FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



経済産業省大臣室での臨時会議

副大臣:なぜ、今、中部電力や四国電力が反旗を
      翻したんだ?
事務次官:保安院長、何か思い当たることは無い
       のかね?
保安院長:今後全国で開かれます、原発の
       再開のための説明会について、
       九電のようにバレ無いように、慎重に
       やってくれと、九電以外の社長に通達を
       出したのですが、それが彼らの引き金を
       引いてしまったようです。
政務次官:電力会社の社長達も、我々に逆らえば
       後で大きなしっぺ返しが来ることくらいは、
       分かっているはずなのに、何で逆らった
       んだろうねぇ?
保安院長:先週の九州電力の報道などを見て、
       このまま黙っていると、自分達だけが
       責任をとらされることになるので、
       本当に悪い奴らは他に居るよと言うことを、
       世間に主張したかったのでしょう。
事務次官:中部電力の社長は、菅さんの思いつきで
       浜岡原発を突如停止させられた恨みが
       有りますから、真っ先に反旗を翻したの
       でしょう。
保安院長:第三者委員会のメンバーはどうなり
       そうですか?
政務次官:心配しなくても、原発に詳しいメンバーは
       1人も居ないよ。
       素人ばかりを集めておいたよ。
保安院長:お気遣い、本当にありがとうございます。
事務次官:この問題については、自民党さんは
       おとなしくしているんでしょうねぇ?
副大臣:そりゃぁ、そうでしょう!
      全部、自民党政権の頃に起きた
      事件ばかりだからねぇ?
      五月蝿いのは、共産党さんくらいじゃないの?
事務次官:ところで福島の原発の方は順調
       なんですか?
保安院長:今更何をおっしゃっているんですか?
       核燃料は、地震の直後に、メルトスルーで
       原発建屋の外に出て行ってしまっています
       から、水で冷やすと言うのは茶番劇ですよ!
事務次官:そのことは知っているけど、家内の実家が
       福島なので、いろいろと親戚から聞かれて
       大変なんだよ!
副大臣:そういえば、最近、一般人も放射能検査機を
      持っていて、いろんなところで測定して、
      以外と高い値が検出されて、あちこちで
      噂になっているようだが、本当に大丈夫
      なのかね?
保安院長:ですから、それらの値も、昔から高かった
       んですよ!
       これまでは誰も測定しなかったので、
       露見しませんでしたが、今秋の事故で、
       一気にバレてしまっただけです。
副大臣:じゃぁ、一般生活には支障が無いんだね?
保安院長:それは直ぐには分かりませんよ。
       30年後くらいになれば、甲状腺癌や
       何かの病気の出方に偏りが出てきて
       それで初めて、放射能の影響が判明
       するわけですから。
政務次官:そういえば、チェルノブイリの事故の
       影響がどのような形で出ているのか、
       2週間ほど前に、NHKでも放送して
       いたなぁ。
       確か甲状腺癌の発生率が、平均の
       数百倍だったような記憶があるよ。
保安院長:流石良くご存知ですね。
       チェルノブイリも、25年ほどの研究の
       結果、そういった事実が分かってきた
       のです。
事務次官:じゃぁ、もう手遅れと言うことかね?
保安院長:原発にとどまって、事故の後処理をした
       連中は、ほぼアウトです。
       周辺の住民は、直ぐに避難したので
       大丈夫の可能性は高いのですが、
       先ほどの話のように、事故以前から、
       かなり強い放射能を浴び続けています
       から、他の県と比べれば、甲状腺がん
       などの特定の病気の発生率が、顕著に
       高いものがあるはずです。
副大臣:それでは、避難住民達は、元の場所には
      戻せないということだね?
保安院長:どういう意味でしょうか?
副大臣:もとの場所は、今後も放射能が強いので、
      他の県に移住した方が良いじゃないか?
保安院長:他の県と言っても、原発が有る県なら
       同じですよ。
       福島原発だけが、放射能をばら撒いて
       いたわけじゃ有りませんから。
       5月の頃、神奈川県のお茶から、
       放射能が検出されたことがあった
       じゃないですか?
       あれは、福島原発の事故とは無関係で、
       間違いなく、浜岡原発の放射能ですから。
副大臣:じゃぁ、どこも放射能に汚染されているから、
      どこに住んでも同じだと言いたいのかね?
保安院長:その通りです。
政務次官:それがもし本当なら、30年後の甲状腺癌の
       発生率も、他の県と差が無いんじゃないの?
保安院長:いやぁ~、メルトスルーの直後に、爆発を
       起こしていますから、その時の放射性物質の
       放出量は、半端な量じゃなかったはずです。
       当時、計器類やセンサー類も、全て駄目に
       なっていたので、何もデータが無いので、
       感覚的な話になりますが、広島の原爆の
       数十倍の量の放射性物質が放出された
       とみています。
       従って、白血病や、遺伝子の異常や、
       甲状腺癌などは、確実に発生率が高く
       なるはずです。
副大臣:やっぱりそうか。
      地震や津波でやられたのに、何で炉内の
      温度や水位が分かるのか不思議でたまら
      なかったんだが、やっぱりあの頃、計器類は
      全滅していたんだな?
保安院長:はい、官房長官の命令で、出鱈目な数字
       を、連日発表していました。
政務次官:でも、あの時、本当のことを発表していた
       ら、間違いなくパニックになっていましたよ。
保安院長:正確に申し上げますと、今でも、計器類や
       センサー類は全滅したままです。
副大臣:なんで早急に修理しないのかね?
保安院長:あの放射能の中では、出来るわけありません。
       それをやらせると言うことは、
       「お前死んでこい!」と言うことと同じです。
       現場の連中も、それくらいは分かって
       いますから、誤魔化せませんよ。
副大臣:じゃぁ、どうする気だね?
保安院長:「毒を食らわば皿まで」ですよ!
       ここまで来たら、最後まで嘘をつき通す
       しかないでしょう。
       皆さんも、この場で覚悟してください。
副大臣:農産物が軒並み放射能汚染で駄目に
      なっているけど、海産物の方は
      大丈夫なのかねぇ?
保安院長:海にもかなりの量の汚染物質が
       流出したはずですから、やばいのは
       同じなんですが、放射性物質が全て
       水よりも比重が重いので、海底に
       溜まるんですよ。
       潮の流れがあれば、海底に溜まった
       放射性物質も、流されて、いずれは
       深海の方に沈んでいくので、思って
       居た程の値は検出されていない
       ようです。
       これはうれしい誤算でした。
政務次官:海は偉大だねぇ?
       アメリカの水爆実験が何度も行われた
       けど、海産物に影響があったという話は
       聴かなかったしねぇ?
事務次官:何かあっても、隠し通すでしょうけど。
政務次官:それもそうだねぇ。
事務次官:家内の実家に対しては、何と説明
       すれば良いのかなぁ?
       今朝未明の震度5の余震の影響で
       神経がピリピリきているからなぁ。
政務次官:原発の事故処理が長引きそうだから、
       向こう1年くらいは地元に戻れないと
       言う話にしておくしかないんじゃない
       ですか?
事務次官:それはそうと、海江田さんはよく泣き
       ますねぇ?
       そんなに涙もろい人なんですか?
副大臣:ここだけの話だけで、奥さんから、困った
      時は泣くように言われているらしいよ。
政務次官:大臣級の政治家が泣くのは、印象が
       悪いんじゃないですか?
副大臣:いやいや、奥さんの分析によると、
      海江田さんの得票は、主婦層が
      圧倒的に多いので、おばさん達には、
      男の涙は評判が良いらしいよ。
      大阪府知事の橋下さんも、男泣き
      したら、支持率が上ったそうだよ。
事務次官:海江田さんて、主婦層に人気が
       有る人だったんですか?
副大臣:知らないの?
      もう20年ほど前かなぁ。
      今で言う情報バラエティ番組に
      結構出演していて、家計のやりくり
      や節税のノウハウなどについて
      主婦相手に解説して人気が出て、
      それで議員に立候補したんだよ。
事務次官:そうだったんですか?
政務次官:まぁ、あの人は、せいぜい家計
       レベルの会計規模には強いけど、
       国家予算となると、全く分かってない
       から、そんな人が経済産業省の
       大臣なんかになって、驚きだよ。
事務次官:そのことは、菅さんはご存じないん
       ですか?
副大臣:いやぁ~、当然知っているはずだよ。
事務次官:それじゃぁ、何で海江田さんを
       ここの大臣にしたんでしょうか?
副大臣:そこが理解できないのが、菅さんの
      菅さんたる所以だよ。
事務次官:なるほど!

