FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



今日は月曜日なので、テレビ東京の「最上の命医」が楽しみである!

月曜日と言えば、私の場合は、テレビ東京の「最上の命医」が最大の楽しみである。
これまでの3回は、全て面白かった。
これまでは、病院を舞台にしたドラマは、全く視なかったのに、今回は不思議なことに、完全にはまってしまっている。
海堂尊のチーム・バチスタ系のドラマも、本は全て読んだが、ドラマは視なかった。
それ以外にも、病院を舞台にしたドラマは数多くあるが、全く視たことがない。
出演者に、興味を引かれるような役者が居なかったことも原因かも知れないが、元来が、あまり好きな種類のドラマではないことは確かである。
今回、「最上の命医」に出演している、私の大好きな比嘉愛未が、以前、病院系のドラマに出演していたと記憶しているが、それでも、それを知った上でも、そのドラマは結局一度も視なかった。
今回は、たまたま1回目を視て、とても面白かったので、引き込まれてしまったと言うこともあるが、比嘉愛未だけでなく、主演の斎藤工の何とも言えない雰囲気に飲み込まれてしまった感がある。
斎藤工が、今売り出し中の、若手の有望俳優なのかどうかも、全く知らないが、私は、とても良い印象を持ったし、これまでにあまり居ない部類の俳優ではないだろうか?
今日は、どのような手術技術を見せてくれるのか、今から楽しみである。

スポンサーサイト

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ


一週間後、「さっぽろ雪まつり」が開催される。

来週の2月7日(月)から、今年の「さっぽろ雪まつり」が始まるようだ。
昨年、夫婦2人で「さっぽろ雪まつり」に行ったのが、ついこの前のような気がするが、もうあれから1年経ってしまったのかと思うと、月日の経つのがいかに早いかを思い知らされる感じである。
私は、雪まつりそのものよりも、大倉山のジャンプ台を何としても見てみたかったので、それがかなって嬉しかった。
また、テレビなどでよく視る、場外市場にも出かけて、カニやメロンやいろんな珍味など、目移りする程、いろんな店に入ることができた。
場外市場の結構端っこにあった、佐藤水産という店が、結構空いている割には、食材の種類が豊富で、試食もしやすかったこともあり、この店に長居して、お土産も、全てこの店で買った。
佐藤水産からは、その後も商品案内の郵便物が届いているが、先日、テレビを見ていたら、この佐藤水産が紹介されていて、そこの社長がずっと出演していた。
2時間番組の中で、30分ぐらいの特集になっていて、タレント達が、佐藤水産でいろいろ試食して、社長におねだりをして値切り交渉するところから始まり、後半は、佐藤水産の経営の秘密などを放送していた。
自分が行ったことがある店が、テレビで紹介されるというのは、何故か嬉しいものである。

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行


これからのサッカー日本代表

サッカーの日本代表選手が、また一人海外に移籍するらしい。
FWの岡崎が、ドイツのシュツットガルトに移籍すると発表された。
ドルトムントの香川の活躍のお陰で、最近、やたらドイツのブンデスリーガのチームが、日本人を呼び寄せている。
昔、中田がイタリアのセリエAで活躍していた頃、何人かの選手がイタリアに挑戦したのと、同じような様相である。
ただし、その時も、中田以外の選手はパッとせず、出場機会も恵まれないまま、結局、1年かそこらでJリーグに戻ってしまうことがほとんどだった。
今回は、中田の頃と違って、挑戦しているメンバーが若い選手が多いので、欧州で成長する選手も何人かはいるだろうし、その辺の伸び代も、先方のクラブでは期待しているのだろう。
この動きは非常に好ましいことで、一日でも早く、日本代表の選手が、全員、海外のクラブの選手になって欲しいものである。
既に、今回のアジアカップの決勝戦の先発メンバーで、海外のチームに所属していないのは、FW前田・MF藤本・MF遠藤・DF今野の4人である。
藤本は香川の代役だし、前田もイタリアの森本の代役のようなものである。
となると、ボランチとディフェンダーで、海外に挑戦するメンバーが出てくれば、全員海外の選手という日が来るのも、そう遠くはないような気がする。
今回のアジアカップ優勝は立派ではあるが、あくまでもアジアでの優勝である。
逆に言えば、アジアのチームにさえも、これだけ手こずっていると言えなくもない。
韓国やオーストラリアに苦労するのは仕方がないとしても、世界ランキングが100位以下のヨルダンやシリアのようなチームにまで苦戦したというのは、JFLとしては大問題だと認識して貰いたい。
勝った時には、学ぶものが少ないと言うから、今回は、それほど学べたことはないのだろう。
今年は南米選手権にも参加できるので、そこで、思いっきり負けて、多くのことを学んで欲しい。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


