FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



京都サンガからドゥトラが、鹿島アントラーズに電撃移籍してきた!

J2の京都サンガから、MFのドゥトラが鹿島アントラーズに電撃移籍してきた。
開幕3連敗&無得点の最悪の状態を脱するための、新戦力の補強である。
実は、この選手、私も昨年末の天皇杯の試合などを観ていて、欲しい選手だなぁと思っていた。
それほど突出した実績をあげているわけではないが、テクニックもあり、運動量も豊富で、MFというよりは、FWに近い位置でのプレーが光っていた。
京都が元旦の天皇杯の決勝まで勝ち残った原動力は、まさにドゥトラの功績が大きかったと思っていた。
まだ23歳で、身長も188cmということで、多少はヘディングシュートも期待できる選手である。
明日対戦するマリノスも、あのドゥトラが6年ぶりに復帰するそうで、ひょっとすると、ドゥトラ対決が見られるかもしれない。
とにかく、新戦力のドゥトラが、アントラーズ浮上のきっかけになってくれることを望みたい。

スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


「大阪維新の会」には、もっと積極的な改革をやってもらいたい!

大阪府では、新しい条例が公布された影響で、教員採用試験合格者の辞退者が増えたそうである。
「教育行政基本条例」と「府立学校条例」が成立したことが原因とされているようだ。
合格者2292人のうち、辞退したのは308人で、辞退の理由は、「他府県の教員に採用」が53%で最も多かったそうである。
今回成立した条例では、教師を市民が評価するという考えが導入されているらしい。
これまでは、教師の評価というのは、校長に一任されていたが、今回の条例では、変な教員に対して、父兄達が意見を言うことが出来るらしい。
また、性犯罪などの経歴のある教師は、そういった情報を公開されるなど、今時の新しい取り組みが盛り込まれている。
早い話、今までは、校長にさえ気に入られていれば安泰だった立場が、市民から厳しくチェックされるようになるわけで、公務員である以上、当たり前の状態になるだけの話である。
学校という、狭くて閉じた世界だけで通用した常識が、これからは通用しなくなるのである。
とても良い取り組みだと私は思う。
ところが、モンスターペアレントと言われるような、とんでもない父兄も中には居るので、そういった連中が、この条例をバックに、暴れるのではないかという心配も無いでは無い。
が、それが恐いからと言って、大阪府での採用試験の合格を辞退するというやつは、最初から採用しなければ良いのである。
次世代の子供達を教育するというのは、非常に大事な仕事で、やる気のある先生に教育してもらいたい。
条例を恐がって、旧態依然とした他の自治体に逃げてしまおうと考える奴など、先生になってほしく無い人材である。
そもそも、学校教育が崩壊した最大の原因は、教師の選考にあると思っている。
本来は、教師は、できれば一般企業などで、10年以上の実務経験を積んだ人材を選ぶべきである。
大学の教育学部を卒業しただけで、何の社会経験も無い人間が、教員試験に合格しただけで教師になってしまうのでは、子供達にとって、魅力的な授業など出来るわけが無い。
また、大学を卒業して、直ぐに教員になってしまったのでは、もし、首になったら、他の世界では生きていけないので、クビにならないように、校長や教育委員会の言いなりになるしか無いのである。
その点、社会経験が豊富で、手に職が有ったり、自分のスキルを身につけている人であれば、何年間か教師をやって、また元の職業に戻りたい場合なども、気楽に転職が出来るし、校長や教育委員会にびくびくして、飼い犬のようにならずに済む。
最大のメリットは、社会経験が豊富であるがゆえに、子供達にも、社会の実体や、勉強していることが、実社会のどういうところで役に立つかを教えてやることが出来、面白い授業にすることが出来るのである。
こういった改革を、維新の会にはやってもらいたいものである。

テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済


国民新党、文句があるなら、とっとと政権から離脱しろ!