スポンサーサイト



テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済


臨時 電力会社社長会議

北電社長:中電さんも思い切りましたねぇ?
       あんな暴露をして、大丈夫でしょうか?
中電社長:うちは、保安院には何の借りも有りませんから。
       むしろ、菅さんの思いつきで、浜岡を急遽停止
       させられて、貸しがあると思っています。
東電社長:四電さんも、あれはリークですか?
四電社長:まぁ、そんなところですよ。
       今は、世論を味方につけた方が勝ちですから。
関電社長:九電さんのやらせも、保安院からの指示だったん
       でしょう?
九電社長:そうなんですよ。知事からも指示されたんです。
四電社長:でも昨日の記者会見では、知事は指示していないと
       言い張っていましたけど。
九電社長:まぁ、政治家なんて、あんなもんですよ。
       進退も第三者機関の調査結果を見て判断すると
       逃げていましたが、議事録も無いわけですから、
       物的な証拠は無いんですよ。
北電社長:今回の問題では、あれだけマスコミに向かって、
       九電さんや政府を批判していたんですから、
       本当のことを暴露してやれば良いじゃないですか。
九電社長:私は辞めますから、暴露してもいいのですが、
       会長や他の役員達に迷惑をかけてもいけません
       ので。
東電社長:社長は辞めなくても良いんじゃないですか?
九電社長:私も九州男児ですから、一度辞めると言った以上は
       辞めさせていただきますよ!
関電社長:それにしても、保安院も、自分達で内部調査も
       しないと言うのは、いかがなものでしょうねぇ。
四電社長:全員が同じ穴の狢ですから、何も出てこなかった
       という結果では、調査が甘いと批判され、何か
       判明したとしたら、暴露合戦になりかねないので、
       どちらに転んでも、彼らは得はしませんからねぇ。
東電社長:第三者委員会と言えば、聞えは良いですが、
       実際は素人集団ですから、何も見つけられずに
       幕が引かれるのは目に見えていますよ。
       相撲の野球賭博や八百長問題の調査と同じ
       様な結果に終わるでしょう。
北電社長:この際、旧建設省のダム工事や空港建設での
       やらせについても暴露してやったらどうですか?
九電社長:我々が発表しても説得力が無いですから、
       どなたかゼネコンのトップとお知り合いの方は
       いらっしゃいませんか?
東電社長:鹿島建設と長谷川工務店の社長は良く
       存じ上げていますけど。
四電社長:ダム工事の地元説明会などでも、同じように
       建設省からの指示で、ゼネコン社員が賛成派に
       成りすまして、やらせを仕組んだなんて話を
       聴いたことはないですか?
東電社長:いやぁ~、それは建設業界ですから、談合の
       裏話とか、やらせの話とか、いろいろ聴きました。
       電力業界なんて、本当にきれいなものですよ。
北電社長:じゃぁ、ゼネコンさんにお願いして、旧建設省の
       やらせも一気に暴露してもらって、霞ヶ関を
       潰してしまいましょうよ。
中電社長:最初の発端はゼネコンさんでも良いのですが、
       2件目あたりからは、霞ヶ関同士の暴露合戦に
       出来ませんかねぇ?
       どの省庁も、同じように脛に傷を持っている者
       同士でしょうから、我々がリスクを犯さなくても、
       誰かが他の省庁を暴露すれば、その報復で、
       暴露された側が、他を攻撃するはずです。
       そうなれば、霞ヶ関で勝手に乱戦状態に
       陥るはずですよ。
四電社長:そんなにうまくいきますかねぇ?
       うちの社員に命じて、経済産業省のどこかの
       課長名で、国土交通省のやらせの暴露文書を
       作らせて、マスコミにばら撒きましょうか?
東電社長:それで良いんじゃないですか?
       そうなれば、我々電力会社に対する風当たりも
       少しは弱くなってくれることを期待しますよ。
北電社長:それにしても、今年は節電ブームで、電力の
       消費が落ち込んで、更にこのところ涼しい日が
       続いたので、本当に電気を使わなくなったので、
       肝心の電気料金の収入がガタ落ちで、
       経営の危機ですよ!
九電社長:本当にそうですよねぇ。
       原発問題よりも、実は、この電気代の大幅な
       減少の方が、うちもつらいんですよ。
東電社長:3月の計画停電の頃に、電力予報をやったのが
       大失敗でした。
       この場をお借りして、皆様に、深くお詫びします。
       あれって、全くの出鱈目予報で、実際には、
       どれだけの電力が使われているかなんて、
       リアルタイムには分からないんですよ。
       曜日と、気温と湿度などの組み合わせで、
       担当者が適当に発表しているんですよ。
       あの頃は、本当に節電して欲しかったので、
       連日90%を超える数字を出して、警戒を
       呼びかけたんですが、その効果が利きすぎて、
       全国的に節電ブームになってしまいました。
       梅雨が明けてからずっと涼しいので、これは
       まずいと思い、連日70%代の数字を出して
       安心して電気を使ってもらおうとっしているの
       ですが、日本人は真面目ですから、一度
       節電が浸透すると、電気を使うことが悪い
       ことのように思われてしまっています。
       うちも、補償金で破産しそうなところへ、
       追い討ちをかけるように電気代収入の
       大幅な落ち込みですから、踏んだりけったり
       ですよ。
関電社長:じゃあ、あの予報は全部嘘でしたと、
       カミングアウトしたらどうですか?
東電社長:今更それは無理ですよ!
関電社長:社長は言えないでしょうが、お辞めになった
       前社長に言っていただけば良いじゃ
       ないですか?
       それも、現会長の命令でやったと言って
       貰えば、目の上のタンコブも、きれいに
       無くなりますよ!
東電社長:でも、これまで放置していた私もタダでは
       すまないでしょう。
四電社長:タダでは済まないでしょうねぇ。
北電社長:それにしても、電気の消費を増やしてもらう
       良い方法はありませんかねぇ?
九電社長:みんなで猛暑になることを祈りましょう!
北電社長:オール電化を、改めて推進したらどうでしょう?
東電社長:今は無理だと思いますよ。
       うちもCMをばんばんうって、相当力を
       入れてきたのですが、今回の計画停電で
       オール電化だと、本当に何もできないと
       言うことがばれてしまって、クレームが大変
       でした。
       オール電化にしてなければ、ガスだけでも
       使えたのに、オール電化にしたために、
       停電中は料理も何も出来ないし、携帯の
       コンロは、どこへ行っても売切れだしと。
中電社長:じゃぁ、やっぱり皆さんで、猛暑を祈りましょう!

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


鹿島アントラーズの不調で、今年のJリーグは全く面白くない!

今年のJリーグは全く面白くない。
その原因は、鹿島アントラーズの、あまりの不調である。
3連覇の後の、昨シーズンの4位。
3年前から、夏場にばてて急激に失速するパターンが、年々顕著になり、今年は真面目に世代交代の為に、しばらくは低迷が続くかも知れないと覚悟はしていたが、いきなりここまで落ち込むとは思っていなかった。
現在14位で、完全にJ2降格争いの真っ只中である。
最大の誤算は、マルキーニョスの後を埋めるはずだったFWのカルロンである。
190cmを超える長身FWで、ポルトガルリーグで得点王争いをしている若手ということで、下手をすれば、優勝争いが出来るかもと期待していたのだが、全く駄目で、出場機会にも恵まれず、先日移籍してしまった。
期待の新人、柴崎も骨折が判明して、8月末まで出場できない。
山形から帰ってきた増田や田代が頑張っているが、昨年から居るレギュラー陣が今ひとつである。
小笠原も、昨年あたりからめっきり得点しなくなった。
大迫も、そのうち良くなるかなぁと毎年期待しているが、毎年期待を裏切られている。
3日前も、水曜日に、ホームの鹿島スタジアムで、ガンバ大阪と試合をしたが、1-4で惨敗した。
一昨年までは、ホームでの不敗神話があったほど、ホームでは負けなかったが、今年はホームで負けている。
相手がガンバ大阪なので、勝てるとは思っていなかったが、前半を1-1で折り返しておきながら、後半だけで3点獲られて、完全に負けてしまった。
今年はこの様な試合が多いので、サポーターも試合を観に行く気力が失せてしまうだろう。
観客が来なくなれば、クラブの収入が減ってしまい、益々良い選手を獲れなくなり、在籍選手達の年俸も下がり、モチベーションが下がってしまうという、最悪のスパイラルに陥ってしまう。
こんなに早く、世代交代の苦しい時期が来るとは予想外だった。
早く来たと言うことは、早く立ち直ると言うことなのだろうか?
明日も、アウェーでセレッソ大阪との試合である。
私の予想では、1-3で負けるだろう。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


震災復興宝くじが発売、絶対に買うぞ!

