FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



浦和レッズが、オリベイラ監督を解任した。

浦和レッズがオリベイラ監督を解任した。
昨年、シーズン途中から浦和の監督に就任し、天皇杯で優勝するなど、それなりの結果を残していたが、今シーズンのリーグ戦の成績不振で解任されたようだ。
かつて、鹿島でリーグ3連覇を果たしたオリベイラをもってしても、浦和の建て直しはできなかったようだ。
浦和は、数年前までは平均観客動員数が4万5千人だったものが、最近では、3万5千人程度まで落ち込んでいる。
浦和と言えば、熱狂的なサポーターの方が有名などだったが、かなり減少しているようだ。
私の勝手な見方だが、野球の巨人のように、金で他のクラブから中心選手をごっそり引き抜いて強化することが、サポーターたちのクラブ愛に水を差しているのではないかと思う。
今の中心選手である柏木や槙野などを筆頭に、当時のペトロビッチ監督まで含めて、広島からごっそり引き抜いてきて、サンフレッチェ浦和にでもするつもりなのかと思ったときがあった。
しかも、個人的には目立ちたがり屋の槙野が大嫌いで、元々浦和は嫌いだったが、槙野が加入してより嫌いになった。
今は解説者になって偉そうなことを言っている福田が在籍していた頃など、Jリーグのお荷物とさえ言われるほどの弱小クラブで、本当に弱かったし、J2に降格したこともあった。
それでも大勢のサポーターが応援していて、段々強くなっていって、リーグ優勝やACLで優勝するところまで行った時には、「自分たちが育てたクラブ」という思いがサポーターたちにはあったと思う。
それが、毎試合5万人前後の観客が入り、資金的に余裕ができてきて、他のクラブの中心選手を引き抜くことが増えていった。
今FWで活躍している興梠も、鹿島のFWで、当時のライバルチームに居た選手である。
そして、監督を筆頭に、広島からごっそり中心選手を引き抜いた。
引き抜かれる選手たちにしてみれば、国内のビッグクラブに好条件で引き抜いてもらえるわけで、喜ばしいことだろう。
ただ、サポーターからすると、ユースの選手を育成するとか、高卒の有望選手を獲得して育成するとか、そういう方が愛着が湧く。
巨人の悪いところだけを真似しているようで、非常に感じが悪い。
まぁ、嫌いな浦和が下位に居てくれる方がありがたいので、育成に目覚めたりしないで、今後も、内外の有力選手を金の力で寄せ集めるクラブ方針を変えないでいただきたい。

スポンサーサイト

ヴィッセル神戸には、とことん、バルサのサッカーを目指してもらいたい。

ヴィッセル神戸が揺れている。
監督が辞任したり、ポドルスキーがキャプテンを辞退したり。
先週末のリーグ戦も、ビジャに加えてイニエスタも怪我で出場しなかったので、浦和にあっさりと負けてしまった。
イニエスタが神戸に加入してからは、Jリーグが大きく変化した。
神戸のアウェーの試合が、ほとんど全て、チケット完売となっている。
日本中のサッカーファンが、イニエスタの超一流のプレーを間近で観てみたいと、各クラブの神戸戦の試合を観に来るのである。
この効果で、各クラブは助かっている。
イニエスタにしても、どこへ行ってもスタジアムが満員なのだから、自分への期待の大きさも感じるだろうし、やる気も起きるだろう。
ただし、ポドルスキーにしてもイニエスタにしても、欧州リーグでプレーしていた時に比べれば、かなり緩慢なプレーしかしない。
「ここ」という時以外は緩慢な動きが目立つ。
だから、今の神戸のサッカーにはカウンター攻撃が無いので得点力が低い。
従って、勝ち切る力が無いので、先制されて引いて守られると、攻め崩せずに逃げ切られて負けてしまうのである。
イニエスタの居たバルセロナなら、相手がいくら引いて守っていても、メッシがドリブルで切れ込んで得点してしまうので勝つことができるのだが、今の神戸にはメッシは居ない。
270億円を投じて、バルセロナのユニフォームの胸のロゴを勝ち取った三木谷会長は、ヴィッセル神戸をバルセロナのようなチームにしたいと思っているのだろう。
それならば、最初に招聘したポドルスキーをクビにして、サンペールに続く、バルサの若手を獲得するべきだ。
そうすれば、よりバルサ的なパスサッカーも可能になるだろうし、ポドルスキーの運動量不足を解消することもできる。
イニエスタを招聘した以上は、バルサのサッカーを徹底的に追及する方が良いのではないかと思う。
今のままでは、ポドルスキーだけが浮いている状態なので、ポドルスキー自身も居心地が悪いはずだ。
サンペールを中盤の底において、イニエスタともう一人を2列目に配置し、FWにビジャが居れば、かなりの破壊力になると思う。
そのもう一人が、ラキティッチかブスケツだったら最高なのだが、それはあまりにも贅沢すぎる要求だろう。