国民新党の亀井静香が、消費税法案の閣議決定に対して、連立離脱をちらつかせて反対しているが、文句があるならとっとと政権から離脱しろと言いたい。
だいたい、国民新党なんて、毎回行われている政党支持率でも、0.1%しかない政党である。
政党名に「国民」と入っているが、国民の意思など全く反映されていない政党である。
小泉さんの郵政改革で、面子を潰された「抵抗勢力」の一部が終結しただけの、烏合の衆である。
こんな政党が、政権与党として存続していること自体が、国民の意思に反しているのである。
しかも、こんな小さな政党のくせに、政権離脱を主張する亀井静香と、政権にかじりつきたい亀井以外の自見大臣達との間で、意見が分かれており、恐らく分裂するのだろう。
それにしても亀井静香も、ある意味、大した者である。
3,4人しか国会議員が居ない政党で、政権与党に居続けたのである。
しかも、石原都知事たちと、新しい政党を立ち上げようというのだから、まさに、政界の妖怪である。
まぁ、石原都知事の人気がいくら高いとはいえ、平均年齢が80歳を超えそうな政党が出来たところで、誰が支持するというのだろうか?
こんな妖怪が、国会内を跋扈しているようでは、日本の未来は無いだろう。
アメリカやイギリスでは、40代の大統領が選ばれて活躍しているというのに、日本では、総理大臣はいつも60歳前後、それを裏で操ろうとしている連中が70歳をみんな超えている。
いくら高齢化社会でも、政治の世界までが高齢化していたのでは、国際競争に勝てるわけが無い。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


死刑執行したぐらいで、いちいち記者会見なんかするな!

死刑執行したくらいで、いちいち記者会見するなと言いたい。
死刑は、法律で認められている刑罰であり、何も特別なものでは無いのである。
何の罪も無い他人を殺した犯罪者を、死刑で処分するのに、何の問題があるというのだろうか?
一部の法律の専門家と自称するバカ共が、自分達の仕事を作るために、死刑執行反対などと、声高に唱えているだけで、一般国民は、誰も反対などしていない。
悪いことをしたら、それに応じた罰を受けるというのが望ましい姿で、むしろ、最近の事件などを見ていると、処罰が軽すぎるのではないかと思わざるを得ないケースが非常に多い。
今の刑法や民放なども、ベースは数十年も前に作られたもので、そろそろ、21世紀にマッチしたレベルに見直す方が良いと思う。
諸外国では、かなり頻繁に法律が見直されているが、日本では、ほとんど変化していない。
何か変更しようとすると、それにけちをつける職業学者が居るからである。
最近のAIJの事件でも、中小企業の労働者の方々の大切な年金の原資を、ほとんど使い果たしておきながら、今の法律では、非常に軽い刑罰しか与えられないそうである。
被害者の気持ちを代弁するならば、この投資会社の社長などは、死刑にしてもらいたいだろうし、死刑にしただけではおさまらないはずである。
自分達の老後の糧を、全て葬り去ったのだから、その怒りは、死刑にしたぐらいではおさまるはずが無い。
ところが、懲役も1,2年程度で、罰金も数百万程度だったと記憶している。
こんな理不尽なことが許されていいのだろうか?

テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済


ミシュランの評価など、何の意味も無い! 惑わされるな!

ミシュランの3つ星レストランなどと、世間では騒いでいるが、私から言わせれば、ミシュランの格付けなど、いんちき以外の何者でもない。
料理の味の評価に関しても、味覚は人それぞれ千差万別である。
ミシュランの評価者が美味しいと思った料理が、私にとっても美味しいかどうかは疑問である。
その前に、ミシュランの評価者が何人か知らないが、日本人と欧米人では、味覚が全く違うのである。
もっと言えば、日本人と中国人でも全然違うし、一番日本人に近いと思われる、台湾人でも、日本人とは味の好みが全然違うのである。
私も、中国台湾には相当な回数行ったが、中国や台湾で美味しいとされているお菓子で、美味しかったものはひとつも無い。
ましてや、人種の違う欧米人などは、舌の構造が違うのではないかと思われるほど、味覚が異なる。
そんな奴等が美味しいと絶賛したからと言って、日本人にとって美味しいかどうかは、甚だ疑問である。
また、ミシュランの評価には、味や値段だけではなく、店員の態度などのもてなしに関しても評価しているが、欧米人には、そもそも「おもてなしの心」など無いのである。
これこそ日本固有の文化で、この「おもてなしの心」など、欧米人が理解できるわけが無いのである。
従って、ミシュランが偉そうに星をつけているが、そんなもの、何の役にも立たないのである。
一番情け無いのは、そんなことも分からずに、ミシュランの評価を有り難がって、星の付いた店に押し寄せている日本人達である。
美味しい店くらい、自分で探せ!