今日から、震災復興の宝くじが発売された。
これは非常に良いことである。
なぜもっと早く発売されなかったのかと、不思議に思ったくらいである。
総販売額は300億円らしいが、そのうち143億円が、被災地の復興支援金として、復興事業に充てられる。
当然私もこの宝くじには賛同するので、絶対に買おうと思っている。
ほぼ半分が復興支援に使われると思えば、募金する感覚で宝くじが買える。
こういう復興支援は心から賛同できる。
本人が楽しみながら、復興の支援に繋がるのである。
これが募金となると、どうも賛同できない。
一過性だし、永続きしないし、上から目線になってしまうし、何かしっくりこない。
が、復興支援の宝くじは、買う側も夢を買えて楽しめ、被災地の為にもなるという、両方が得するシステムである。
宝くじ以外にも、もっとこのようなシステムが提案されれば、復興が加速されるに違いない。

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済


中国の高速鉄道で、ソフトに重大欠陥があった? 氷山の一角に過ぎない!

中国の高速鉄道の事故に関して、中国鉄道省の当局から、ソフトに重大な欠陥が有ったと発表があった。
まぁ、中国の役所の発表なので、ほとんどが嘘だから、意味はないが、一応、発表の内容は以下の通りである。
落雷によって温州南駅の信号設備が故障した後、先行列車はソフトの不備から、一時停車後、徐行を開始したらしいが、運行管理センターでは、データ収集ソフトの欠陥で、コントロールシステムが機能せず、後続の列車に対し、進行を許す青信号を誤って表示したということである。
まず、落雷で信号機が故障したと言うところからして、嘘くさい。
事故発生当時、苦し紛れに落雷のせいにした為に、今に至っても、落雷を原因の一つから外せないで居るようだ。
いくら中国製でも、今時、落雷で壊れるような設備を使っていたとしたら、この高速鉄道全体が使い物にならないことを意味する。
また、原因を究明するつもりが無いので、ハードウエアの分析をしないで、安易にソフトウエアのせいにしてしまっている。
そりゃ、中国人が作ったソフトだから、欠陥だらけだろう。
中国人のソフト開発現場では、不具合を見つけて直すという感覚がない。
見かけの動きがうまくいったら出来上がりである。
私は中国人のソフト設計者達と、15年に渡って仕事をしてきているが、この感覚の違いに気が付くのに、5年掛かった。
日本人が普通に出来ることが、中国人も出来るだろうと期待しては駄目なのである。
表面的な機能がそれなりに動けば、それ以上何もしようとはしないのが、中国人である。
いろんなテストをして、エラーが起こった時に正常に動作するかなど、日本人なら言われなくても確認するが、中国人の場合は、いくら言ってもやらないのである。
これは理屈ではなく、紛れもない事実である。
だから、運行ソフトが、本当に中国人によるオリジナルソフトであれば、絶望的だろう。
まぁ、ハードウエア面でも、諸外国から輸入したもの以外は、全て欠陥品なので、ソフトの不具合など氷山の一角に過ぎないことは、間違いない。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


今年は、極端に蝉の鳴き声を聞かない夏である。

もう7月の30日だというのに、ほとんど蝉の鳴き声を聞かない。
普段の夏であれば、もう、五月蠅いほどの蝉の鳴き声を聞いている時期なのだが、今年は全く聞こえてこない。
25日の月曜日に、御殿場でゴルフをした時は、涼しかったこともあって、朝からずっとヒグラシが鳴いていた。
その後、伊勢原の自宅に戻ってからは、一度も蝉の鳴き声を聞いていない。
もしかすると、異常気象か何かのせいで、オスが羽化しなかったのではないだろうか?
アブラゼミは何度か見かけたが、鳴いているものは居なかった。
メスは鳴かないので、メスばかりが羽化して地上に出てきてしまい、オスが死んでしまっているのではないだろうか?
もしそうだとすると、卵を産んで子孫を残すことが出来ないので、来年は、羽化できる蝉の数は、更に減ってしまうだろう、

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報


呆れ果てる経済産業省の実態、保安院は開き直っただけ!

07年のやらせが発覚した保安院だが、その1年前にも、私の故郷、愛媛県の伊方原発でも、同じような屋羅瀬を依頼していたことが発覚した。
中部電力の場合は、社員などは動員したものの、予め用意した質問は思いとどまったそうだが、伊方原発のシンポジウムでは、質問した15人の内、10人が四国電力の社員だったと言うことである。
我々国民は、この手のやらせは、原発だけではなく、ダムなどの地元の反対が起きるような案件では、必ず行われていると思っていたので、さほど驚いても居ないが、今回の一件で驚いたのは、保安院は開き直ったらしく、自分達での内部調査は行わないそうである。
第三者機関が捜査するとのことで、保安院長は、、「記憶を呼び起こしているが、そのようなことが行われたという認識はない」と言って、おとぼけを決め込んでいる。
彼等としては、自分達は一枚岩の結束が出来ているので、第三者機関がいくら調査しても、尻尾を掴まれるような証拠は残していないという自信があるのだろう。
いずれも口頭での依頼で、証拠に残るような文書は発行していないのだろう。
まぁ、完全犯罪の場合も、犯行がばれてしまうのは、犯人の過信が、油断を引き起こし、その油断から、完全犯罪が崩れていくものなので、今回も、経済産業省や保安院の結束が堅ければ堅いほど、その事に過信して油断が起こり、思わぬ所から、ほころびが起きるだろう。
それにしても、内部調査なんて意味がない。
全員が何某かの罪を犯している者同士である。
蛇の道は蛇と言うが、お互いにやり方を知っている者同士、誰かの嘘がばれれば、雪崩を打って自分達も危なくなってしまうことを良く理解しているので、必死になって隠蔽するだろう。
こういうことに関しては、国家公務員というのは、ずる賢いこと極まりない。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


経済産業省原子力安全・保安院が「やらせ質問」工作!

中部電力の発表によると、2007年に国が主催した静岡県御前崎市でのプルサーマル関係のシンポジウムの前に、経済産業省原子力安全・保安院から、「質問が反対一色にならないよう、容認の立場からの質問書を作成し、地元の方に発言してもらう」よう、口頭で依頼を受けていたそうである。
霞が関のバカ役人が考えそうなことである。
この手のやらせは、旧建設省のダム工事や、地方の飛行場建設など、地元の反対が予想される事業などにおいては、昔から当たり前のように行われてきたのだろう。
ただ、今回のように、この裏工作が公に公表されることが無かっただけなのだろう。
中部電力は、かえって地域の信頼を失うと判断し、この「やらせ質問」工作を拒否したと言っている。
また、この保安院の「工作」依頼には、「空席が目立たないよう地元から参加を募る」内容も含まれていたらしい。
中部電力側は、「やらせ質問」の文案を作成したが、「法令順守の観点から問題がある」と最終判断し、保安院に依頼を断る旨を報告したそうである。
ただ、同社員や関連企業に参加を依頼については、やってしまったらしく、「誤解を招くおそれがあり、反省している」と述べている。
問題のシンポジウムは、07年8月、使用済み核燃料を再利用するプルサーマル発電について、浜岡原発のある地元住民らに理解を求めるため、国主催で開かれたもので、中部電力は、その直前の7月下旬に、保安院から中部電力の本社原子力グループ長に対して、口頭で依頼があったと説明している。
なぜ、今頃になって、4年も前の裏話を公表したのか、そこがポイントである。
電力会社側が、経済産業省にけんかを売っても、後で大きなしっぺ返しを食うだけで、何も得をするとは考えられない。
ということは、今後予想されることに対して、「我々は、もう言いなりにはならないぞ!」という意思表示なのかもしれない。
浜岡原発は、政府の思いつきで、いきなり運転を中止させられている。
ということで、中部電力は、永田町や霞ヶ関に対して、一番借りが少ない電力会社なのだろう。
だから、他の電力会社の代表役として、霞ヶ関に弓を引いたのかもしれない。
現在停止中の原発の運転再開のために、各地の原発で、再開のための住民説明会が開かれるだろうが、恐らく、既に経済産業省から、各電力会社に対して、「やらせ質問」の依頼が飛んでいるのだろう。
それで、電力会社同士の横のつながりで、一番借りが少ない中部電力が、代表して反旗を翻し、「これ以上、無茶な依頼をするようならば、過去の事例を全て公表するぞ!」と、脅しをかけたのだろう。
いずれにしても、非常にレベルの低い、見苦しい争いである。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


復興支援の為の高速無料措置が悪用されている!