ヴィッセル神戸のリージョ監督が辞任したそうだ。

ヴィッセル神戸の監督が、自分の意思で契約を解除したそうだ。
イニエスタに続き、ビジャやサンペールまで連れてきて、相当な投資を伴う補強で、優勝争いをすることを確実に求められていたはずだが、結果が伴っていない。
上記の3人がスペイン人なので、リージョ監督がスペイン人だというのはとても理にかなっていると思っていたが、とりあえずの後任は前監督の吉田ということで、恐らく、スペイン人の新しい監督を招聘するのだろう。
イニエスタが来てからというもの、Jリーグが大きく変わった。
とにかくどのチームでも、神戸との試合のチケットが直ぐに完売となる。
私も是非観たいと思って、湘南ベルマーレとの試合のチケットを入手して、BMWスタジアムに観に行った。
久しぶりに生で観たい選手が登場したのである。
今シーズンは、湘南戦だけではなく、横浜戦も日産スタジアムに観に行こうと思っているくらいである。
イニエスタのプレーは凄いし、観る価値は高い。
が、神戸が勝つかといえば、それはまた別の話である。
ビジャは故障で試合に出られなくなってしまっている。
ポドルスキーは決定力はあるものの、年齢的な問題なのかJリーグをなめているのか、全力でプレーするのは、1試合の中でも数分だけである。
それ以外のほとんどの時間帯は、だらだらと流しているだけだ。
イニエスタはかなり精力的に動いていると思うが、バルサに居た頃に比べれば、圧倒的に緩慢な動きである。
サンペールに至っては、センスの良さを感じることもなく、他のJリーガーに比べても、何が秀でているのか分からない程度である。
神戸のサッカーにはカウンター攻撃というものがほとんどない。
サッカーで一番得点する確率が高いのがカウンター攻撃である。
相手の守備体制が整っていない状態で攻撃するのだから、得点の確率が一番高いのは当然である。
ところが、このカウンター攻撃を行うためには、見方がボールを奪った瞬間に、全速力で攻め上がる必要がある。
超有名な外国人選手を集めた神戸は、テクニックは優れていても、スピードが無い。
従って、カウンター攻撃ができないので、得点力は決して高くは無い。
バルサと似ていて、相手のゴールエリアの周辺でボールを回し、守っている相手をパスで崩して得点するパターンが多い。
ところが、イニエスタが居たバルサのように、パス回しの中にメッシやスアレスが居る訳ではない。
完全に引いて守っている相手に対して、イニエスタ一人の独創的なパスだけでは、そう簡単に崩しきれるものではない。
毎試合そうなので、2点くらいは獲れても、相手にそれ以上失点してしまうと負けてしまう。
しかもビジャを欠いてしまっているので、戦い方はかなり苦しい。
早い話、日本人選手が外国人選手の分まで走り回って、外国人選手の運動量不足を補えれば問題ないのだろうが、言うのは簡単でも、実施は難しい。
しかも、これから暑くなるので、益々、運動量の差が顕著に出てくるはずで、神戸の勝率は下降傾向に向かうだろう。
そこまで考えての辞任だったのかどうかは分からないが、神戸のサッカーが、今シーズンの最大の楽しみだったので、監督の交代でモチベーションが下がるようなことに繋がらないことだけを祈りたい。


高校野球でサインを盗んだとか盗んでいないとかもめていたが、盗むことを禁じたルールがおかしいのだ!

