FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



オリンピックが「平和の祭典」とは、チャンチャラおかしいぞ!

よくオリンピックは「平和の祭典」といわれるが、チャンチャラおかしい。
今回のロンドンオリンピックでも、シリアの内紛問題に目を背けているだけである。
国連も全く機能出来て居らず、いつものパターンで、常任理事国のロシアと中国が反対して、制裁案件は全て否決されている。
オリンピック期間中も、政府軍によって市民が傷つけられている状態が続いていた。
世界中のマスコミも、オリンピック期間中と言うこともあり、ほとんどシリア情勢を報道していなかったようである。
こんなことで「平和の祭典」と呼べるのだろうか?
ロシアも中国も、日本に比べれば、国連に対する費用負担が少ないのである。
何と、両国共に、日本の1/10以下である。
日本は、常任理事国でも何でもないのだから、中国の半分くらいの額に減らすべきである。
金は出さないくせに、何かと言えば反対しかしない。
世界第2位の経済大国になった今でも、平然と発展途上国だと言い張り、CO2の排出制限に関しても、全く削減しようとしない。
人口が多いだけに、食糧問題も懸念されていて、中国の発展が地球の環境汚染を進め、人類の滅亡に向かっていると言っても過言では無い状態である。
こんな国は早めに潰すべきで、かつての円のように、元を変動相場制にすれば、中国など、一発で終わりである。

スポンサーサイト



テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済


オリンピックの開会式や閉会式って必要なのか?

夏冬関係なく、オリンピックの度に思うことだが、開会式や閉会式って本当に必要なのだろうか?
正確に言えば、式そのものは存在意義を認めるが、それ以外のパフォーマンスなどは必要ないだろう。
今朝行われていた閉会式も、恐らく2時間以上やっていたようだが、全くつまらない内容で、選手達も立ちっぱなしで良く辛抱して居るなぁと思った。
私がその場にいたら、30分が限度だろう。
子供の頃は、オリンピックは4年に一度ということで、開会式などもずっと視ていたが、2,3度視て、全く面白いところがなかったので、それ以降は視なくなってしまったし、閉会式もほとんど視ていない。
毎回、有名なプロデューサーが趣向を凝らして、その開催国の歴史や文化などを表現している場合が多いが、そのほとんどが自己満足のレベルで、プロデューサーが考えるように、表現したいことが、他の国の人々には全く伝わらないケースがほとんどだろう。
もっといえば、開催国の視聴者にすら伝わらないのではないかという感じさえする。
そんな無意味なものを、世界中に2時間以上に渡って放送するなんて、エネルギーの無駄遣い以外のなにものでもない。
次の冬のオリンピックから止めてもらいたいものである。
それにしても世の中には変わった連中が居るようで、今朝の閉会式のNHKの放送を視ていた一部のオタク連中から、苦情が殺到しているそうである。
NHKのアナウンサーなどが喋りすぎたり、日本人選手達の活躍を振り返ったりしていたことに対して、せっかくのイギリスのアーティスト達の歌や演奏が聞こえなかったなどと、ツイッターで非難が爆発していたというのである。
あんな下らない内容でも、視たいと思っている連中がいたとは、いやはや、蓼食う虫も好きずきというが、呆れたものである。