今日の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、とうとう、ことみちゃんが、下宿に居座ることになってしまった。
ようやく、自分の弱みもさらけ出すようになってきた。
会社も辞めたようだし、自分の荷物も、ほとんど彼氏の所に置きっぱなし、赤ちゃんのことも彼氏には伝えていないということで、まだ、自分の気持ちが整理できていないようだ。
それが大家さんには不満なようで、常に、ことみちゃんには厳しく接し続けている。
大家さんは、ことみちゃんが、未だ母親になる覚悟が出来ていないとバッサリ言い切っているが、今回のような、ことみちゃんのようなケースでは、短時間のうちに、全てを決断するというのは、酷なのではないかと思う。
大家さんは、ご主人が早くに他界し、女手一つで子供を育てた経験があるので、その覚悟の大事さが分かっているのだろうが、ことみちゃんの場合は、まだ未婚で、初産である。
母子家庭の母親の苦労は、想像の世界でしかない。
この先どうなっていくのだろうか?
ことみちゃんは、堕ろしてしまうのだろうか?
それとも、ぐんぐん大きくなる母性につられて、出産の決意を固めるのだろうか?
私の予想は、前にもここで書き込んだが、あかりの母親が、尾道で安住の場所を見つけて、出産・子育てを始めたように、この下宿の人々の優しさに包まれて、母親になることを決めるのではないかと思う。
大家さんも、自分の娘の苦労を助けてあげられなかった分、ことみちゃんを精一杯支えてあげるのではないかと思う。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


家電を一気に買い換えている!

今月は、いろいろと家電製品を買い換えている。
量販店で実物を見て、価格.comで最安値の価格を調べたり、満足度の高い商品を調べたりして、最終的には、yahooのオークションで、価格.comよりも安い値段で落札して購入するというパターンで、いつも買っている。
最初は掃除機、シャープのプラズマ・イオン機能付きのサイクロン型のものを買った。
静かだし、操作もしやすく、吸引力もあるので、結構良いものを選べたと思っている。
次はオーブンレンジ、これもかなり迷ったあげく、パナソニックのビストロを選んだ。
30Lを越える大型のものはかなり高額だし、我が家では、オーブンレンジで調理をすると言うことはそれほど無いので、26Lの小型のものを購入した。
その次が空気清浄機、これもシャープのプラズマ・イオン機能の物を買った。
これは先程落札したばかりなので、まだ手元に商品は来ていないが、今年は花粉の量が多いと聞いているので、この空気清浄機には、活躍して欲しいと思っている。
で、肝心の洗濯機は来週買うつもりである。
最後は、家内の要望で、美顔器を買わなければならない。
まだ、地デジ対応もしていないので、アンテナや薄型テレビなど、そのうち真剣に考えなければならない。
家の中の半分以上の家電製品が、この半年の間に入れ替わってしまう勢いである。

テーマ:AV機器・家電製品 - ジャンル:ライフ


冬場のウォーキングは、辛すぎる!

昨日に引き続き、今日もウォーキングをした。
昨日は、1時間半あたりで膝が痛くなったので、途中で止めて帰ってしまった。
体重が増えているので、今日も寒い中、頑張って歩いた。
不思議なことに、今日は2時間半歩いても、膝の痛みは出なかったが、帰りにゆっくり歩いている時に、膝が痛くなる現象が出た。
あまりの寒さに、膝の痛みを感じなかったのかも知れない。
気温は4度程度で、日差しもほとんど無く、風もあって、かなり寒い状況だった。
2時間半、ウォーキングしたにもかかわらず、体重は1kg程しか減らなかった。
夏場なら、最低でも3kgは減るところだが、何せ寒くて汗もそれほどかかないので、体重も期待したほどは減ってくれない。
それが理由で、年末年始、ウォーキングをさぼった結果、3kgも体重が増えてしまい、今、こうして膝の痛みを抱えながら、歩いている状況である。
現状維持の為であれば、土日のいずれか1日だけ歩けばいいのだが、体重を減らそうと思えば、やはり土日両日とも歩かないと減らない。
これでも減らない場合は、平日も歩かなければならない。
一度増えた体重を減らすのは、大変である。
やはり、そうならない為に、一度減った体重を維持し続けるように注意することが肝要である。

テーマ:ウォーキング - ジャンル:ヘルス・ダイエット


今ひとつ面白味に欠ける大河ドラマ「江」

大河ドラマの「江」、やはり今ひとつ、おもしろみに欠ける気がする。
昨年の龍馬伝が、あまりにも有名で、歴史の中でも人気のある坂本龍馬を主人公にしていただけに、それに比べると、「江」の場合は、信長の妹「市」の三女で、徳川二代将軍の妻と言うことで、知名度も低ければ、この戦国の時代の女性目線のドラマと言うことで、かなり難しい題材である。
幕末の「篤姫」のように、途中から大化けしていく可能性もないとは言い切れないが、こればかりは私には予想が出来ない。
せっかくなので、「篤姫」のように、尻上がりに面白くなっていってもらうことを望みたい。

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ


サッカー日本代表、アジアカップ優勝! MVPは何故か本田。

サッカーのアジアカップで、日本代表がオーストラリアを延長の末、1-0で下して、4度目の優勝を果たした。
MVPは何故か本田が獲得した。
私の印象では、MVPはGKの川島ではないかと思った。
韓国戦のPK戦での大活躍、今日の試合でも、決定的なところを、少なくとも4点は止めていた。
その他では、長友の突破力が目立っていた。
イタリアで本当に成長したなぁと感じさせられた。
相変わらず内田は、攻め上がりの回数は多かったものの、肝心のセンタリングの精度が悪すぎて、得点には結びつかなかった。
途中で、鹿島アントラーズの岩政が出場して、オーストラリアの高さを活かした攻撃の芽を摘んでいて、良い働きをしていた。
年末の天皇杯の試合で負傷して、このアジアカップの試合に出られるとは思っていなかったが、良く怪我を克服して頑張ってくれたと思う。
それにしてもお国柄なのだろう、表彰式がのんびりしていて、凄く時間が掛かった。
試合が終わって、優勝チームの表彰まで、約50分ほどかかっていた。
結局最後まで視てしまったら、こんな時間になってしまった。
まぁ、これでコンフェデレーションカップへの出場権も獲得できたので、そこで、各大陸のチャンピオンと戦えるわけで、更なるレベルアップに繋げてもらいたいと願っている。

テーマ:アジアカップ - ジャンル:スポーツ


テレビ朝日の「お願いランキング」、結構面白いかも!