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ


高島彩に続き、2トップの中野美奈子もフジテレビを退社!

フジテレビの中野美奈子アナウンサーが、今年の夏でフジテレビを退社するそうである。
昨年、エースの高島彩アナウンサーが寿退社したばかりだというのに、高島彩と文字通り2トップだった中野美奈子も居なくなってしまうのだから、フジテレビのダメージはかなり大きいだろう。
1年前に結婚した旦那の整形外科医が、海外赴任するとのことで、それに同行するらしい。
中野美奈子は、香川県出身ということも有り、同じ四国出身者ということで、私も個人的に応援していた。
何と言っても、顔は、日本の女性アナウンサーの中では、一番可愛い事は間違いない。
正確は完全に男のようで、下ネタにも平気で参加するという、外見からは想像できないような性格らしいが、私はとても好きだった。
高島彩と中野美奈子の退社は、AKB48で言えば、前田敦子と大島優子が同時に抜けることを意味するのだから、フジテレビとしては非常に痛いだろう。
まぁ、芸能界、次々に若いタレントが出てくるだろうから、この2人を超えるような、可愛いアナウンサーが誕生することを祈りたい。

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能


高校野球の人気の無さは、目を覆わんばかりである!

高校野球も、人気が無くなってしまったものである。
私も20年ほど前から、ほとんど観ていないが、たまにテレビで見かけるたびに、観客数が減っているのが分かり、30年ほど前までのような、人気が全く無いことが一目で分かる。
可哀想なのは、選手達だろう。
甲子園を夢見て、恐らく、正月以外は休み無く練習してきて、地区の予選を勝ち抜いての夢の舞台。
ところが自分達の試合が始まってみると、スタンドはガラガラ。
夢で思い描いていたシーンとは、かなりかけ離れているだろう。
私が子供の頃は、春の選抜だろうが、夏の大会だろうが、どの試合も満員で、視聴率も相当高かった。
ところが最近では、一番人気が高いといわれてきた準々決勝でも、客席はまばらである。
ベスト8が1日で観られるということで、昔から、準々決勝の日は、なかなか入れなかったのだが、今では、閑古鳥が鳴いている。
もう、国民の関心もかなり低くなっているのだから、NHKで全試合放送する必要も無いのではないかと思う。
私のように受信料をちゃんと払っている者から言わせて貰えば、人気も落ち目で、国民の関心事で無くなった高校野球を、NHKで放送することは、公共の電波の無駄遣いである。
相撲と同じで、高校野球の放送もとっとと止めるべきだろう。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


ガンバ大阪の監督が解任された。鹿島アントラーズも他人事ではない!