震災復興のために、被災者の車両や復興物資の輸送車両などに対して、高速料金を無料にしようと言う措置は正しいものだったと思うが、残念なことに、関係ない連中までもが、この制度を悪用して、新しい社会問題となっている。
発着のいずれかが無料地域内であれば無料になると言うことで、常磐道の水戸ICでは、一旦水戸で降りて無料で出て、またすぐに折り返して、高速に乗り直して、その後も無料にするという行為が横行しているらしく、折り返し地点になっている一般道では、大型のトラックなどが、民家すれすれに方向を変えていて、子供の通学路にもなっているところでは、非常に危険な状態が続いていると言う。
まぁ、このようなさもしい現象が起きるのは寂しい話だが、そもそも日本の高速道路の料金がとんでもなく高いことが原因なのである。
庶民感情で、これくらいなら払ってもいいかと思うような金額ではない。
私は四国の出身なので、毎年帰省していたが、瀬戸大橋も含めて、往復で3万円以上かかっていた。
それでも、家族で帰省する際には、自家用車で帰るのが一番安いと言うのも笑える話である。
3万円だと、大人1人が新幹線で往復するのと、ほぼ同額である。
だから、我が家のように、子供が3人いて、5人家族ともなると、四国に家族揃って帰省するとなると、新幹線や飛行機を使うと、10万円以上かかってしまうと言う、絶望的な状態である。
だから仕方なく、車で帰省するのだが、お盆休みなどが、日本国中一斉に取るので、高速道路も大渋滞。
私は昔から、今年のような輪番制の夏休みを主張していた。
GWとお盆休みと正月休みを、県や地域によって少しずつずらすのである。
そうすれば、移動手段の大混雑が緩和されるし、観光地でも、観光客が平均してくるので、営業も安定する。
何年も前から、そうしようと言う声は上っていたが、大手企業などから、同じ会社の中で、事業所によって休みの時期がずれていては、仕事に支障が出てしまうと言うことで、いつも実現しなかった。
ところが、今回の原発事故による電力不足解消のために、大手企業でも輪番制の夏休みをとるようになった。
弊社もそのパターンであるが、事業所によって夏休みの時期をずらしたが、それほど大きな影響を受けたとは感じていない。
やれば出来るのである。
そのお陰で、渋滞に巻き込まれること無く遠出が出来て、非常に助かっている。
平日ゴルフも満喫できた。
話が屈折してしまったが、日本では、高速道路の料金が高すぎるのである。
民主党が政権をとったころには、近い将来、高速道路が無料になると言う時代が来るのだろうと、大きな期待を寄せていたのだが、どうやら夢のまた夢だったらしい。
高速道路以外にも、新幹線も飛行機も、とにかく移動手段が高すぎるのである。
LCCが頑張って、東京大阪間を5千円くらいの料金にすれば、新幹線も対抗して5千円以下に値下げするだろうし、そうなれば、高速料金も負けずに値下げせざるを得ないだろう。
そういう意味では、LCCを応援することが、移動コスト削減の起爆剤になるのである。
ということは、観光協会などの観光事業を発展させようとしている連中は、旅行会社などと手を組んで、LCCをバックアップすることを考えるべきである。
LCCの航空便とセットにして、格安のツアーをいっぱい企画して、JALやANAの通常の航空便に乗る観光客が居なくなるくらいの攻勢をかけて、LCCを応援するべきである。
そうすれば、LCCの値段が基準になって、航空機や新幹線の値段が下がり、それに引っ張られて高速料金も下がっていくだろう。

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済


死刑を執行しないのなら、とっとと法務大臣を辞任しろ!

法務大臣の江田五月が死刑を執行しないと宣言したらしい。
死刑を執行しないのならば、今すぐ、法務大臣を辞任しろと言いたい。
国民の代表である裁判官が、公式の場で死刑を宣告したのである。
その重たい判断を無視して、死刑を執行しない権利を、法務大臣に認めていること自体が馬鹿げている。
政治家なんて、公序良俗に反することの限りを尽くして、選挙に当選し、政治屋としての年月を生き延びてきた連中である。
こんな連中の中から法務大臣が選ばれるわけで、こんな連中が、裁判所の判断よりも上の立場から物事を決める権利など与えることは、強盗団に警察の制服をプレゼントするようなものである。
だいたい日本では、加害者に対して寛容すぎる。
最近は、被害者や被害者の遺族などに、法廷に参加する権利が認められてきたりして、以前に比べると、少しは権利が向上してきたが、まだまだ低いことは事実である。
最高裁判所の判決でも、どんな卑劣な殺人を犯しても、1人しか殺していない場合は、最高でも無期懲役で、2人以上殺さないと死刑にはならない。
最高裁判所自体が、人の命に重さを認めていることになる。
死んだ人数が1人だろうが2人以上だろうが、命が奪われたことには違いがないのだから、奪われた命の数で、罪の軽重が変わるというのは納得できない。
被害者の遺族にとっては、加害者の犯人は、今すぐにでも死刑になるべきだと考えるのが普通である。
私は江戸時代の仇討ちの制度が、一番理にかなっていると考えている。
もし私の家族が殺されたら、自分の手で犯人を殺してやりたい。
死刑にならなければ、自分が罪を犯して刑務所に入り、刑務所の中で、加害者を殺すことまで考えるだろう。
被害者の側はそこまで考えるのに、何も関係のない汚れきった政治家が、何の権利があって、死刑の執行を止めるというのだろうか?
こんな馬鹿げたことが許されることには、強い憤りを感じる。

テーマ:死刑制度について - ジャンル:政治・経済


中国の高速鉄道、責任の押し付け合いが始まった。

先日の中国の高速鉄道で発生した追突事故で、追突された列車の運転手が、管制から止まれと言われたので停止していたと、発言していた。
中国ではお決まりの、責任の押し付け合いが始まったようだ。
基本的に、中国人は嘘つきである。
私も、仕事で数十人の中国人と付き合ってきたが、間違いなく、全員、嘘つきだった。
正直な中国人が居たら、紹介して欲しいものである。
日本の10倍以上の競争社会で育ってきた彼等にとっては、まず、謝るという文化がない。
謝る=自分の非を認める=責任を取る、という方程式が成立するので、絶対に謝らない。
何某かのこじつけを見つけ出しては、それを突破口にして、相手の落ち度を探し出して追求する。
素直に自分の落ち度を認めるという考え方は、中国人の頭の中には全く無いのである。
客観的に見ても、絶対に自分が悪い状況になっても、認めようとはしない。
自分の罪を認めると言うことは、敗北を意味するからである。
自分の罪を認めれば、必ず相手からペナルティーを課せられてしまうからである。
今回のような大きな事故が起きた場合は、自分に少しでも責任があるとなれば、国民全体からその責任を追及され、一生を棒に振ることになってしまう。
だから、嘘の限りを尽くしても、自分に責任が及ばないように、必死になって戦うのである。
こういう社会文化の国なので、真実など明らかになるはずがない。
一人っ子政策の為に、戸籍のない国民が何千万人もいる国なので、大きな責任を押しつけられそうになったら、失踪すればいいのである。
戸籍が無くても、それなりに生きていける国、それが中国である。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


中国の高速鉄道は、相変わらずトラブルが連発しているようだ!

中国の高速鉄道では、相変わらず、トラブルが連発しているようである。
25日には、停電で3時間も立ち往生したらしい。
近くで強い雨や風が吹いたせいで、電源設備が外れたのが原因とされている。
雨や風で列車が止まったのでは、話にならない。
26日には、上海を出発した列車が間もなく停止し、40分遅れたそうである。
これも原因不明の停電のような現象で、エアコンも止まり、車内は蒸し風呂のようになったという。
全てが手抜き工事なので、どこでどのようなほころびが出ても不思議は無い。
私は、仕事で20回近く北京や上海に出張したが、ホテルにチェックインすると、最初にすることがある。
部屋に入ると、全ての照明のスイッチをONするのである。
私が泊まるのは、ある程度のレベル以上のホテルなので、照明が点かないことは少ないが、スイッチのON/OFFの方向が、揃っていたためしがない。
例えば、入り口やトイレ、風呂場、ベッドの周辺など、照明のスイッチが10箇所有ったとすると、2,3割の確率で、ONとOFFの方向が逆になっている。
日本のホテルでは有り得ない事だが、中国のホテルでは当たり前のことである。
中国人にとっては、スイッチの方向がどうであれ、照明が点けばOKで、それ以上のことは望まないし、望むことなど想定もしていない。
施工の手順書には、必ずスイッチの向きなども指定しているはずなのだが、実際に施工する人間がそこまで注意深く手順書を見ないし、最後に確認するはずの責任者も、照明が点くことだけを確認し、スイッチの向きなど、最初からチェックする気も無ければ、向きを合わせる必要性が理解できないのである。
日本と中国では、細かいところでも、これほどの違いが有る。
いや、世界的に見れば、日本が異常に細かいところまで要求するのかも知れない。
大きなところでは、いわゆる手抜き工事である。
鉄筋コンクリートのはずが、鉄筋が入っていなかったり、コンクリートも水の量が倍以上入っていて、ぼそぼそだったり、ボルトが締められていなかったり、などなどである。
一般的に、ビルの工期も、日本の1/3で出来てしまうのが中国である。
人が多いからではなく、やるべきことをちゃんとやっていないから、早く出来上がるのである。
中国人の考え方は、手を抜くことは当たり前のことで、それを見つけられない発注側が馬鹿なのだという考え方である。
永く共産主義が続いてきたので、国民全体が公務員の気質なのである。
即ち、ちゃんとやろうが手抜きをやろうが、貰える報酬は同じなので、手を抜かない奴はバカなのである。
一生懸命に仕事をしても、見返りは同じだから、誰も真面目に仕事をしない。
だから公共工事などは、全てが手抜き工事で、手抜き工事でないところを探すのは無理である。
そのやり方で、突貫工事で造った高速鉄道である。
まともに動くはずが無いのである。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


なでしこリーグのINAC神戸が、全選手とプロ契約を検討中!