最近、土曜日のゴールデンタイムには、あまり面白い番組がないので、いつもは平日に録画しておいたものを視ることが多いのだが、今日、たまたまテレビ朝日の「お願いランキング」という番組を視た。
美食家と言われる4人の審査官が、料理を食べて審査する形態だった。
今日の対象はセブンイレブンのお弁当のランク付けだった。
コンビニの利益の稼ぎ頭はお弁当で、各社ともかなり力を入れて開発していることは知っていたが、滅多に食べることもないので、普段は全く気にしていない。
で、今日の番組の中で紹介されていたものでは、煮込みカレーの弁当と鳥の甘煮たれかけ弁当の2種類が、4人の審査官が全員満点の採点を貰っていた。
私は、弁当の順位よりも、その弁当を作る工程を紹介していたので、そちらの方に興味があって、ついつい最後まで見てしまったが、セブンイレブンの弁当開発陣の苦労の様子も垣間見えて、結構面白かった。
が、そもそも美食家とか、グルメと言われている連中のことは、基本的に嫌いだし、そいつ等の味覚も全く信用していない。
というのは、味覚などというのは、その人の生い立ちで形成されるもので、人それぞれ千差万別である。
私が美味しいと感じるものと、美食家の大先生が美味しいと感じるものは違うからである。
これまでも、美味しいと評判のラーメン屋などに行った際にも、本当に美味しかったためしがない。
まぁ、期待値と実際のギャップが印象として残るので、美味しいと言われている店に行く際には、こちらの期待値が高いので、それに比べれば大したこと無かったと言うこともあるだろう。
昨年大きな話題になったB級グルメも、所詮、B級グルメである。
値段の割に、そこそこ美味しいというもので、本当にビックリするほど美味しければ、A級のグルメになっているはずである。
私も、昨年厚木市で行われたB級グルメのB-1グランプリに行って、ランクインしたものもいくつか食べたが、不味くはないが、驚くほど美味しいものではなかった。
だから、甲府の鳥もつ煮が優勝したからと言って、東京からわざわざ甲府まで食べに行っている人が大勢居たようだが、そこまでするほどの価値があるものではない。
途中で話が変わってしまったが、「お願いランキング」、美食家と言われている審査員達は気にくわないが、料理の製造過程が見られるところは、面白い番組だった。

テーマ:情報番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ


蒼穹の昴、再放送が、案の定、国会中継で中止!

先週、先々週と、「レッド・クリフ」を録画した為に、NHKの「蒼穹の昴」が録画できなかった。
昨年、BSハイビジョンで、一度視ているので、何が何でも視たいというわけではないが、見損なったことを残念に思っていたところ、今週の平日、16時から再放送があるというので、録画予約をしておいた。
が、今週から通常国会が始まることも知っていたので、国会中継はどうするのだろうかと、心配していた。
結局は、国会中継が放送され、「蒼穹の昴」の再放送が延期になっていた。
別に目くじらを立てるつもりもないが、NHKなら、国会中継があることは織り込み済みのことなのに、何で「蒼穹の昴」の再放送を、その時間帯にアサインし、しかもその案内を正式にしたのだろうか?
屋外で行われるスポーツの放送ならば、天候次第で中止になることもあり得るが、通常国会は、政変でもなければ、ほぼ確実に行われるもので、それを放映するのも予め決まっていたはずである。
であるにもかかわらず、大々的に再放送の予告をしておきながら、2日後に、国会中継の為に延期するというのは、あまりにも視聴者をバカにした話だと言わざるを得ない。
臨時国会や、突発的な事故や災害の為の放送ではなく、大分前から開催の決まっていた通常国会の放送である。
ひょっとして、NHKは、菅内閣の体たらくを見て、通常国会の前に、内閣が転覆するとでも思ったのだろうか?
いい加減にしろ! と言いたい。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


春の気配を発見した!