ガンバ大阪の監督が早くも解任された。
Jリーグのリーグ戦3試合と、ACLの2試合、合わせて5試合全て負けてしまい、公式戦開幕5連敗という失態の責任をとらされたかたちである。
これまでの10年間、西野監督の下で、輝かしい実績をあげてきた強豪が、今年は見る影も無いチームになってしまっていた。
鹿島アントラーズも、他人事ではない。
Jリーグの開幕3連敗は同じである。
鹿島の場合は、ナビスコカップの試合で1試合勝っているので、全敗ではないものの、危機的状況には違いない。
2年ほど前から、世代交代がうまく進まず、天皇杯やナビスコカップで優勝して、毎年タイトルは辛うじて獲ってきたものの、リーグ戦では、優勝争いから遠く離れてしまっている。
今年こそはという意気込みで、OBの中から切り札とも言えるジョルジーニョ監督を招聘して、チームの立て直しを図ったのだが、悲しいかな、プレーをするのは選手達で、ジョルジーニョに高額の年俸を払わなければならない分、選手の補強は全くできていない。
野沢・田代たちが神戸に移籍し、課題の得点力アップに対しても、川崎をクビになったジュニーニョを獲っただけで、チーム力はむしろ落ちている。
大迫もあいかわらず結果が残せておらず、リーグ戦では3試合とも無得点という、悲惨な状態である。
強いときの鹿島は、FWが点を獲れなくても、2列目3列目からの飛び出しで、MFの選手達が得点していた。
チームの得点王がFWではなくMFという年も珍しくなかった。
しかしながら、得点ゲッターの野沢が居なくなり、昨年2桁得点をした田代も居なくなり、小笠原も、数年前のように自分で得点するというシーンは、めっきり無くなってしまった。
期待の柴崎も期待外れで、明るい将来像が描けない状態である。
試合を観ていても、大迫やジュニーニョがサイドに開いてボールを貰っても、ペナルティーエリアの中には、鹿島の選手が1人しか居ないことが多く、3、4人居る相手のDFに、簡単にクリアされてしまうシーンばかり見せられている。
この状態がもう少し続けば、ジョルジーニョ監督の解任という事態になりかねない。
ガンバと違うのは、サポーターも含めて、鹿島が勝てないのは監督のせいではなく、選手達に原因があることを、みんなが分かっていることである。
が、勝負の世界では、チームが結果を出せないときは、監督が責任をとるのが普通なので、解任劇になることも避けられないかもしれない。
ナビスコカップの試合で、ジュニーニョがPKを獲得し、自分で蹴って、移籍後初ゴールかと思われたときにも、キーパーに止められてしまい、初ゴールがお預けとなってしまった。
次のマリノスとの試合で、ジュニーニョが得点し、堰を切ったように得点を重ねて行ってくれることを期待したい。
マリノス戦は、横浜の日産スタジアムで、19時開始で、天気予報も雨らしいので、行こうかどうしようか迷っているが、頑張って観に行って、応援しようと思っている。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


飲み過ぎて、朝目が覚めたら11時だった!

私も50代になって、めっきりお酒が弱くなったと感じている。
今週は、月曜から水曜日まで、送別会などで、毎晩飲み会である。
月曜日、3連荘の初日なので、少しセーブすれば良かったのだが、生ビールを1杯飲んだ直後から、焼酎のロックをがんがん飲んでしまい、かなり酔ってしまった。
翌朝、目が覚めたら11時頃だった。
もう休もうかと迷ったのだが、夕方送別会があるので、午前中だけの半休を取って、午後は出勤した。
滅多に私の席など来ない上司が、その午前中に限って、来年度の契約書が法務からどっさり届いていたというので、私の席まで、持って来てくれたそうで、私が居ないことに気がつき、私の部下に、私の家に電話するように指示したそうである。
私としては、目が覚めたのが11時で、12時前には家を出発するつもりだったので、お昼前になって、わざわざ会社の電話して、午前中はお休みを取りますというのも、意味が無いと思って連絡しなかったのだが、そういう時に限って、上司にばれてしまうのである。
少なくとも、前の晩の飲み過ぎで、朝起きれなくて会社を休むなどということは、10年以上無かったことである。
にもかかわらず、その極めてレアな状況を、上司に知られてしまうとは、何たる不運。
マーフィーの法則である。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ


タイガーウッズが、2年半ぶりにPGAツアーで優勝した!

