FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



今日から鹿島アントラーズにとって地獄の38日間が始まる。

鹿島アントラーズは、これから1ヶ月間が地獄のスケジュールである。
今日、金曜日開催のリーグ戦があるが、9月28日までの38日間に、何と9試合が組まれている。
その中には広州恒大とのACLの準々決勝2試合や、浦和とのルヴァンカップの準々決勝2試合が含まれている。
リーグ戦が4試合で、マリノスとの天皇杯の試合もある。
中2日とか中3日の試合が続くので、選手たちの疲労もさることながら、怪我が心配である。
ただでさえ、主力選手たちの欧州移籍などで戦力ダウンした上に、怪我人が多くて、ベストメンバーといえる布陣は、6月上旬以来観たことが無い。
このようなやりくりの苦しい中で、38日間に9試合という地獄のようなスケジュールは、過酷過ぎる。
残った選手たちの中で、これ以上怪我人が出てしまうと、リーグ優勝も夢となってしまう。
ACLやルヴァンカップも、予選リーグならば、ターンオーバーで主力選手を休ませることも可能だろうが、準々決勝以降は、主力選手を外す余裕など無いはずだ。
正にクラブの総合力を問われることになる。
その中でも、サイドバックの小池や、名古屋から移籍してきた相馬、そして法政大学の上田などが結果を残してくれているのが、せめてもの救いである。
がしかし、このような新しい戦力が結果を残せるのは最初だけで、今後は対戦相手も対策を講じてくるので、簡単には結果を出せなくなるだろう。
やはり最後に頼りになるのは、ベテラン勢の頑張りだ。
今の鹿島の場合は、ブラジル人トリオの活躍が大きなウエイトを占めているので、この3人に頑張ってもらいたい。
レアンドロが調子を崩しているようなので、レアンドロの復調に期待したい。

スポンサーサイト




人気ドラマ「あなたの番です」の企画・原作が秋元康だということを、皆さんはご存知だろうか?

秋元康は、どういう仕事の仕方をしているのだろうか?
何人のゴーストライターと何人のサブプロデューサーを抱えているのだろうか?
AKBグループへの膨大な数の作詞だけでも、とても一人ではこなせない数なので、当然のごとく、ゴーストライターを何人も抱えていて、その連中の作品の中から良さそうなものを選んで、秋元康が少し手を加えて、自分の作品として世に出しているのだろう。
この程度のことは、売れっ子の作家でも当たり前のように行われてきた。
東野圭吾などは、その典型例である。
あれほど短期間に作品をリリースすることは、多くのゴーストライター軍団を抱えている証拠である。
数十人抱えていても、彼らを食わせていけるだけの財力は充分ある。
最近、秋元康で驚かされたのは、人気ドラマの「あなたの番です」だ。
4月にスタートし、意外に面白かったのでずっと見ていた。
そしたら、何と、7月からの2ndクールでも、引き続き「反撃編」として放送されている。
異例中の異例だろう。
ほぼ全てのドラマは、3ヶ月で終了する。
6ヶ月も放送するのは初めて見た。
しかも、このドラマの凄さは、2ndクールの方が、より面白いということだ。
未だに誰が犯人なのか解明されていないし、登場人物全員が疑わしくも思えるし、非常にシナリオがユニークだ。
先週の回を見終わった時に、何の気なしに最後のテロップを見ていたら、企画・原作が秋元康と書かれていて驚いた。
と同時に、秋元康原作のドラマに惹きつけられていることがとても悔しかった。
秋元康ごときの作品に、ここまで惹きつけられてしまうとは、私も終わりだ。
昨年からは、AKBグループよりも、テレビ東京の3年C組の方に力が入っているようで、こちらもCDデビューが決まったり、アイドル部がTIFや著名なアイドルステージに呼ばれたりと、驀進中である。
ここまで手広く企画を当て続けられるのは、やはりそれなりに投資をして、優秀な人材を手元に抱え込んでいるからだろう。
秋元康のように儲けまくっている奴に対しては、税制上の優遇措置をして、財産の多くを寄付してもらうようにすることが大事だと思う。
アメリカでは、アメリカンドリームを実現した大金持ち達の多くが、生きているうちに多額の寄付を行っている。
それが貧しい人々や恵まれない人たちの助けになっている。
日本の場合は寄付という習慣が根付いていないので、金持ちが死んだ後、ろくでもない相続人たちが、骨肉の争いを繰り広げ、勝ち取った相続財産を散在してしまうというのが良くあるパターンだ。
これでは、誰も得をしないし、誰も幸せにならない。


韓国が、日本との軍事情報包括保護協定を更新しないことを決めた。お好きにどうぞ!

韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を更新しないことを決めたと発表したようだ。
まぁ、これは日本に対してというよりもアメリカに対して印象を悪くする行為なので、お好きにどうぞと言う感じである。
どこまでも頑なに反日姿勢を崩そうとしないのは、支持率を維持したいということなのだろう。
好きなだけ反日運動を展開していただきたい。
北朝鮮と統一して、数年後には日本を追い抜くらしいので、その姿を見てみたいものだ。
北朝鮮との統一を果たすということは、莫大な数の難民を抱え込むことと同じなので、どうかその覚悟を捨てないで初志を貫徹して、民族の統合を果たしてもらいたいと心の底から祈っている。
その結果、黒電話のような異常な独裁政権が無くなるのであれば、一番得をするのは日本なので、日本政府は、この韓国の統一事業に出資してバックアップするべきだろう。
まぁ、そんな自殺行為は、韓国国民が許さないと思うが、我々日本人の常識では思いつかないようなことを行うのが韓国政府なので、ひょっとしたらひょっとするかも。
近い将来、韓国と北朝鮮が統合し、北朝鮮の独裁政権が無くなれば、間違いなくノーベル平和賞ものだろう。
是非、韓国政府は、ノーベル平和賞受賞を目指して、頑張っていただきたいものだ。


東京オリンピックにおいて、韓国の参加をボイコットするべきだ!!

韓国が、完全に日本に対して喧嘩を吹っかけてきたようだ。
来年の東京オリンピックにおいて、韓国の参加をボイコットするべきだと確信した。

東京オリンピック・パラリンピックに参加する各国・地域のオリンピック委員会代表者が集まり、20日から東京都内で始まった大会関連会議「選手団団長セミナー」で、韓国オリンピック委員会の代表者が、福島産の食材の安全性について懸念を示す発言をしていたらしい。

韓国オリンピック委員会は、事前に東京大会組織委員会に対して、東京電力福島第1原発事故の影響を念頭に、食の安全や選手の健康を懸念する事前通知を送付していたそうだ。
「選手村の建築木材に放射能汚染の影響はないのか」などの内容で、五輪関連サイトにある日本海や竹島などの地図表記についても抗議していたということだ。

韓国オリンピック委員会は、他国のオリンピック委員会に対して、放射能汚染に伴う食の安全性への懸念などについて、同調するよう呼びかける動きも行なっているそうだ。

日本側の代表者が、放射能汚染などに関して全く問題は無いと断言したところ、韓国側は、信用できないので、独自の防衛手段をこうじると宣言したそうだ。
即ち、選手たちが食べたり飲んだりするものは、全て韓国から持ってくるのだろう。
また、福島周辺の会場で開催される競技には参加しないのだろう。

そもそも、東京オリンピックのテーマは「復興」だ。
東日本大震災という未曾有の甚大な災害から、見事に復興した姿を世界中の方々に見ていただきたいというのが、招致のスタートだった。
その中でも、最も深刻だったのが原発事故だ。
まだ完全に解決していないものの、放射能汚染も極限まで抑え込まれ、福島の農産物や海産物も安全なレベルをかなり前から維持できている。
韓国は、この東京オリンピックの理念に対して、真正面から異議を唱えてきたのだ。
昨今の反日運動に関係なく、震災以降、ずっと韓国は日本の農産物や海産物の輸入を認めていない。
そこまで心配で、そこまで日本が嫌いのようなので、来年のオリンピックへの参加はご遠慮いただくべきだろう。
韓国が大大大好きな私としては非常に残念だが、韓国国民のことを思うと、断腸の思いだが、韓国をボイコットするべきだと思う。(笑)


東京オリンピックを成功させるためには、中国人と韓国人の入国を禁止するべきだ。

韓国からの観光客が激減して、観光地では困っているそうだ。
私の個人的な意見だが、韓国だけではなく、中国からの観光客もボイコットしてもらいたいくらいだ。
北海道・京都などの著名な観光地だけでなく、浅草とかスカイツリーとか、東京都内の街中の観光地でも、中国人と韓国人でごった返している。
特に、中国人のマナーの悪さは絶望的で、うるさいは列に割り込むはで大迷惑だ。
新幹線や飛行機の中でもとにかくうるさい。
どこに居ても、なぜか我が物顔で振舞っている。
私は飛行機の中で、何度も中国人と大喧嘩をした。
あいつらは英語も分からないので、中国語で怒鳴りまくり、こちらが大人しくなるのを待っているので、こちらも大声で日本語で怒鳴り続け、CAが仲裁に入るのを待つ。
そうすると、奴らは、こいつは甘く見ることができない相手だと初めて認識するので、私の周辺では身勝手なことをしなくなる。
早い話、いつでもどこでも、やりたい放題をし、文句を言われたり叱られたりしたら止めるというのが、中国人の基本的な考え方である。
ルールを守るという概念がない国民で、法律も破るためにあるものだという考え方である。
日本中から中国人と韓国人の観光客を無くしてほしい。
そうすることで、レベルの低い宿泊施設や土産物屋などは潰れる筈だ。
潰れるべき所は潰れるべきで、中国人や韓国人の観光客が毎年何百万人も来日することで、本来潰れるべきところが潰れずに営業を続けている。
これは適正な競争原理が働いていないので、良くない状態といえる。
来年のオリンピック前後の大混乱を想定すると、中国人と韓国人をボイコットすることは、非常に筋の良い対応策ではないだろうか?
一番恐れることは、折角日本を訪れてくれた欧米の旅行客や、親日的な東南アジアからの旅行客が、日本に対して悪い印象を持って帰国することである。
彼らは、日本人と中国人の見分けがつかないので、街中で下品なことやマナーを守らない行動を繰り返す中国人を日本人と勘違いしてしまう。
オリンピックという、日本を宣伝する千載一遇のチャンスが、中国人たちによって滅茶苦茶にされてしまいかねない。
そうならない為には、今のうちから中国人と韓国人の旅行客をボイコットするべきである。