今日も天気が良くて、何と言っても風が弱かったので、この時とばかりウォーキングにでかけた。
先日膝を痛めたばかりなので、普段の7割程度のスピードでウォーキングした。
普通の歩きの1.5倍くらいの速さである。
最初は全く膝に痛みが無かったので、かなり治ってきたのかなぁと思っていたところ、先週同様に、1時間半ほどすると、計ったように膝に違和感が発生したので、スピードをぐっと落として、普通の歩き方で帰路に向かい、結局2時間ほどのウォーキングだった。
その最中に、8分咲きの梅の木を発見した。
そこは10本ほどの立派な梅の木が立ち並んでいたのだが、その中の1本だけが、なぜか8分咲きだった。
他の木は全く咲いていないのに、その木だけが突出して咲き誇っていた。
またしばらく歩いていると、民家の塀の内側に生えている梅の木で、3分咲きほどの花を付けた木を見つけた。
まだ1月だというのに、気の早い梅の木は、花を咲かせ始めている。
もう春の足音が聞こえてくるようで、明るい気持にさせて貰った。
一方、私の膝の方は相変わらずで、無理を出来ない状態だが、まぁ、仲良く付き合っていくしかないのだろう。

テーマ:ウォーキング - ジャンル:ヘルス・ダイエット


NHKの「深読み」で、タイガーマスク運動が取り上げられていた。

今朝のNHKの番組「深読み」で、タイガーマスク運動を取り上げていた。
昨年のクリスマスに群馬で出没した伊達直人を皮切りに、全国で1000以上の寄付があったそうだ。
番組の中で、専門家の方が、私がここで何度か書いてきたように、この運動が引き金になって、国が動いて、児童養護施設の職員の数を30年ぶりに増やすことが決まりそうだと言うことを事例として取り上げ、行政が動こうとしていることを評価していた。
私が、最初に、ここで、寄付活動に対して否定的なことを書いたところ、心ないコメントが何通も寄せられてウンザリしていたが、昨日あたりも、私の真意を理解していただけたコメントを寄せていただき、ホットした次第である。
私が言いたかったことは、福祉施設が、善意の寄付に頼らなければ立ち行かない状況は、決して健全な状況ではないので、職員を増やすだけではなく、運営資金を増やすようなことが、国や地方自治体が決めないと駄目だと言うことである。
「深読み」の番組の中では、このタイガーマスク運動の影響で、国が、寄付金に対する減税制度を改善しようとしていることも紹介されていた。
簡単に言うと、これまでの2倍ほど税金が戻ってくるそうで、10万円の寄付をすれば、申告すれば49,000が戻ってくるそうである。
私は、これを聞いて驚いた。
そんなに還付する税金があるのなら、それを福祉に当てろと言いたい。
本来、寄付というのは、見返りを期待しないもので、節税対策で多額の寄付を奨励するようなことになれば、その還付金は、我々の血税から払われるわけで、私は納得できない。
経済的に余裕がある人間達が、節税の為に寄付をして、その人達に我々の税金が還付金として使われるくらいなら、直接、福祉施設の予算に回してもらった方が納得性がある。
だいたい、我々国民から強制的に税金を徴収しておいて、無駄な公共事業に何兆円も使っておいて、福祉に充分な予算を充当していないつけを、寄付によって補おうとする考え方が気にくわない。
本末転倒である。
と、私は考える次第だが、皆さんはいかがお考えだろうか?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


今日の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、下宿のみんなが、妊娠したことみちゃんを気遣って、自分が下宿を出て行くから、代わりにここに住んでくれと言い合っていた。
まるで、ダチョウ倶楽部の「どうぞ、どうぞ!」のギャグのような状態になっていた。
最初にあかりが言い出すと、絵描きのオヤジが言い出し、子供がそれに続くと、その父親が、駅伝君が一番自立しているじゃないかと言い出す始末。
ことみちゃん本人が、何もお願いもしていないのに、まわりの住人達が勝手に自分を犠牲にしたいと言い出していた。
この状態を理解できないことみちゃん。
大家は、かつての自分の娘を見ているようで、複雑な思いのようであるが、貧血で倒れたことみちゃんのことを気遣って、朝ご飯のメニューは、貧血に効く料理が用意されていた。
口では憎まれ口を叩いている大家さんだが、実際にはとても優しい気遣いが絶えない。
今の住人達がこの下宿を選んだきっかけも、この大家さんの気遣いと、美味しい料理だったことが分かった。
結局、あかりが出て行くことになりそうだが、ことみちゃんは、この下宿に住み着くのだろうか?
今後の展開が気になっている。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


ドルトムントの香川、手術が必要で今期絶望! 本当に残念だ!

先日の日韓戦で負傷し、ドイツに帰っていたドルトムントの香川だが、検査の結果、手術が必要とのことで、今期は絶望という正式発表があった。
本当に残念である。
正直、アジアカップで日本が優勝するかどうかよりも、ブンデスリーガで香川がどれくらい、この先活躍してくれるかの方が気になっていたので、本当に残念でならない。
ドルトムントでの香川の活躍は、この数年間、欧州のメジャーなリーグでは、日本人選手は目立った活躍は出来ないと言う定説を完全に覆す程の活躍で、香川の活躍の効果で、ドルトムントは、現在、ブンデスリーガでの久方ぶりの優勝に向けて独走状態にある。
アジアカップ終了後、ドルトムントに戻った後、チームの優勝に向けて、どれだけ活躍してくれるのか、日本中のファンが期待していたはずである。
とにかく香川のブンデスリーガでの活躍はめざましく、久しぶりにスカッとする程の活躍を見せてくれていただけに、「今期絶望」の文字を見た瞬間に、全身の力が抜けてしまった想いである。
起こってしまったことは仕方がないので、無事に手術が成功し、1日でも早く復帰して貰いたい。
奇跡が起こるのであれば、リーグの終盤の、優勝を決める一戦あたりに間に合ってくれれば最高であるが、来年の欧州チャンピオンズリーグには間違いなく出場できるだろうから、その日の為にも、しっかりと怪我を治してもらいたいものである。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