なでしこリーグのINAC神戸が、来期から、所属選手全員とプロ契約を検討しているらしい。
現在、プロ契約をしているのは、澤と大野の2人だけで、澤ですら年俸600万円らしい。
他の選手達も、プロ契約とは言いながら、200万から300万程度の年俸の選手がほとんどで、生活が楽になるところまでは行かないだろうが、多少アルバイトを続ける必要があったとしても、練習の時間は増えるだろう。
INAC神戸は、来年度の試合は全て有料化する方針らしい。
プロの試合なのだから、当然と言えば当然である。
どこかの民放が、なでしこリーグの試合を放送するようになれば、益々認知度が高まり、有料でも観客が集まるだろう。
この勢いを消さないためにも、秋に行われるロンドンオリンピックに向けたアジアの予選は、突破しなければならないし、本番のオリンピックでも、メダルを獲らなければならない。
が、先日のW杯でも、ドイツやアメリカには、正直言って、完全に負けてもおかしくない内容だった。
この2チームの壁を突破して、オリンピックでメダルを獲るのは、中々至難の技と思われる。
私としては、日本のマスコミは、あまりにも野球を偏重しすぎているので、野球の報道の1割でも良いので、なでしこリーグを報道してくれれば、日本の女子サッカーの地位も改善されていくだろう。
だいたい、野球なんて、世界中数えても、20カ国くらいしか普及していないし、スポンサー企業も、そろそろ野球に投資しても、見返りが少ないことを認識してほしいものである。
日本国内だけで事業を展開している企業なら野球の方が良いかもしれないが、少なくとも海外で事業を展開している企業なら、野球ではなくて、サッカーに投資するべきだろう。
なぜなら、サッカーは、オリンピックよりも多くの国や地域に普及しており、サッカーの映像は、常に海外でも見られている。
日本企業は気がつかないだろうが、例えばACLの試合や、トヨタカップの試合なども全て海外で放送されており、海外に対する宣伝効果は確実にある。
日本のプロ野球の映像は、全く海外では放映されない。
トヨタカップになれば、何十億人が見ることになる。
従って、トヨタカップで3位になった浦和レッズや、ガンバ大阪の、ユニフォームにロゴを入れているスポンサーは、世界中に、自社を宣伝したことになる。
この効果を冷静に考えれば、大手の企業は、野球ではなくサッカーに投資するべきである。
INAC神戸は、ドイツのバイエルンとの間で、女子のクラブチームの世界選手権を作ろうと企画しているそうだが、もしこれが実現すれば、男子では到底実現できない、クラブチームの世界一も夢ではなくなってくるので、スポンサー料が安い今のうちに、INAC神戸のスポンサーに名乗りを上げておくことが賢明だろう。

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ


石川遼君が、やっと、見苦しい長い髪を切った!

今期まだ一勝も出来ていない石川遼君が、私のアドバイスに耳を傾けた訳ではないだろうが、やっと、あの暑苦しい髪を切ったようだ。
これまでの、帽子から長くはみ出していた襟足のパーマヘアをばっさり切って、刈上げにしてきた。
耳の少し上くらいまでは長めで、耳から下は刈上げと言う、2ブロックである。
これで遼君にも運が回ってきて、念願の優勝が出来るだろう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ


中国の共産主義の崩壊が始まったのかもしれない!

中国の高速鉄道の事故処理で、中国国内がガタガタしている。
中国は、所詮、本質的には、北朝鮮とあまり変わらない国だから、日本で考える常識などは、ほとんど通用しない。
従って、事故が起きたら原因を究明すると言った、当然の作業よりも、国の威信をこれ以上傷付けない為にも、一刻も早く運行を再開しろと言う共産党幹部からの通達の方が、絶対的に優先されるのである。
また、人命救助よりも、運行再開の方が、遥かに優先順位が高くなるのである。
だから、事故発生後、約1日で捜索は打ち切られ、事故車両の処理が始められたのである。
しかも、一番損傷が酷く、犠牲者が大勢居ると思われる、追突した列車の先頭車両は、犠牲者の捜索もほとんどせずに、早々に重機によって破壊され、地中に埋められてしまった。
流石に、中国の国民も、この対応には納得できないと見えて、ネット上での非難が相次いだ。
そこで、共産党側も譲歩して、一旦埋めてしまった車両を掘り出したようである。
ところが、この車両に乗っていたと思われる被害者の家族達が、自分達の肉親が、行方不明者のリストにも載っていないことに対して講義を始め、座り込みを始めたようである。
中国政府は、行方不明者は居ないと発表していた。
ところが、事故を起こした列車の座席表を公開していないことから、いつもの隠蔽だろうと言うことで、この列車に肉親が乗っていたと確信している遺族達が、騒ぎ出したのである。
まぁ、昔から、中国の共産党は、人の命など、昆虫と同じ位にしか考えていないのである。
以前、天安門事件があったときにも、その時の最高権力者である、小平は、「たとえ100万人の市民が死んだところで、中国にとっては0.1%に過ぎない。何の問題も無い。」と言い放ったのである。
私も一度だけ行ったことがあるが、あの広大な天安門広場に、人権問題に端を発した市民のデモ隊が、何十万人も押し寄せ、それを警官隊が静止しようとし、最後には戦車まで登場して、確か、戦車の前に寝そべって、戦車の通行を阻止しようとした女子学生が、戦車に敷かれて死んでしまったと記憶している。
その時に、小平が言った有名な言葉である。
彼らにとって、100万人ですら、痛くもかゆくも無い存在なのである。
列車事故で、仮に2000人程度が死んでも、事件でも何でも無いのである。
それよりも、せっかく世界に向けて、自国の技術力を示した高速鉄道の、一刻も早い運転再開を望んだのは、彼らの普段どおりの、普通の発想なのである。
しかも呆れたのは、共産党から、マスコミに対して、この事故に対して、いくつもの要求事項が提示され、報道規制が敷かれていたことである。
この規制そのものは、いつもと同じパターンであるが、今回は、規制されたマスコミの一部が、この中国政府からの規制内容を公開したのである。
これは、大きな事件だろう。
ある意味では、高速鉄道の事故以上に、このリークは大事件であると言える。
これまでは、何があっても、どんな理不尽なことでも、中国政府に絶対服従だった者達の中で、事と次第によっては服従しない者が現れたのである。
これは、共産主義の崩壊の兆候ではないだろうか?
北アフリカや中東で起きた、ネットによる市民革命とまではいかないまでも、すっくりと進んでいく共産党崩壊の流れの源泉が、今発生したのかもしれない。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


定例 電力会社社長会議

東電社長:九電の社長、本当にお辞めになるんですか?
九電社長:はい、辞めます。
北電社長:辞めてどうされるんですか?
九電社長:一応、引退の形を取りますが、会長からは、
     ほとぼりが冷めたら、相談役に取り上げて貰う
     約束をいただきました。
四電社長:それは良かったですねぇ。
中電社長:というか、やらせメールのようなやり方を確立
     したのは、今の会長じゃないですか。
九電社長:そうなんですが、会長はお辞めになる気が無い
     ようなので、取りあえず私が辞めます。
     社長にしていただいた恩義もありますし、会長は
     霞ヶ関にも人脈が広いですから、会長が居なくなる
     と、九電としても問題ですから。
北電社長:東電さんと言い、九電さんと言い、会長と言われる
     方々は、執着心が強いですねぇ?
四電社長:長い間、社長職にあって、その後も長年に渡って
     会長で居続けている連中ですから、執着心が服を
     着て歩いているような連中ですよ。
中電社長:社長が辞任される他は、役員の処分はどうされる
     んですか?
九電社長:減俸処分とか決めていたんですが、第三者委員会
     が発足して、調査をするようなので、処分は、
     その組織の判断に任せることにしましたよ。
北電社長:ちゃんと調査されれば、社長は無実で、会長が
     諸悪の根元だと言うことがバレるじゃないですか。
九電社長:私はもう辞めてしまっているわけですから、私に
     責任を集中させた調査結果にするでしょう。
関電社長:第三者委員会が、事実を曲げて報告すると言う
     ことですか?
九電社長:やらせメール的なことは、皆さんの所でも、昔から
     当たり前のようにやってきた訳じゃないですか。
     会長が悪いわけではなく、その以前から、脈々と
     受け継がれてきた古き日本式の伝統のようなもの
     で、誰が悪いというわけではないですから。
関電社長:でも、第三者委員会は、調査結果を報告する
     でしょう?
九電社長:会長は霞ヶ関に人脈がありますし、第三者委員会も
     大人の組織ですから、私に責任を集中させるはず
     ですよ。
四電社長:ところで、福島のその後はどうですか?
東電社長:適当に話題を提供していますよ。
     核燃料は、とっくに建家の外に流出してしまって
     いますから、水を入れようが入れまいが関係ない
     のですが、放射能に汚染された水を浄化する意味は
     有りますからねぇ。
北電社長:放射能に汚染された稲藁を食べた肉牛の肉が話題
     になっていますが、未だに放射能が出て居るんで
     しょうか?
東電社長:そんなわけはないですよ。
     あれは、去年から、それなりの量の放射性物質が
     外に漏れていたからでしょう。
     いままで計測されたこともなかったので、誰も
     知らなかったのでしょうが、それが今頃になって
     世間に知れてしまったと言うだけですよ。
北電社長:じゃぁ、以前から漏れていたと言うことですか?
東電社長:そうです。皆さんの原発でも同じでしょう?
     5月に神奈川の西部で、お茶に放射性物質が基準
     以上に検出されましたが、あれだって、中部さんの
     原発からの影響で、福島の事故は全く関係有りま
     せんからねぇ、
四電社長:全く、今や、何処でも誰でも放射能を計りだした
     ので、これまでちゃんと対応してこなかった
     放射能漏れが、次々にバレていきますねぇ。
九電社長:まぁ。申し訳ないですが、しばらくは、どこで
     放射能が検出されても、全て福島原発の事故の
     せいにさせていただくことになるでしょうねぇ?
東電社長:まぁ、今回は、皆さんに貸しを作らせていただ
     きますよ。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


