FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



定年後の資金計画をシミュレーションしたところ、70歳の頃から大赤字。

先週金曜日、60歳で定年を迎えた後のマネープランの研修を受けた。
判ってはいた事だが、10年もしないうちに蓄えがなくなり、毎月の収支も赤字になり、安心して生きていけないという結果になった。
28歳でマンションを買ったところまでは良かったのだが、子供が3人になったので、3LDKのマンションでは、子供に1人1部屋ずつ提供できないということで、40歳の時に、思い切って4LDKの一戸建てを建てたのである。
その頃は、不景気が長く続くとは思っていなかったし、給与も増えていくと思っていたので、何とかなるだろうぐらいの甘い考えだった。
それが、リーマンショックで完璧に人生設計が狂わされ、家のローンがまだ半分以上残っていて、その為に、老後の生活費に大きな影響が出ているのである。
マンションに住んでいたら、既にローンは返済が終わっていて、左団扇で老後を迎えられたようである。
そもそも子供たちのために一戸建てを建てたのに、その子供たちは3人とも既に家を出てしまっている。
一番賢い選択は、必要がなくなった4LDKの家を売却して、2DKか2LDK程度の、夫婦2人で暮らすのに丁度良い広さの部屋に引っ越すことかもしれない。
そうしたい気持ちもあるのだが、既に、引越しそのものが大儀だと思っている。
マンションから今の家に引っ越す時の苦労が蘇ってくるのである。
定年までの少ない期間で、何百万円も貯金できるはずもなく、ただただ後悔するのみである。
7年前、ちょうど50歳になった時に、やはり会社の研修で、同じようなシミュレーションをやっていて、その時にも同様に、大赤字に陥ることが予見されていたのだが、その時点では、まだ10年先の話だったこともあり、訳も無く何とかなるのではないかと考えてしまっていた。
それが57歳で、定年まで2年半しか残っていない今になってみると、深刻さが身に沁みる。
あとは、宝くじに当たるか、TOTO Bigで大当たりを出すかしか、生き延びる道が無い。


スポンサーサイト




海外旅行で残った紙幣やコインを、電子マネーやポイントに交換できる装置が羽田に設置された!

今朝のNHKの朝のニュース番組の中で、海外旅行で使いきれなかった外貨を、電子マネーやポイントに交換してくれるマシンの紹介をしていた。
羽田空港の国際便の到着ロビーに設置されているそうだ。
同時に複数の種類の国の外貨も処理してくれて、硬貨もOKなので優れものである。
ところが、紹介の映像で見る限りは、交換先の種類が少ない。
WaonやAmazonなどはあったが、SUICAやPASMOなどは対象外だった。
普通の旅行者の場合は、帰国直前の最後の国の空港で、お土産を買うときに使い切るパターンが多く、使い切れなかった小額のコインなどが残るので、一番便利なのは、成田や羽田について、電車やバスに乗るときに使えるPASMOやSUICAにチャージできれば喜ばれるだろう。
鉄道会社のカードは、チャージに関してガードが固いのかもしれないが、セキュリティチェックは厳しく、仕組みは優しくというコンセプトで進めないと、回りから取り残されてしまい、誰も使わなくなってしまう。



やっと新しい冷蔵庫が納品された。冬でも、一週間以上にわたる冷蔵庫無しの生活は厳しい!

