクライナ近郊の領土問題を見ても、ロシアが領土を増やすことはあっても、手放すことなど有り得ないのである。
つい数日前も、ロシア外相が、日本が「北方領土」と呼んでいること自体を非難したほどで、千島4島は完璧にロシアの領土であり、大勢のロシア住民も住んでおり、日本に返すことなど、ロシア国内では誰も考えていない。
「北方領土返還」というのは、外交成果を宣伝したい自民党政権と外務省が、マスコミを使って国民に言いふらしているデマで、実体の無い空想なのである。
日本が千島列島を獲り返すラストチャンスは、ゴルバチョフ時代に当時のソ連が瓦解して、国内経済がガタガタになり、スーパーからモノが消え、ソ連という国が消えてなくなるのではないかと思われるほど切迫していたときである。
あの時に、日本が大型の経済支援を申し入れていれば、その引き換え条件として千島列島を日本の領土に組み入れることを、ソ連側が渋々受け入れただろう。
当時、日本のマスコミが、「金で領土を買うのか!?」と口を揃えて非難したことである。
このチャンスを逃した以上、二度と再び、北方領土を取り戻すチャンスなど来ないだろう。
一般的には、領土を取り戻す唯一の手段は戦争である。
長い人間の歴史において、戦争以外で領土のやり取りが行われたことは一度も無い。
ソ連崩壊の場合でも、本当に金で北方領土を取り戻せたかどうかは分からないが、少なくとも、当時のゴルバチョフなら、条約にサインした可能性は高かったと思う。
今のロシアにとって、北方領土を日本に返還するメリットは全く無い。
そんなことを行うほど、プーチンは馬鹿ではない。
むしろ、安倍の数万倍、外交のプロであり、狡猾である。


先週故障したパナソニックのジェット噴射式の口内洗浄機、5日間で修理が完了した。

先日、パナソニックのジェット噴射式の口内洗浄機が壊れて修理に出した話をしたが、昨日、修理が終わって返送したというメールが届き、今朝、自宅に物が届いたようである。
12日の午後にクロネコヤマトの着払いで発送したので、丸5日間で完了したことになる。
12日から14日の3日間は3連休だったことを考えると、実質2日間で終わっているので、そこそこ素早い対応だと思う。
2年前のお風呂用のポータブルテレビの場合も、ちょうど5日前後で完了したので、平均的な期間なのだろう。
まぁ、修理が早いことよりも壊れないことの方が大事なので、そういう意味では評価できないが・・・。
ちなみに、自宅で録画したテレビ番組をスマホにアップして持ち出して屋外で見ることができるアプリのアルファシステムズのMediaLinkPlayerは、昨年10月に突然動かなくなり、その情報をアルファシステムズの担当者に伝え、先方から依頼されたデータなども送ったりしたのだが、3ヶ月経った今でも、対策版のリリースがない。
Androidのスマホで何ヶ月間か普通に使えていたのだが、ある日突然、録画したデータをスマホに転送できなくなった。
アルファシステムズの担当者からは、録画したレコーダー側の問題だといわれたが、iPhoneでは全く問題なく使えているので、そのことを伝えた。
すると、先方から、スマホをデバッグモードで動かして、データを取って送ってくれと依頼された。
ソフト開発者の私は、先方の指示通りにデータを採取して送った。
それから2ヶ月以上経つのだが、何の連絡もない。
スマホ用のアプリのバージョンアップの場合は、いくつかの不具合の修正をまとめて反映するので、私が申告した不具合が直ったからといって、その為だけにリリースすることはないとは思うが、解析に協力したのだから、せめて、どこまで解析が進んでいるとか、対策版のリリース予定がいつ頃になるとか、連絡くらいしてくれても良いのではないだろうか?