日本のマスコミは、何処までレベルが低いのだろうか?

全く日本のマスコミには、呆れさせられることが多い。
自分達の都合で、報道の内容がころころ変わる。
海老蔵についても、昨年末から、あれだけバッシングしておきながら、地震の後では、復帰に向けての話題に変わり、先日の復帰公演では、好感の持てる報道に変わっていた。
で、昨日の、嫁の出産では、おめでたい話題として取り上げていた。
結局、自分達の都合で、スタンスがころころ変わりすぎである。
大相撲でもそうである。
野球賭博や八百長事件で、あれだけ叩いておきながら、夏場所が正規の場所として開催されてしまうと、昔のように報道している。
相撲の世界は何も改善されなかったし、改革のかけらもなかったのに、それを追及するところがなかった。
一言で言えば、ジャーナリズムではないのである。
なでしこジャパンにおいても、1ヶ月前までは全く見向きもしなかったくせに、W杯で優勝するやいなや、取り上げ方が驚くほど変わってしまった。
これまで、全く報道もしなかったなでしこリーグの試合にまで、報道陣がつめかけ、今後、なでしこリーグの試合をテレビで放送したいという申し出まで相次いでいるという。
放映権料が1試合10万円という、ただのような安さが原因らしい。
協会側も、この際、放映権料を高くすることも出来たのだが、そこで一過性の利益を得るよりも、安いままにしておいて、1試合でも多く放送して貰い、少しでも女子サッカーの認知度を上げたいという考えのようである。
この協会の考え方は、しっかりしていて納得できる。
が、安い放映権料に飛びついて、今なら視聴率が獲れるだろうという、ハイエナのような考え方だけで、なでしこリーグの試合を放送しようというテレビ局の考え方には、ウンザリしてしまう。
こいつらには、日本の女子サッカーを育成しようなどという考えは全く無い。
半年ほど経って、なでしこ熱が冷めてしまえば、また、以前のように、知らぬ存ぜぬ状態に戻るのだろう。
しかし、政治と同じで、その国のマスコミのレベルが低いのは、国民の意識レベルが低いからなのだろうか?
国民が、一時的なブームに飛びついたり、ワイドショー的な話題に冷めた態度をとっていれば、マスコミも、もう少しまともになっていたのかも知れない。

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ


ナイナイの岡村に、殺害を予告した馬鹿者が捕まったらしい!

今テレビのニュースで流れただけなので、詳しいことは分からないが、ナイナイの岡村が殺害予告を受けていたらしい。
その予告をしていた馬鹿者は、無事に逮捕されたそうで、そのバカによると、インターネットで架空のアドレスに書き込んだのでばれないと思ったと、意味不明なことを言っていたらしい。
インターネットの仕組みを良く分かっていない馬鹿者なのだろう。
ネットカフェのPCから書き込んだ場合でも、今は、誰が書き込んだかが分かるようになっているのである。
自分のPCから書き込みをすれば、警察が動けば2日以内に特定されてしまうだろう。
そんなことも知らないで、「架空のアドレスに書き込んだ」という意味が分からない。
自分のPCの物理アドレスが特定されるのだから、どうやってもバレるのである。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能


大事故を起こした中国の高速鉄道、1日半で運転再開!

大勢の死傷者を出したばかりの中国の高速鉄道だが、原因も何も分かって居らず、また事故車両が片付けられても居ない状態なのに、1日半で運転を再開したそうである。
事故現場は、橋から落下した車両が、まだほとんどそのままの状態なのに、その上の線路を高速鉄道が走り抜けるという、日本では考えられない光景である。
中国政府は、落雷で安全装置が故障したのが原因だ等と、適当なことを言って誤魔化しているが、落雷で壊れた安全装置が、そんなに簡単に直るはずもなく、そもそも原因を究明するつもりはないようである。
その証拠に、追突した方の先頭車両は、事故直後には重機で破壊され、地中に埋められたそうで、中国国内では、証拠の隠蔽が目的ではないかと言われている。
まぁ、日本国民としては、中国の高速鉄道から学ぶものなど何もないので、隠蔽しようがしまいが、全く興味がない。
今回の事故も、後から来て追突した車両は、本来は、停まっていた車両よりも先に行っているはずの車両だったそうだ。
追突された車両は、雨で運行できなくなって停車していて、追突した車両は、車両故障で途中駅に停まっていたので、予定時刻よりもかなり遅れて事故現場に到達したというのだから、話しにならない。
これほど時間を守れない運行状態なのだから、安全装置だけでもちゃんと働いてくれなければ、安全な運行など出来るはずがない。
ということは、何年経っても、この手の事故はなくなら無いと言うことである。
なぜかというと、中国政府の発表が本当ならば、この肝心の安全システムが中国のオリジナルだからである。
まぁ、仮に安全運行システムが正しく動作するようになった頃には、手抜き工事で土台もすかすかの架線の方がガタガタになるだろうから、物理的な問題で事故が多発するだろう!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


今日は御殿場でゴルフ、涼しくて最高のゴルフ日和だった!

今週、私が勤めている事業所は、輪番制の夏休みで、お休みである。
せっかく平日に休みを貰えるので、1ヶ月前からゴルフの予約をしていた。
行ったのは御殿場の太陽カントリーである。
セルフプレーだが、昼食代込みで、消費税も入湯税も全て込み込みで9千円という破格の安さである。
会社の仲間と車一台に乗って、御殿場ICで降りて、直ぐ側の練習場で、軽く練習してから、ゴルフ場に行った。
7月の下旬なので、普通であれば、30度を超える猛暑の中のプレーを覚悟していたが、先週の台風の頃からの涼しさが継続しており、富士山の裾野と言うこともあり、標高も多少あるからだろうか、朝から日暮の蝉時雨が凄かった。
秋の頃にラウンドしているのではないかと錯覚してしまうほどの涼しさだった。
この絶好の条件の中なのに、午前中45、午後53で、結局98というスコアだった。
何年経っても進歩が見られない。
40ヤードくらいの距離からのアプローチがやっぱり駄目で、ダフッたり、トップしたりで、いらいらしっぱなしだった。
昼食の時、隣のテーブルのおじさん達は、「今日は涼しいから、アンダーパーで回っている人が多いらしいよ。」と話していた。
逆サイドのテーブルでは、おばさん達が、「ここはバンカーが少ないから、楽に回れるねぇ。」などと話しをしていた。
何度もバンカーに捕まって、パーも滅多に獲れない我々は何なのだろうと、がっくりさせられる。
なぜなら、平日の月曜日なので、回りは、現役をリタイヤしたお年寄り達がほとんどだったのである。
70歳前後の連中が70代で回っているコースで、100を切るのがやっとというのだから、情けない限りである。
私の場合は、年に2回か3回しかラウンドしないので、スコアが代わり映えしないのだろう。
また、練習だ!

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ


なでしこリーグ再開、澤所属の神戸の試合には、約1万8千人!