タイガーウッズが、2年半ぶりにPGAツアーで優勝したそうである。
それにしても、数年前まで、無敵を誇り、メジャー大会でも、かなりの勝率を上げ、ジャックにクラウスの記録を破るのも間違いないといわれていたタイガーだったが、人生というのは、どこでどう踏み外すのか、分からないものである。
3年ほど前から、怪我などで、それまで程の強さが無くなって来ていたところへ、例の女性騒ぎで試合にも出られない状態に陥った。
しかしながら、日本とアメリカの違いだろうか、僅か半年ほどで、マスターズに出場し、試合に出るようになった。
が、やはり、女性問題の後遺症なのか、なかなか勝てなかった。
そもそもタイガーウッズのスイングは、人並みはずれて速く、20代の頃は良いが、30代以降になると、同じスイングは出来ないのではないかといわれていた。
無理して続ければ、間違いなく、膝や腰を壊してしまうからである。
3年ほど前から怪我が絶えなかったのも、そのせいだろう。
年相応に、自分のスイングの改造をする必要があったはずである。
一方、周囲では、数年前から、タイガーウッズの独壇場を打開するべく、他の選手達が筋力トレーニングなどで、飛距離を伸ばし続け、特に20代前半の選手などは、タイガーよりも飛距離が出る選手も珍しくなくなって来ている。
逆に、タイガー自身は、自分の年齢と体力に合ったスイングに変えて来ているので、相対的には、かなり衰退していることになる。
タイガーは、飛距離だけでなく、幼少の頃から覚えた小技のテクニックなどでも卓越していたので、今後の優勝では、技で勝ち取るケースが圧倒的に増えるだろう。
が、タイガーの出現以降、自分の子供を幼少の頃からゴルフに馴染ませる親が増えているので、技の面でも、タイガーの優位性が保たれる保証は全く無い。
タイガーの出現が、世の中を変え、その変化が、タイガー自身の強さを相対的に無くしているのだから、皮肉なものである。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ


不動のセンター前田敦子がAKB48を卒業!

不動のセンター前田敦子がAKB48を卒業するそうである。
さいたまスーパーアリーナ3Days公演の最終日だった昨日、全ての演目を終えたあとに、前田が「きょうここで大きな決断をさせてください。私、前田敦子はAKB48を卒業します。私なりに頑張った6年半でした」と発表すると、AKB史上最大の衝撃発表に会場は騒然となり、メンバーは泣き崩れたそうである。
卒業時期は現時点で未定らしい。
2005年12月に秋葉原のAKB48劇場で初公演以来、不動のセンターとして、頑張ってきたのは、みんなが認めるところだろう。
が、どう見ても美人ではなく、3年ほど前に、テレビ東京の深夜のドラマで、初めて彼女を見た時に、何でブスが主演を演じているのか理解できなかったことを思い出す。
最近では、ソロデビューしたり、ドラマで主演したりしてきたが、充分な結果は残せていない。
まぁ、オタク族に支持されているだけで、一般庶民の価値観では、認められないレベルだろう。
卒業後の活躍は期待できないと思う。
AKB48も、20歳を超えるメンバーが多いが、20歳を超えて、あのような服を着て踊るのも見苦しい感じがぬぐえないので、今後も、世代交代で、中心メンバーが卒業していくだろうが、かつてのモーニング娘のように、あっという間にテレビから消えてしまう日も近いだろう。

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能


湘南ベルマーレ、春の珍事も今日で終わり。

開幕4連勝を飾り、春の珍事だと騒がれていた湘南ベルマーレだが、今日の第5節は、熊本に乗り込んでの試合だったが、3-3で引き分け、連勝がストップした。
常にリードされる展開だったが、後半に逆転して、奇跡の5連勝かと思ったが、終了間近に追いつかれてしまい、奇跡の5連勝は出来なかった。
負けはしなかったので、4勝1分けで、首位はキープしている。
勝ちきれなかったものの、3点獲る得点力は大したものである。
鹿島アントラーズなどは、リーグ戦で開幕3連敗、しかも未だに無得点である。
それに比べれば、上々の滑り出しといえるだろう。
この先まだまだ永い戦いが続くが、J1復帰を目指して頑張ってもらいたいものである。
鹿島は、このままだとJ2降格だ。

テーマ:湘南ベルマーレ - ジャンル:スポーツ


鹿島アントラーズの昨日の敗戦試合を観たが、GK曽ヶ端がダメだ!

