FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



いきものがかりの「風が吹いている」を聴いただけで泣けてしまう!

ロンドンオリンピックが近づき、NHKでも頻繁にオリンピック関連番組を放送している。
するとテーマソングの「いきものがかり」の「風が吹いている」が流れてくる。
今日も夜、その系統の番組が放送され、過去のテーマソングなども流れていた。
ゆずの「栄光の架け橋」も良かったが、私としては、今回のいきものがかりの「風が吹いている」の方が良いと思う。
いきものがかりが私が住んでいるところの近くの出身者で構成されていると言うことで、かなりひいき目で見ているかも知れないが、それを差し引いても、「風が吹いている」の方が良い。
何と言ってもボーカルの吉岡の声が良い。
楽曲の出来は、「栄光の架け橋」も素晴らしいが、吉岡の声が感動を誘う。
今日なんかも、オリンピックに出場する選手達のトレーニング風景の映像をバックに、いきものがかりのメンバーが演奏している「風が吹いている」を聴いただけで、ボロボロ涙が溢れてしまった。
こんなことでは、本番のオリンピックの時にはどうなるのだろうかと、心配になってしまう。
私がいつも利用している小田急線の本厚木駅と海老名駅は、いきものがかりが路上ライブをしていたと言うことで、彼等が無料で曲の使用権を小田急にプレゼントしてくれたので、電車が来る時に流れるジングルが、本厚木が「Yell」で海老名駅が「SAKURA」である。
もう2年ほどになり少し飽きてきたので、そろそろ「ありがとう」と「風が吹いている」に変えてもらいたいものである。
いずれにしても、いきものがかりは、我々神奈川県の県央地区に住んでいる住民の誇りである。

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


食道ガンの桑田佳祐に、応援メッセージの嵐!

昨日、食道ガンを発表した、サザンの桑田佳祐に、各界から応援メッセージが嵐のように出ている。
大御所の加山雄三からも「世界の宝」だと絶賛され、同年代の松山千春からも「医者の言うことをちゃんと聞いて早く復帰して欲しい。」などなど。
また、地元の茅ヶ崎でも大騒ぎになっていて、市民達もとても心配しているとともに、全快と復帰を信じているようである。
私も、桑田さんの4歳年下なので、大学の頃から、サザンの歌は良く聴いていた。
とにかく、最初の「勝手にシンドバット」の衝撃は凄かった。無茶苦茶だった印象がある。
だいたい、題名からして、ジュリーの「勝手にしやがれ」と、ピンクレディーの「渚のシンドバット」を足して2で割った名前で、「こんなの有り?」と思った人がほとんどだった。
それから、出す曲出す曲がヒットし、不動の地位を確立していった。
サザンの歌は、どの歌を聴いても、その頃のことが思い出されてくる。
本当に、早く良くなって、復帰して貰いたい。

テーマ:サザン・桑田 - ジャンル:音楽


FUNKY MONKEY BABYSって最高だ!

金曜日、FUNKY MONKEY BABYSを初めて知った。
最初、NHKのニュース番組の中で、徳島県の美馬郡の田舎の中学校の卒業式に、飛び入りでミニコンサートをやっているところを視た。
その学校に、3年ほど前にやってきた音楽の先生(50歳くらいのおばさん)が、FUNKY MONKEY BABYSの歌の歌詞が良いというので、音楽の授業でも歌わせるし、昼休みや下校時間など、とにかくFUNKY MONKEY BABYSの歌が常に校内に流れている学校だった。
3年生全員でFUNKY MONKEY BABYSに手紙を書き、卒業式に来て欲しいといメッセージも送ったところ、メンバーがそれを見て、サプライズの決行。
卒業式の最中に、例の音楽の先生とFUNKY MONKEY BABYSのメンバーが一緒に映った、ビデオレターが流れた。全員の歓声が沸いた次の瞬間、体育館のステージに、FUNKY MONKEY BABYSが登場して、コンサートが始まった。
生徒達はみんな嬉し泣き、そしてみんなで合唱して、最後に記念撮影。視ている我々の方が泣けてくる、良い話しだった。
その夜、TBSで11時から放送している、鶴瓶の「A-STUDIO」のゲストがFUNKY MONKEY BABYSだった。
その番組で紹介された彼らのエピソードも、とても好感の持てる内容だった。
最後に、「ちっぽけな勇気」をライブで歌った。
この歌の歌詞が実に良い。歌詞に泣かされる。
昨年末、紅白にも出場したらしいが、紅白を視ない私は知らなかった。
さっそく彼らのベストアルバムを買ってみようと思っている。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能


ラブ サイケデリコ(LOVE PSYCHEDELICO)

鶴瓶のA-studioで、ラブ サイケデリコを初めて知った。
この番組のテーマソングは、彼らの作品だった。
デビューして10年目らしいが、全く知らなかった。
最初のアルバムが1ヶ月で100万枚売れて、最終的には200万枚売れたそうだ。
ラジオ番組を中心にキャンペーンして、渋谷のギャル達の口コミなどで、火が点いたそうだ。
男女1人ずつのペアで、どちらも美人でもイケメンでもない。
テーマソングになった曲を番組内で演奏していたが、全く良さが分からなかった。
英語を多用した曲だが、発音も含めて、全てが中途半端な印象だった。
それにしても、鶴瓶は彼らをかなり前から知っていたとのことで、鶴瓶の人脈の広さは凄い!

テーマ:グループミュージシャン - ジャンル:音楽