W杯優勝で、なでしこフィーバーが続いているが、今日再開されたなでしこリーグの試合では、信じられないほどの観客がつめかけたようである。
澤が所属するINAC神戸と、ドイツ戦で決勝ゴールを決めた丸山が所属する千葉の試合が、神戸で行われたが、なでしこジャパンの選手が、両チーム合わせると8人も所属していると言うことで、有料の試合にもかかわらず、何と1万8千人弱の観客が殺到したそうである。
W杯直前の試合では、神戸対伊賀FCの試合の観客が448人だったというから、フィーバーの凄さが伺える。
なでしこリーグは、結構無料の試合もあるので、観に行ってはいかがだろうか?
来週土曜日の30日には、近くの平塚競技場で、日テレと伊賀FCの試合が行われ、W杯の試合にも出場した、岩淵選手もいるようで、しかも無料だというので、観に行こうかと思っている。
まぁ、この人気が少しでも長く続くことを祈りたいが、オリンピックでメダルが獲れなければ、また、元の状態に戻りそうである。

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ


アナログ放送が本当に終わってしまった。

今日の正午で、アナログ放送が終わってしまった。
ひょっとしたら、未対応世帯が多いという理由か何かで、1ヶ月程度、終了時期の延期などが発表されるのではないかと、期待していたが、見事に裏切られてしまった。
結局何もせずに、この日を迎えてしまった。
2年ほど前に買ったDVDレコーダーが、地デジ対応していたお陰で、リビングのテレビだけは地デジ放送を視ることが出来る。
アンテナも結局準備せず、お向かいのマンションからいただいている電波に頼っている。
地デジ移行後は、電波障害の影響もなくなるので、電波の供給は止めると言われているが、その設備の撤去までの間は、何とか大丈夫である。
厚木地区の我が家は、平塚の湘南平の電波塔から受信することになるが、何と、昨日知ったのだが、この湘南平の電波塔から出力される電波は、垂直偏波なのである。
東京タワーなどは水平偏波で、恐らく、東京タワーの電波と混信するのを避ける意味で、わざとそうしているのだと思う。
垂直偏波を受信する為には、アンテナの設置方法が変わってくる。
アンテナを90度寝かせて設置しなければならない。
本当かなぁと思って、周囲の家のアンテナをチェックしてみたところ、本当にそうなっていた。
この1ヶ月ほど、駅に行く途中などで、近所の家がUHFアンテナをどのように設置しているのか、結構チェックしていたのだが、90度寝ていることは全く気が付かなかった。
この事実を知って、アンテナを先に買わなくて良かったと思った。
というのは、買おうと思っていたのが、お弁当箱のようなタイプの物だが、これらは水平偏波受信がデフォルトで、我が家のように垂直偏波を受信する為には、横に寝かせなければならない。
これはあまりにも不格好で、それならば、性能も確実に期待できる普通のアンテナの方が良い。
危うく後悔することになるところだった。
まぁ、取りあえず、地デジが視れているので、本格的な対応は、これからゆっくりやるつもりである。
今やろうとすると、駆け込み需要のせいで、全てが値上がりしているので、9月頃になれば、さすがに沈静化しているだろう。

テーマ:地上デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ


大笑い、中国の高速鉄道で追突・脱線・橋から落下で死者多数!

6月30日に開業した中国の高速鉄道が、またまた笑えるネタを提供してくれた。
開業後、毎日のように事故が連発し、国の威信を賭けたはずの高速鉄道が、恥をまき散らしている。
毎日、雨・風・雷・車両故障などの原因で運行できなくなる事故が連発しており、恐いもの知らずの中国人も、到着時間が読めないと言うことで、飛行機の戻っているそうである。
今回の事故は、落雷で橋の上に停車中の車両に、後続の列車が追突したらしい。
4両が橋から落下し、死者は40人以上、負傷者も200人を超えている。
最初、朝日新聞の一面で、「脱線」と書かれていたので、お得意の手抜き工事で、架線がずれて脱線したのかと思ったが、まだそこまでの狂いは起きていないようである。
先日の特許出願の問題が起きた時、中国の専門家が、車両だけではなく、安全な運行システムも中国のオリジナルで、日本やドイツよりも優れていると胸を張っていたが、予想通りの安全性である。
今回は追突による脱線だったが、1年以内に、手抜き工事による架線の問題で、大きな事故が起きるだろう。
まず、架線の土台がしっかり作られているとは思えない。
次に、線路の取り付けが、正しく行われているとは思えない。
従って、高速走行で負荷が掛かり続ければ、架線が上下にずれが生じたり、線路が左右に歪んだり、いろんなことが起きるだろう。
まだ開業して1ヶ月経っていないので、そこまでお粗末な事故は起きていないが、完成直前のダムが決壊したり、入居直前の新築マンションが崩壊したりする国である。
何百キロもの長い架線が、ちゃんと真っ直ぐに作られているわけがない。
広州でも、昨年、約168億円の巨費を投じて完成した広州大劇場が、完成後5カ月で天井や外壁に亀裂が走り、雨漏りするといった問題が起きている。
この手のネタは、枚挙に暇がないが、とにかく中国の列車に乗るのは命がけである。
高速鉄道の次は、きっと航空機も国産化を図るだろうが、さすがに飛行機になると、中国人でも乗らないだろう。
飛行機では、事故=死亡だから。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


鹿島アントラーズが、また負けた。またJ2降格争い。

柏レイソルと国立競技場での試合、1-2で負けてしまった。
全く生彩のない試合で、NHKのBS1で放送していたので視ていたが、面白くなかった。
また、負けることが常態化しているので、悔しくもなかった。
末期的な状態である。
これで、またJ2降格争いに落ち込んでしまった。
冗談抜きで、降格する可能性が高い。
小笠原が、ずっと言い続けてきた、「被災地に勇気を与えられるような試合がしたい。」ということが、全く出来ていない。
3連覇した頃のアントラーズの面影は全く無く、両サイドの攻め上がりも全く無かった。
田代のポストプレーを頼った、ロングボールばかりで、中盤のボールのつなぎも出来ていない。
長身FWのカルロンは、スイスに移籍したらしい。
カルロンは本当に計算違いだった。
今更ながらに、献身的に動き回ってくれていたマルキーニョスが懐かしい。
来年は、新しい監督の下、出直して欲しい。
オリベイラは、選手起用もおかしい。
何で本山を使わないのだろうか?

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


中国の横暴は何処まで続くのか? 特許の世界でもやりたい放題だ!

東南アジアでの領土問題・領海問題など、相変わらずやりたい放題の中国だが、先日の新幹線(高速鉄道)において話題になったように、特許の世界でも、非常識の限りを尽くしている。
高速鉄道で話題になったのは、日本やドイツの技術をほとんど真似ておきながら、アメリカで、時刻の特許だとして出願したという話しだった。
普通であれば、何十年も前から、公知の技術だから、余程新規性が高い技術や、進歩性がある技術でも含まれていなければ、特許として認められない。
では、なぜ中国が、恥ずかしげもなく、アメリカで出願するかというと、それには理由がある。
中国国内では、公知の技術であっても、ほんの僅かに変えたところがあれば、特許として認められるのである。
それは国家戦略として、そうしているのである。
即ち、日本を初めとする先進国の商品が中国に入ってきた際に、一部分の形や向きを変えただけのものを、中国人が中国国内で出願すると、特許になってしまうのである。
それを武器にして、中国人が、コピー商品を作って売るのである。
コピーされた外国のメーカーが、自分達の権利を侵害されたと訴えても、中国国内では、特許として認められているので、コピー商品ではないとして、オリジナルを作ったメーカーの訴えは退けられてしまう。
早い話が、技術力のない国内のメーカーを保護する為のものである。
50年ほど前の日本も、同じように、アメリカの商品のコピーを作って売っていたのだから、偉そうなことは言えないかも知れない。
ただ、日本の場合は、マネをするだけではなく、オリジナルを凌駕する改善を施し、安くてより良いものに仕上げてきたので、技術立国としての地位を確立できたのである。
まぁ、中国の場合は、改良ではなく、全くそのままに作ろうとするのだが、部品の品質や精度が悪いので、安くて質の悪いものしか作れない。
結局、そこが中国の限界なのである。
中国国内では、特許で守られるかも知れないが、同じコピー商品は海外では、オリジナルメーカーの特許や著作権を侵害するので、売ることは出来ない。
ということは、こうやって、特許戦略で、時刻のメーカーを保護することは、結局、そのメーカーの国際競争力を無くす結果になり、ジリ貧になってしまうのが見えている。
この構図は、日本の農業と全く同じである。
国や農協が、日本の農業は国際競争力が無いという理由で、輸入農産物に高い関税をかけたり、輸入を禁止・制限してきたことが、日本の農業の改革を遅らせ、本当に国際競争力が無い状態にしてしまったのである。
ところが、日本の農業は、日本人が知らないだけで、実は、国際競争力が、もの凄く高いのである。
世界中、農産物に求める最大のものは、安全性である。
その次が値段だったり、美味しさだったり。
日本の農産物は、値段以外では、間違いなく世界一である。
中国の金持ちは、中国産の農産物の10倍以上の値段の日本の農産物を、喜んで買っている。
安全で、美味しいからである。
日本の米・イチゴ・リンゴ・ブドウ・メロンなど、宝石と思われているようだ。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


AKB48の前田敦子では、視聴率は取れない! なぜならブスだから!