今日の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、ことみちゃんの妊娠が発覚して、下宿に大きな動きがありそうである。
あかりは、完全に自分の母親と、ことみちゃんの身の上を重ねてしまっている。
大家さんも、口では冷たいことを言っているが、本音では、自分の娘と重ねてしまっている。
ことみちゃんは、相変わらず強がっていたが、最後には、自分の弱さを吐露していた。
あかりの母親が、尾道で村上一家と知り合い、心の安住の地を見つけたように、ことみちゃんも、この下宿に転がり込んだお陰で、心の安らげる場所を見つけたのかも知れない。
ということは、あかりの母親が、尾道の村上家で出産・育児をしたように、ことみちゃんも、この下宿で出産・育児をすることになるのだろうか?
正に、歴史は繰り返すという感じである。
大家さんも、自分の娘にしてやれなかった母親としての務めを、ことみちゃん親子に対して施すことになるのかも知れない。
今後の展開が、益々目が離せなくなってきた。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


KARAの番組、「URAKARA」(テレビ東京)も大ピンチ!

分裂の危機にさらされている韓国の人気アイドルグループKARA。
テレビ東京が2週間前から放送を開始した「URAKARA」の今後が混沌としているようである。
既に2回の放送が終わり、今週の3回目までは収録が終わっているようだが、その次の第4回以降の収録前に、例の騒ぎとなり、まだ決まっていないようだ。
そこで、第4回の放送は、1回~3回のダイジェスト番組にしようという考えも出ているとのことである。
いずれにしても、今回の契約問題で、いわゆる「ちゃちゃ」がついてしまったわけで、解散を免れたとしても、これまでのような人気が継続するかどうかは疑問である。
まぁ、欲に目が眩んだ親達が、プロダクション側を脅かしたところが、プロダクション側も金を投じて育てた新人なわけで、先行投資した分の元を取り戻すまでは、そう簡単には親達の言いなりにはならないとばかりに、共同戦線を張って、芸能界をあげて対抗措置を執ったので、慌てた親達が矛先を納めようとしたのだろう。
この揉め事が原因で、グループが解散に出もなってしまえば、金の卵だった娘達が、ただの普通の娘に戻ってしまうわけで、そうなってしまっては、身も蓋もない話である。
程度の差はあれ、日本でも同じような構図の話はよく聞くが、大体は、プロダクション側の言い分の方が正しい場合が多い。
売れるか売れないか分からない若者に、大金を投じて育てたプロダクションとしては、デビュー直後から売れたからといって、最初の内は、先行投資した分の元を取ろうとするだろうし、また、次の新人達や、まだ売れていないタレント達への投資も行わなければならないわけで、ヒットした売り上げを、そのタレント達だけに直接リターンすることは出来ない。
事実、KARA達も、先輩達の稼いだ金で、レッスンなどをしてもらっていたわけで、自分達だけの力でデビューしたわけではないのである。
その辺のことを、素人の親達は勘違いしているようだ。

テーマ:KARA - ジャンル:アイドル・芸能


善意の輪、タイガーマスク運動はどうなったのか?

年末年始に、あれだけ話題になっていた、タイガーマスク運動は、もう沈静化してしまったのだろうか?
まだ続いているのに、話題性がないからと言うことで、マスコミが取り上げないだけなのか?
それとも、本当に沈静化してしまったのか?
後者であったとしたら、少し寂しい気がする。
少し穿った見方をすれば、全国各地に爆発的に広がった際に出没したタイガーマスクの何割かは、マスコミに取り上げられることを狙った行動だったようなきらいもある。
実際の所、マスコミのカメラが待ち受けているところへ、タイガーマスクの仮面を被って現れて、プレゼントを置くと、その場を走り去って、直ぐ近くに停めていた自分の車に乗って立ち去った人も居た。
マスコミがその気になれば、車のナンバーから、誰がやったのかを突き止めることも出来たわけで、ご本人としては、そこまで期待していたのかも知れない。
マスコミが、あえてそれをしなかったのは、相手のそういうホンネが見え隠れしたので、追求しても美談で終わらなければ、後味の悪いものになってしまうと言う、マスコミ一流の勘が働いたのではないだろうか?
いずれにしても、児童福祉施設の窮状を救うのは、タイガーマスクのような、個人レベルの善意に頼っていては無理な話で、国や地方自治体が、正規に予算を積んで取り組まなければならない問題である。
児童福祉施設の職員を増やすことは決まったようだが、まだ、予算の上乗せの話は聞こえてこない。
職員数を増やすことは、タイガーマスク運動が、役人達の考えを動かした効果として、認めても良いことだと思う。
この運動が、もっと継続的に広がっていたら、予算の上積みという話まで発展したのではないかと思うと、返す返すも残念である。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