昨日、待望の冷蔵庫が届いた。
専門の納品業者が、壊れた冷蔵庫の引取りと新しい冷蔵庫の設置を手際良く行ってくれた。
我々も、冷蔵庫の周りの邪魔になりそうなものはあらかじめ片付けていたし、中のものは全て取り出して空の状態にしておいたので、ロスタイムは全く無かった。
新しい冷蔵庫は最近の流行で、観音開きタイプのものである。
野菜室や冷凍庫など、元の冷蔵庫と容量的には同じか少し増えるタイプのものを購入したのだが、中のレイアウトの違いだろうか、家内の感覚では少し狭くなったのではないかと言われた。
確かに、冷蔵庫の容量と言うものは、測り方が決まっているようでよく分からないのが実際で、カタログスペック上、容量が大きいからと言って、実際にものが多く入るわけではないようである。
収納庫の深さによっては、それまで縦に収納できていたものが、少し浅くなっただけで収まらなくて、結果的に収納できる量が減ってしまうことも多い。
まぁ、冷蔵庫の場合は、冷蔵庫そのものを置くスペースが決まっているので、外形寸法は変えられない。
扉や奥の電装系の厚みを薄くするといったメーカーの工夫で容量を増やすことしかできない。
壊れた冷蔵庫が15年間稼動してくれたので、新しい冷蔵庫には、この15年間のメーカーの努力と技術の進歩が詰まっているはずである。
一番期待しているのは電力消費量の削減である。
とにかく1年中、ずっと稼動する大型家電なので、電気料金の中で冷蔵庫の占める割合が一番大きいはずである。
半分になったところで、月当たり数百円レベルの削減だろうが、省エネには期待したい。
一週間以上も冷蔵庫の無い生活を余儀なくされたので、冷蔵庫の有難さが改めて実感することができた。


光陰矢のごとし、今年も残すところ1ヶ月をきってしまった。

今年もあっという間に12月に突入してしまった。
毎年思うことだが、本当に1年経つのは早い。
1年の中でも12月は特に早いので、気がついたら新年を迎えていることだろう。
私の場合、今年は5月に異動で出向先から出戻ったりして結構バタバタしていた。
先月の結婚30年記念の京都旅行の準備で10月から忙しかったし、京都から戻ってからも家内がパソコンを買って欲しいと言い出したので、先週購入するまで調査に大忙しだった。
私が10年以上使っていた自宅のデスクトップパソコンも、ついに立ち上がらなくなってしまい、そちらを先に買い換えたかったのだが、まだ買っていない。
年賀状の印刷のために新しいプリンタも買ったので、PCを早く買って準備を整える必要がある。
今年は京都で金閣寺や清水寺など、たくさんの写真を撮ってきたので、年賀状の文面は悩まなくて済むのだが、PCもプリンタも刷新するので、ちゃんと間に合うかどうかが心配である。
ちなみに家内に買ってあげたPCだが、Windows10搭載のタブレットPCで、iPad-miniに純正のキーボードがくっついたようなタイプである。
使える状態になって数日経ったが、まだ家内は使っていないようである。
いまだにiPhone6で調べものをしている。
結局、毎晩私が使って、Windows10の使い方を調べている。


洗面台の水の詰まりを修理した!

今週頭から、2階の洗面台の水の流れが非常に悪いと家内がぼやいていた。
業者に依頼すると、2,3万円の出費を覚悟しなければならないので、何とか自分で修理出来ないものかと考えていた。
今日、早朝からマスターズゴルフを視ていて、その影響でゴルフ用品を買いに平塚のゴルフ5に行ったのだが、そこにはホームセンターも同じ敷地内に併設してあったので、洗面台のことが頭をよぎり、ホームセンターにも寄ってみた。
店員に、排水管の詰まりを直したいのだがと相談したところ、その為の道具が売っているというので、案内してもらった。
すると、先端に針金を巻いた部分が付いていて、その後ろに何メーターかの直径5mm程度の曲がりやすいワイヤーが伸びた道具が売っていた。
5mで1,500円程度だったので、迷わず購入した。
喜び勇んで帰宅して、排水口からこの道具を入れて、排水管の詰まりを直そうとしたのだが、何と排水口は内容物があり、道具を直接入れられる構造になっていなかった。
諦めかけたのだが、排水管の縦にS字型に曲がっている部分を外してみた。
一番汚れが貯まりやすいものなので、その部分を掃除すれば良いかと外してみたのだが、そこには全く問題がなかった。
そこで、ダメモトで、S字型の部分を外したところから、更に下の部分に買ってきた道具を指し込んでみた。
3m程度指し込んで引き抜いてみると、先端の針金を巻いた部分に、ドロドロ状の汚れが付着していた。
この作業を2回繰り返して、S字型のパイプを元通りに装着して水を流してみたところ、見事に水が排水された。
素人ながら、無事に排水管の掃除が出来て非常に満足した。
何事も諦めずにやってみるものである。

テーマ:マイホーム - ジャンル:結婚・家庭生活