テーマ:ロンドンオリンピック - ジャンル:スポーツ


ロンドンオリンピックの名言集、競泳の入江、なでしこの澤。

あっという間に終わってしまったオリンピックだったが、選手達の発言の中には、名言といえる素晴らしいものがあった。
前半戦では、何と言っても競泳の入江選手の一言である。
「競泳は8日間において、27人で一つのリレーをしているようなものなので、最後の男子リレーの自由形の選手がタッチするまで、27人の選手のリレーは終わらないです。」というやつで、この団結心が、今回のメダルラッシュを支えていたのではないかと思える一言だった。
後半戦では、なでしこジャパンの澤選手。
「最高の仲間と、最高の舞台で、最高の相手と戦えて良かった。」であろう。
1年前のW杯優勝以来、数々の名言を残してきた澤選手だが、今回の一言も、代表引退を決意した上での重みのある一言だった。
この大会で、有名になった選手もいっぱい居ただろうが、一番有名になったのは、NHKの森花子アナだろう。
前半の8日間、NHK総合テレビの夜のオリンピック番組のMCを務めて、いきなりネット上で「あの可愛いアナウンサーは誰だ?」とブレイクし、一躍有名になった。
私のこのブログも、彼女のことを書くと、普段の10倍以上のアクセスがあったことからも、彼女のブレイクぶりが実感出来た。
最終日の今日も、男子レスリングのフリースタイルで、24年ぶりの金メダルを獲ったそうで、獲得メダル数で、過去最高を記録したらしい。
テーマソングの、いきものがかりの「風が吹いている」も凄く良かったし、あまり期待していなかっただけに、想定以上に楽しめたオリンピックだった。

テーマ:ロンドンオリンピック - ジャンル:スポーツ


今夜の男子マラソン、奇跡は起こるのか? 可能性は無きにしもあらず!

オリンピックの最後の華、男子マラソンが今夜行われる。
出場選手のこれまでの記録だけを見ていると、2時間3分台のエチオピアやケニア勢には、絶対叶わないと思われがちである。
が、そうでもないのがオリンピックの面白いところで、特に今回のロンドンオリンピックのマラソンコースは、普通では考えられないほど曲がりくねっているし、路面も無茶苦茶である。
アフリカの選手達は、普段は舗装されていない真っ直ぐな道を、もの凄いスピードで走って鍛えている。
しかしながら、今回のコースでは、もの凄く多くのカーブがあり、路面も石畳のような硬い路面が多く、足への負担は想像を絶するだろう。
日本人選手は身長も低いし、小回りが利く。
またシューズも、ミズノなどの世界一の技術スタッフが、メーカーのプライドをかけて、最適なものを用意している。
そういったアドバンテージがあるのである。
記録ではなくメダルを狙うレースになるので、2時間3分台のような高速レースには成らないはずである。
従って、38kmあたりまで先頭集団に残っていれば、メダルの可能性が生まれるかも知れない。
まぁ、国民は誰一人メダルを獲れるとは思っていないので、本当に気楽な気持で走ってもらいたい。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


いきものがかりの「風が吹いている」を聴くだけで、涙が出てしまう。

ロンドンオリンピックのNHKの公式テーマソングになった、いきものがかりの「風が吹いている」。
本当に良い歌である。
歴代の公式テーマソングの中でも、一番良いと思う。
毎日、この歌をバックに、感動的なシーンを見せられているので、この歌を聴いただけで、条件反射で涙が溢れてしまう。
アテネオリンピックの時の、ゆずの「栄光の架橋」も印象に残っているが、この歌は格調が高すぎる感じで、カラオケで歌うには照れてしまう。
が、今回の「風が吹いている」は、そういうきらいが無く、さらっと歌えてしまう感じが良い。
ゆずが、横浜地区の誇りなら、いきものがかりは厚木・海老名あたりの神奈川県央地区の誇りである。
1年前のNHK朝の連続テレビ小説の主題歌「ありがとう」に続くヒット作で、完璧に国民的なグループに成長してくれた。
実は、大分前に、いきものがかりの曲がオリンピックの公式テーマソングになると知った時に、次のオリンピックのテーマソングは誰が作るだろうと考えた。
私の頭に最初に浮かんだのが、ファンキー・モンキー・ベイビーである。
スポーツに全てをかけている選手達への応援歌を作らせたら、彼等の右に出るアーティストは居ないのではないかと確信している。
問題は、いきものがかりのように、何かの形でNHKの信頼を勝ち取っているかどうかである。
ファンキー・モンキー・ベイビーの場合は、「悪ガキ」のイメージを持たれていると難しい。
本当に良い曲を作るので、私は期待している。

テーマ:ロンドンオリンピック - ジャンル:スポーツ