AKB48の絶対的エースと言われている前田敦子だが、秋葉系のオタクに熱狂的なファンが大勢居るようだが、一般人の私などから見ると、むしろブスの部類である。
何でこんな奴が、AKBの総選挙で優勝するのか分からない。
その証拠に、「マルモのおきて」の後を受けて始まった、主演ドラマの「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」
が、絶不調らしい。
初回の視聴率が10%で、2回目は6%まで落ちたようである。
その前の「マルモのおきて」が27%だったことを考え合わせると、前田敦子では視聴率は獲れないことが証明されたようなものである。
1年前、テレビ東京で金曜日の深夜、「マジスカ学園」という、AKB48総出演の、ふざけた番組を見たとき、私はまだAKB48のことを何も知らなかったのだが、篠田や板野などの何人かの美形が居るにもかかわらず、一番ブスな奴が主役をやっているので、何でだろうと不思議に思ったことを覚えている。
その後、そのブスが、AKB48の絶対的エースだと知って、最近の若者には、あの手の顔が人気なのかなぁと、自分の歳を感じたのだが、そうではなく、やっぱり、前田敦子はブスだったようである。
まぁ、「マルモのおきて」を視ていた視聴者にとってみれば、あまりにも毛色の違う番組に代わってしまったので、一斉に他のチャンネルに流れてしまったのだろう。
私も、「マルモのおきて」を知るまでは、日曜日の夜9時といえば、基本はNHKのNHK特集をみる。
NHK特集の中身がつまらない場合は、行列の出来る法律相談所を見ていた。
この2つに比べると、前田敦子では話にならないだろう。

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能


原子力発電が一番コストが安いなんて、大嘘だ!

原子力発電が、単位電力当たりのコストが一番安いと言うのは、経済産業省の役人達が作り出した偶像であり、真っ赤な嘘である。
原子力発電所を建設しようとすると、何十年も前から、必ず反対運動がおこる。
すると、政府はどうするかと言うと、その自治体に対して、何百億と言う補助金をちらつかせ、豪華すぎる箱物の施設や、大規模な公共事業をえさにして、その自治体の反対派を骨抜きにするのである。
また、最もコストが高いのは、核燃料の再処理施設である。
六ヶ所村に有るこの施設、毎年1兆円以上かかっているらしい。
また、この施設だけでは、日本の使用済み核燃料の半分しか処理できないらしく、本来であれば、六ヶ所村の設備と同じものが、もう1つ必要らしい。
と言うことは、本来、日本は、この使用済み核燃料の再処理施設のために、毎年2兆円を投じなければならない。
その上、何千億という交付金もばら撒かれているのである。
しかしこの2兆数千億円は、国家予算からの支出なので、電力経費には含まれていないのである。
この金額が、各電力会社の負担になって、電気料金に上乗せされるようになれば、太陽光発電や風力発電を抜いて、原子力発電が、一番コストが高い発電方法だということになるのである。
霞ヶ関の頭が良いお役人様方は、この事実を隠蔽するために、電力会社の財布と国家の財布を分け、国民が気がつかないように迷彩を施したのである。
完全な確信犯である。
こんな国賊のような奴らが、高級官僚として高給を貰い、いずれ天下って、民間企業の役員職を渡り歩いて、巨万の富を得るとは、日本はどこかが狂っている。

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済


警察は国民からの信頼や期待を、とっくの昔に失っている。

警視庁の警部が、品川美容外科に再就職している元同僚に、捜査資料を横流したということで、逮捕された事件、警視庁の幹部が、都民に対してお詫び会見をしていた。
「都民の皆様の信頼を大きく裏切ることとなってしまい、誠に遺憾です。」と言っていた。
が、信頼など、とっくの昔に無くしている。
そもそも今回の事件の構図は、警察が昔から繰り返してきた、良くあるパターンで、珍しいことでも何でもない。
刑事は、捜査において、捜査対象や、その周辺と親しくなることも珍しくない。
また、情報を入手するためには、ギブアンドテイクの関係になることも珍しくない。
そういう経緯で親しくなった相手に対して、その筋に詳しいからと言うことで圧力をかけて、刑事が再就職すると言うことも、全然珍しくは無い。
霞ヶ関の役人共の天下りと、全く同じ構図である。
雇った側が期待するのは、天下りの場合は、官庁の役人しか知りえない情報や、予算である。
刑事が再就職した場合に期待されることは、警察の捜査情報や、ヤクザ(裏世界)からの防衛などである。
国民はみんな知っていることで、誰も驚いていない。
こんな些細なことで、警視庁の信頼が失われることは無い。恒例行事だから。
そんなことより、ストーカー事件などのように、善良な市民が何度も相談に行っても、「警察は、事件が起きないと動けないんだよ。」と言い続けて、助けを求めている市民を突き放し続けてきたことで、警察への信頼も期待も、とっくの昔に無くなっているのである。
警察官僚は、そんなことも知らないのだろうか?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


結局、地デジ難民になってしまう!

2ヶ月ほど前から、24日のアナログ放送終了に向けて、どう対応するのかを検討してきたが、結局、迷っているうちに、何も対応しないまま、今日を迎えてしまった。
今月に入ってからは、量販店においても、在庫が不足していて、人気商品については、8月まで入庫しないとか、6月の上旬頃は、凄く安かった商品が、7月に入って値上がりしてしまっているなど、完全に買い時を間違えてしまった感がある。
2人の息子達は、自分達で何とかしろということで、全く気にしていないが、高校3年生の娘に対してだけは、地デジ対応してやろうと考えていたのだが、地デジ対応しなくていいと言い出した。
受験勉強の真っ只中なので、テレビが視られると、ついつい視てしまうので、ようやく、本気になったようである。
とはいうものの、リビングのテレビも、29型のブラウン管テレビのままだし、DVDレコーダーが辛うじて地デジ対応しているのだが、3年ほど前のものなので、当然、チューナーも1つしか搭載していないので、裏番組の録画が出来なくなってしまう。
東芝の外付けHDDに録画できるREGZAの42インチのテレビを買えばよかったのに、躊躇っているうちに値上がりしてしまった。
このタイプだと、HDDに録画したものを、BRやDVDに落とせないので、REGZAのBRレコーダーも買うことになるが、こいつが駄目な機種で、口コミを調べたところ、電源を入れて立ち上がるのに1分かかるそうである。
また故障やソフトの不具合が多いらしく、それを知ってしまうと、買うのをためらってしまう。
REGZAは、外付けのHDDに録画できるのが非常に購買意欲をそそるのだが、テレビもレコーダーも両方にHDDがぶら下がるのは無駄である。
じゃぁ、パナソニックのDigaにしようとしたら、高いは在庫が無いはで、頭にきて買わなかった。
結局アンテナも何もしていない。
というのは、現在、電波を供給してくれている、お向かいのマンションから、地デジ移行後は電波の供給をやめるという通達を貰っていたのだが、いつからとまるのかと聴いたところ、まだ決まっていないといわれた。
決めるには、管理組合の総会を開いて決めるので、まだしばらくは大丈夫ではないかといわれ、一気に気が抜けてしまった。
最初は、今風の、白い弁当箱のようなアンテナにしようと決めていたのだが、良く考えてみると、薄型の箱物なので、意外と強風には弱いのではないかと気がつき、普通のアンテナにしようかと考えを変え始めている。
まぁ、そんなこんなで、約半年ほど、考えてきたにもかかわらず、何もしないままに24日を迎えることになってしまった。
優柔不断を絵に描いたようなパターンである。
皆様は、どのように地デジ対応されたのだろうか?

テーマ:地デジ化 - ジャンル:テレビ・ラジオ


なでしこジャパンに国民栄誉賞? 賞よりもボーナスを弾んでやれ!

なでしこジャパンに国民栄誉賞を与えてはどうかという話が出ているようである。
支持率が下がりきった政権が、良く使う常套手段である。
今や、国民的英雄になった「なでしこジャパン」に、国民栄誉賞を与えても、「なでしこジャパン」の格が上ることはあっても、菅政権の支持率が上ることはないことだけははっきりしている。
国民栄誉賞って、いくらかご褒美はもらえるのだろうか?
彼女達にとって、一番ありがたいのは現金である。
生活費を稼がなければならない彼女達は、アルバイトに忙しく、練習する時間もままならないのが実情である。
国民にとって、ほとんど意味の無い話しかしていない延長国会を、今すぐにでも中止すれば、何億円も税金の無駄遣いが無くなるのだから、明日にでも国民栄誉賞を授与して、その場で、延長国会の中止と、首相の辞任と、なでしこ達への1人1億円のボーナスを発表すれば、民主党の支持率が、わずかではあるが上るかも知れない。
それ以外、今の民主党の支持率を上げる手段が思いつかない。

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