全く知らないうちに高校野球の選抜大会が始まっていて、もう準決勝らしい。
そういえば、数日前に、サインを盗んだとか盗まなかったとかで騒がれていた。
詳しいことは知らないが、恐らく、二塁に進んだ走者が、相手チームのキャッチャーのサインを盗んだということをルール違反だと騒いでいるのだろう。
確か、ルール上は禁止されていたはずだ。
私に言わせれば、このルールそのものが変なのである。
攻撃中のチームの監督が、打者や走者に対して出すサインは、テレビカメラでも映し出されているように公開になっていて、それを解読することは禁止されていない。
また、ピッチャーの癖を盗んで、牽制球を投げるかどうかとか、変化球を投げるかどうかなどを察知することも禁止されていない。
にも拘らず、キャッチャーがピッチャーに対して出すサインだけは盗んでは駄目だということ自体がおかしいのだ。
所詮高校生のすることなので、サインを盗んだからといっても、キャッチャーのサインどおりの投球ができる保障は無い。
しかも、2塁に走者が居るような大事な場面になればなるほど、プレッシャーがかかってしまい、思ったところに投げられなくなるものである。
だから、サインを盗んだからといって、必ず得をするとは限らない。
また、自分たちのサインが盗まれていると感じたなら、2塁に走者が居る時に限っては、球種やコースのサインを逆にするとかの工夫をすれば良いだけの話である。
サインを盗むことを禁止するのならば、バッターがキャッチャーのミットの位置をチラ見することも厳重に禁止するべきだし、逆に、キャッチャーが真逆の位置でミットを叩いて、バッターにコースを誤魔化すプレーも禁止するべきだ。
ピッチャーとバッターの関係は、お互いに裏のかき合いなのだから、サインを盗むことを禁止すること自体が愚かなことである。
今回、相手のチームがサインを盗んだと文句を言っている監督が本当に有能な監督なら、自分たちがサインを盗まれていることに気がついていることを明かさず、その裏をかくことを選手たちに指示するだろう。
軍隊などにおいても、自分たちがどこまで相手のことを知っているかは敢えて明かさない。それが戦術だからである。


競泳女子の池江璃花子、病気を克服して2024年のオリンピックを目指していただきたい。

白血病と診断されたことを公表した競泳女子の池江璃花子、今の日本で、東京オリンピックで最もメダルが期待できる選手なのに、神様は、なぜ、彼女に試練を与えたのだろうか?
もし、治療が成功し、選手として復帰して、東京オリンピックでメダルを取ることができたら、もう映画かテレビドラマにすることが即決だろう。
問題は、この治療にどれくらいの期間が必要になるかということだ。
最近では、オリンピックに出場するためには、事前に国際大会などで結果を残してポイントを獲得しておかなければ日本代表に選出されないルールになっている。
従って、治療が長引けば、このポイントを獲得できないので、オリンピックに出場できなくなってしまうのである。
かといって、かつては不治の病とされていた白血病だ、簡単には治らないだろう。
本人は焦るだろうし、治療中は練習もできないだろうから、筋力なども日に日に落ちていく。
東京オリンピックへの出場というのは、実際には絶望的なのかもしれない。
まだ18歳なので、その次のオリンピックでも、まだ24歳。
実際には、次のオリンピックを目指すつもりで、まずは病気を克服することに専念するべきなのだろう。
いずれにしても、日本中が応援している。
何とか病気を克服して、競技者として復活してくれることを祈るばかりである。