今日の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、やっぱりことみちゃんは妊娠していたようだ。
どうするのだろうか?
自分の母親と同じ道を選ぶのだろうか?
赤の他人の男からすると、相手の男とも別れたくらいなのだから、迷わずにおろしてしまえばと思うのだが、女は赤ちゃんが宿った瞬間から、母性本能が働いて、事情はどうあれ、自分の身体に宿った命を、とても愛おしく感じるようで、かなり高い確率で、生むことを決心するようだ。
主人公のあかりも、母親がおろしてしまっていれば、この世には生まれてきていないわけで、どちらが良いのか分からない問題である。
とにかく、悪いのが男であることには間違いはない。
結婚する前なら、きちんと避妊するべきで、それを怠っておきながら、嫌いになったからと言って別れてしまう。
女性側は、避妊の件は言い出しづらいだろうから、そこは男の優しさで、避妊するのが当たり前である。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


今日の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、ことみちゃんが妊娠しているのではないかという、驚きの展開だった。
彼女自身も、父親の居ない母子家庭で育ったのに、今度は彼女も、未婚の母親になろうとしている。
因果応報とはよく言ったものである。
それにしても、住むところもないようで、いつも大きなスーツケースを持って移動している。
彼氏と別れた際に、家も飛び出してきたのだろう。
ひょっとしたら、会社も辞めてきているのかも知れない。
別れたことで、やけになってしまったのかも知れないが、お腹に赤ちゃんが出来ているとなれば、話は別である。
一時の怒りで、相手と話し合いもしないで、自分一人で生もうなどと考えると、一生苦労することになるし、生まれてくる子供も可哀想なことになる。
でも、女性にも女性なりの意地があるのだろう。
ことみちゃんはどうするのだろうか?
自分の母親と同じように、未婚の母を選ぶのだろうか?

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


宮崎が可哀想すぎる、鳥インフルエンザの次は、火山の噴火!

去年から、宮崎県は踏んだり蹴ったりである。
牛の口蹄疫に始まり、鳥インフルエンザ、それだけでも何で宮崎ばかり災難が降りかかるのだろうと、可哀想に思っていたところ、今度は鹿児島県との県境に付近にある火山が噴火したらしい。
テレビのニュースで視たかぎりでは、かなり激しい噴火だった。
噴煙がモクモクというレベルではなく、本格的な噴火だった。
火柱が上がり、噴煙は1000m以上も吹き上がり、火山礫なども激しく飛び散っていた。
周辺の民家や道路には、かなり大きな火山礫や火山灰が降り積もっていた。
口蹄疫で何十万頭の牛やブタを処分し、この先、鳥インフルエンザで、やはり数十万羽のニワトリを殺すことになるのだろう。
畜産王国だった宮崎は、いまや畜産の継続も危ぶまれる状態である。
そこに今回の火山の噴火である。
昨年末からブームになっていたタイガーマスク、児童施設だけでなく、宮崎の畜産農家に対しても、大勢現れて欲しいものである。

テーマ:宮崎 - ジャンル:地域情報


サッカーアジアカップ、日本代表が延長戦&PKの末、韓国に辛勝!

サッカーのアジアカップは、日本代表が、延長戦でも逃げ切れず、PK戦の末、韓国に何とか勝った。
先制点をPKで獲られたが、前田の得点で追いつき、延長戦に突入した。
延長前半に、岡崎がPKをもらい、本田が蹴ったところ、キーパーに止められてしまったものの、つめていた磯貝がけり込んで逆転した。
ここで、守りに入ってしまった為に、延長戦の後半は、一方的に攻められてしまい、結局、残り1分のところで追いつかれてPK戦になってしまった。
韓国のシュートを、GKの川島が2人連続で止めて、3人目は自分で外してしまうという考えられないような展開で、日本が勝ち上がった。
今は、決勝の相手を決めるオーストラリア対ウズベキスタンの試合が行われている。
開始早々にオーストラリアが先制している。
私の予想では、自力に勝るオーストラリアが決勝の相手になりそうである。
全く、日本代表の監督には、イタリアやブラジルなどの監督は駄目だ。
1点リードした状態で、逃げ切ろうとするのだが、イタリアやブラジルのように、守りを固めて逃げ切るという技術は、まだ日本には育っていない。
必ず一方的に攻められて、最後はこじ開けられて追いつかれるのがいつものパターンである。
やはり日本代表の監督には、オランダやスペインあたりの、勝っていても攻めの姿勢を貫き通す監督でないと駄目だろう。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


恐るべき中国の勢い、発展のスピードはまだまだ落ちていない!

昨夜のNHKの夜9時のニュースの中で、中国の特集をやっていた。
主に上海の様子だったが、相変わらず、発展の勢いは少しも落ちていないようだ。
未だに、多くのビルが建設されているし、世界第2位のビルも建設中だという。
ドバイのビルの次ぎに高いビルのようで、1フロアを4日間で完成させるらしい。
中国の手抜き工事で早いのは認めるが、完成まで、土台が保つかどうかが心配である。
高速鉄道も急速に延びており、上海から杭州までがわずか40分で行けるらしい。
この鉄道もわずか2年で完成したとのこと。
まぁ、10年近く前に、上海ではリニアモーターカーが、浦東国際空港から上海市内まで開通しているくらい、日本よりもずっと進んでいるのは確かである。
今建設中の、上海・北京間を結ぶ高速鉄道も、来年(?)開通予定らしい。
確か4時間ちょっとで、北京と上海を結ぶ予定だったと記憶している。
この鉄道は、時速350kmらしい。
まぁ、この手の国家プロジェクトとなれば、とにかく邪魔なものは全て、国家の権限で排除して、真っ直ぐなルートを確保して、レールを敷くわけだから、スピードも速いはずである。
このような中国のやり方も、極端でいかがなものかとは思うが、日本のように、個人の財産権を重視するあまり、何十年にも渡って、環状線のような道路や、リニアモーターカーが実現していない状態も、ある意味異常と言えるかも知れない。
特に、都内の環状線などは、完成すれば、何百万人いや何千万人の利益になることが明白であるにもかかわらず、建設予定地に土地を保有する個人の権利が優先されて、土地買収が思うように行かず、何十年経っても実現しない状況が続いている。
国土が広くて、いざとなれば、代替ルートも考えられる中国のような国が、国家の利益を優先しているのに、国家が狭くて、容易に代替ルートなど見つからない日本のような国が、国家の利益よりも個人の財産権を優先している。
これって、巨大な規模の、ねじれ現象ではないだろうか?

