FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ルビコンの決断 近畿大学のマグロの養殖

木曜の夜10時、テレビ東京の「ルビコンの決断」を視ている。
以前のNHKの「プロジェクトX」のような番組で、いろんな会社で、苦労に苦労を重ねて、ヒット商品を開発したとか、新しいものを発見したとか、世の中の流れを変えたとか、といったドラマを再現ドラマで紹介する番組である。
月曜夜10時の「カンブリア宮殿」や火曜夜10時の「ガイアの夜明け」などで取材したものについてドラマ化し、「ルビコンの決断」で紹介しているというパターンもよくある。
たまたま以前録画しておいたものをまとめて視たのだが、その中でも、「近畿大学の黒マグロの完全養殖」は凄かった。
完全養殖とは、卵から育てたマグロが、大きく成長し、今度は親になって、卵を産むという循環を達成することである。
研究を始めて、25年かかったそうだ。25年と一言で言うが、大変な苦労であろう。
まず、卵から孵化した幼魚を、5cm程度の稚魚にするまでに15年くらいかっている。
最初は、稚魚を海で捕まえてきて、生け簀で大きく育てるのだが、大人に育てるまでに10年。
それから数年かかって、やっと育てたマグロが卵を産むところまで行くのだが、卵から孵化した幼魚を、5cm程度の稚魚にまで育てるのに、数年かかっている。
ここまでで20年以上。
その後、卵から育てた成魚に卵を産ませて、卵から孵化させる過程を踏む。
研究開始から25年。凄い粘りだと思う。
近年、マグロの捕獲量を大幅に削減しようと言う世界的な流れもあるし、禁止になる可能性もある昨今、近畿大学が25年かけて確立した完全養殖の技術は、極めて貴重な技術である。
最近では、いくつかの水産企業が、養殖に取り組んでいるが、いずれも稚魚を捕獲し、成魚に育てるというもので、近畿大学のように、自分たちの力で卵から育て、その成魚から卵を得るという、完全に自己完結した形態のものは、近畿大学だけである。
この様な素晴らしい技術を育てる為には、国が本格的に支援するなどして欲しいものだ。
なにせ、世界全体の黒マグロの消費量の内、確か日本の消費量が7割ほどを占めている。
もし、2,3年後、黒マグロの捕獲が禁止にでもなれば、大変なことになる。
一刻も早く、この完全養殖を商業ベースにまで育成し、国内だけでなく、最近急激に消費量が増加している中国に向けて輸出できるようにして欲しい。

スポンサーサイト

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