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


来訪者の方々に感謝! 累計の来訪数が20,000を突破した。

先ほど、このブログを立ち上げてからの累積アクセス数が20,000を突破した。
最初に10,000を突破するまでに、ちょうど1年かかったが、今回の20,000突破までの10,000アクセスは、ちょうど4ヶ月である。
当初の3倍の早さで到達したことになる。
実際の所、立ち上げ当初の数ヶ月は、毎日のアクセス数が30~50だったが、最近は、100~150に安定している。
そういう意味から考えても、1/3の期間で10,000アクセスを達成したことが頷ける。
私のブログなど、一般の方々からしてみれば、読んでもあまりメリットにならないような記事が多いと思うが、毎日、定期的に覗きに来ていただいている方もいらっしゃるようで、本当に、心から感謝申し上げたい。
これからも、政治・経済・社会問題ネタを中心に、サッカー(特に鹿島アントラーズ)やテレビ番組の情報など、少しでも皆さんの参考になるような情報をアップしていきたいと思っている。
とは言っても、個人のブログなので、基本は私の言いたいことを書かせていただくということは、ご理解いただきたい。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ


今朝の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、ことみちゃんが大活躍だった。
私は昔からことみちゃんは好きなので、今回の役どころは、決して良い役とは言い難いが、私としては嬉しい限りである。
企業でキャリアウーマンとして頑張ってきているだけに、マーケットリサーチもしっかりして、販売戦略を考える習慣が出来ているらしい。
また、営業現場でも、押すところと引くところを心得ているようで、営業職としても充分こなして行けそうである。
そんなことみちゃんが、お好み焼き屋を建て直すと言い出した。
年末年始の特番で、今年の「てっぱん」のダイジェスト版を放送していた時、ことみちゃんのこのセリフを見たので、彼女がゼネコンの社員として、あの地域一帯を再開発するのかと思っていた。
「建て直す」のではなく「立て直す」の意味だったようである。
あかりは、まだまだビジネスという考え方は出来ないので、ことみちゃんから、経営の基礎的な考え方を学べば、凄く勉強になるだろう。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


娘がインフルエンザにかかってしまった。

娘が通っている高校で、インフルエンザが流行っていると聞いていたが、ついに娘がインフルエンザに感染してしまった。
昨日、私が帰宅すると、家内が医者から処方されたタミフルを見せてくれた。
医者からの注意に基づいて、タミフルを飲んだ後、しばらくした頃に、娘の行動をチェックしているようだ。
家内と娘は、正月明けにインフルエンザの予防接種を受けていただけに、少しショックである。
今朝、家内が、少し具合が悪いと言って、横になっていた。
ここで、家内もインフルエンザにやられてしまったら、私も会社を休まざるを得ず、家庭崩壊になってしまいそうだ。
皆さんも、充分気を付けていただきたい。

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


AKB48のメンバー総出演のテレビ東京のドラマ「マジすか学園2」が4月スタート!

AKB48のメンバーが総出演した、テレビ東京のドラマ「マジすか学園」の続編が4月からスタートするそうだ。この「マジすか学園」を視ていた頃は、AKB48の事はほとんど知らなかったので、AKB48のメンバーが、自分の名前のままで出演していたことや、それぞれのメンバーの格付け位置なども全く知らなかったが、その後、AKBのドキュメンタリーなどを何度か視たお陰で、かなり詳しくなっているので、続編を視る時には、前回とは理解のレベルが格段に違っていると思う。
まぁ、「マジすか学園」そのものがふざけたストーリーなので、理解するも何もないのだが、人気のある子達が、どんな役で登場するのかなど、別の楽しみ方が出来るかも知れない。
前回のシリーズでは、ノースリーブスなど、個別のユニットの仕事などで忙しそうなメンバーは、出番が少なかったが、今回も主演は前田敦子らしい。
前田敦子は、他のドラマなどにも出演しているのに、スケジュールは大丈夫なのだろうか?

テーマ:AKB48 - ジャンル:アイドル・芸能


テレビ東京の「最上の命医」第3話、期待通り、凄く面白かった!

テレビ東京の「最上の命医」第3話、期待通り、凄く面白かった!
主演の斎藤工がとにかく良い雰囲気を出している。
柔らかい物腰、信念の強さを感じるまなざし、女性を虜にしてしまいそうな笑顔と、三拍子揃っている。
私は男なので、研修医役の比嘉愛未が目当てで視ているのだが、比嘉愛未も本当に可愛い。
このドラマの中では、お茶目な芝居も含まれているので、彼女の可愛さが良く引き出されている。
毎回、主演の小児外科医の、奇跡とも言えるような手術が再現されているが、この様なネタがどれくらいあるのだろうか?
そのネタの数で、このドラマの寿命が決まってしまうだけに、とても気になっている。
このドラマが終わってしまうと、比嘉愛未を毎週視られなくなってしまうので、とても悲しい。
来週の予告では、斎藤工が留守中に、子供の手術をしなければならない状況になって、研修医の比嘉愛未がその手術に挑戦するようだが、どんな展開になるのか、今から楽しみである。
そう言えば、数日前、NHK-BSを視ていたら、比嘉愛未がBS放送のCMに出演していた。
そのCMというのが驚きで、NHK-BSで、民放のBSも含めて一緒にコマーシャルしているものだった。
BS-TBSやBSフジなど、民放各社の番組などを一緒に紹介しているもので、一瞬、NHKではないのかと自分を疑ったくらいである。
そんなことはどうでも良いのだが、その番組に出演していた比嘉愛未が、天使のような衣装を着ていて、とても可愛かった。

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ


沢尻エリカは、きっとドラッグをやっているに違いない!

毎度お騒がせのエリカ様、相変わらず、その日その時によって、ご機嫌の様子が激しく変化している。
これほどの変化は、コカインなどの薬をやっている中毒患者によく見られる変化である。
警察の方でも、かなり前から、その疑いを持って、尻尾を捕まえようと追いかけているに違いない。
最初の、映画公開初日の舞台挨拶での超不機嫌な「別に!」の頃から、服用していたのだろう。
親子程年の離れた旦那との繋がりも、私は、薬の繋がりではないかと見ている。
見た目も、財産も、仕事の才能も、特に秀でたところがないにもかかわらず、エリカ様をどうやって引きつけたのだろうかという疑問は、世の中の男性諸氏は、全員疑問に思っていたことではないかと思うが、今思うと、薬の繋がりだったとすれば、頷けてしまう。
その後の、涙の会見や、結婚・離婚騒動、ケツ出しルックや、最近のマスコミへの手作りチョコレートのプレゼントなど、その気分の変化の山と谷の落差の激しさは、尋常ではない。
躁鬱病か、薬をやっているかのどちらかだろう。
旦那との離婚の話も、昨日、エリカ様が涙ながらに、3ヶ月の話し合いの結果、離婚の合意を得たと記者会見で話していたが、当の旦那は、今朝一番で、寝耳に水の話だとコメントしている。
エリカ様が、麻薬などの不法所持で逮捕される日も近いだろう。

テーマ:沢尻 エリカ - ジャンル:アイドル・芸能


今日の「てっぱん」

今日の「てっぱん」、ことみちゃんが酔いつぶれて、お好み焼き屋に突入してきて、そのままあかりの部屋に寝てしまった。
酔った勢いで、婚約指輪も外してしまい、「ずっと一人で生きていく!」と喚いていた。
婚約者との間で何かトラブルが有ったに違いない。
で、お好み焼き屋の方は、鉄平が居なくなったので、出前を、伝さんや駅伝君に甘えていたら、大家さんから、アルバイトを雇うように促された。
やりくりが大変なのだから、少しくらいは、まわりの支援者に甘えても良いようなものだが、そこはきっちりしている。
で、アルバイト募集の張り紙をしたところに、ことみちゃんがまた現れて、その張り紙を凝視していた。
ということは、ことみちゃんが、お好み焼き屋で働き出すと言うことを意味しているのだろうか?
何だか、先がなかなか読めない。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ


昨夜の「レッド・クリフⅡ」期待はずれだった!

昨夜、テレビ朝日で放送していた、「レッド・クリフⅡ」、楽しみにしていただけに、期待はずれだった。
昔から三国志は大好きで、吉川英治の本を2回読んだ。
中でも、この映画の舞台になっている赤壁の戦いは有名で、この映画は、映画館に観に行こうと思っていたのに、行けなくて、DVDを借りてきて視ようと思っていた程である。
それが、2週間連続で、パート1とパート2を放送してくれるというので、喜んでみさせていただいた。
パート1は、以前視ていたが、復習の意味でもう一度視た。
パート2は初めてなので、期待に胸を膨らませて、万全の体制で見せていただいた。
まぁ、愚作とまでは行かないが、面白いところがほとんど無かった。
特に、最後の、曹操を追いつめて居ながら、殺さずに去っていく所など、茶番劇に過ぎない。
何万人という死者を出して戦いながら、敵の大将の首を獲らないなど、考えられない話である。
個人的には、台湾の女優のファンなので、彼女の出番が多かったのがせめてもの救いである。
彼女は、この映画の中の姿よりも、普段の姿の方が、何倍もきれいである。
以前、この映画のキャンペーンで来日して、日本のテレビ番組に出演していたのを視て、その美しさにビックリした。
やはり、今回の映画のように、大がかりな戦争映画は、大勢の戦闘シーンがメインになってしまい、人間ドラマを描くのは難しいのだろう。
三国志は、劉備の蜀が中心の物語だが、この映画は、完全に呉が中心の物語になってしまっている。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画