昨日、広島に0-2で負けた試合のダイジェストを見たのだが、2点ともGKの曽ヶ端のミスである。
他のGKなら楽々クリアできるようなボールを、反応できずにゴールを許している。
30代になって、反射神経も衰えていることは事実だろうし、そろそろ正GKの座を譲る時期が来たのではないだろうか?
チームも開幕3連敗と、かなり深刻な状態なので、気分転換の意味でもGKを代えるのも良いだろう。
ちなみにGKの八木は、199cmと長身なので、GKとしての出番が期待できないのであれば、FWとして起用して貰いたい。
199cmなのである。
足技が下手でも、コーナーキックやフリーキックで、1試合に一度の割合で、ゴールを決めてくれれば、それだけで得点王である。
誰か、ジョルジーニョに伝えて欲しいものである。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


鹿島アントラーズ、広島に負けて開幕3連敗。今年も終わった!

今日の第3節、広島に乗り込んだが、0-2の完敗で、リーグ戦は開幕3連敗、しかも無得点。
今年も優勝の可能性は無くなったと言っていいだろう。
小笠原始め、鹿島の選手達は、インタビューなどで目標をきかれると、必ず、獲れるタイトルは全部獲ると答えていたが、この3年ほどは、虚しく聞こえてしまう。
3連覇した頃ならば、聞いているこちらも、有るかも知れないと思っただろうが、最近では、一昨年の天皇杯、昨年のナビスコカップと、最低条件の1年1タイトルは獲っているものの、肝心のリーグ戦では、優勝争いに全く絡めて居らず、期待すら出来ない状態が永く続いている。
いわゆる世代交代の狭間で、3,4年は低迷するだろうと思って、覚悟はしているが、やっぱり応援する側としては面白くない。
また、オリベイラにしてもジョルジーニョにしても、もっと若手を起用して、若手中心のチームにトライすればいいのに、相変わらず小笠原に頼ったチーム構成にしている。
この2年ほどの小笠原の衰えは目を覆わんばかりで、キックの精度のダウンや、フリーキックの威力も無くなっており、運動量も落ちているときては、かつての鹿島の大黒柱の面影はない。
一刻も早く、柴崎中心のチームにするべきだろう。
かつて、秋田をクビにしたように、小笠原や中田をクビにして、ブラジルから、若くて決定力のあるフォワードを連れてくるしかないだろう。
来週末の31日の、日産マリノスとの試合を観に行こうと思っているのだが、試合開始が19時と遅くて、未だ寒いだろうし、鹿島そのものも3連敗中で、次節も負ける可能性が高いので、観に行くのを止めるかも知れない。
自腹を切ってチケットを買ったのなら何としても観に行くだろうが、朝日新聞の懸賞で当たったチケットなので、気力が湧いてこない。
相手のマリノスも調子が良くないようだが、下手をすると、鹿島・マリノス・ガンバあたりが、J2降格の最有力候補になるかも!
まぁ、それくらいのショック療法でなければ、鹿島の再生は出来ないかも知れない。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


気象予報士などという資格制度は止めてしまえ!

昨夜の天気予報では、今日は最高気温が17度という予報だった。
曇りのち晴れということで、絶好のウォーキング日和だと思っていたのだが、晴れる気配もなく、気温も低かった。
ラジオを聴いていたら、気象庁が、11時の発表で、最高気温を11度に変更したというニュースが流れていた。
今朝時点でも、17度だと予報していたのが、僅か4時間後に6度も変更するとは、どういう事なのだろうか?
だいたい、何年も前に気象予報士という資格制度が始まって、各テレビ局で天気予報を担当していた連中が必死になって資格を取っていたが、いつまで経っても、気象庁の発表をそのまま伝えているだけである。
これは、予報士ではなく、伝達士である。
中学校で教わる気象の基本的な知識があれば、おおよその天気予報は我々でも出来る。
ただ、1日で激変して雪が降るとか、寒波が来るなどといったことは、気象庁の天気図を見ただけでは予測できない。
一般市民よりも、多少なりとも、気象予報士の資格を持っている奴は、気象のことに詳しいはずなのだから、自分達のプライドにかけて、自分達で独自の予報をして、それをテレビなどで報道するべきなのである。
そうすれば、一般視聴者の方で、どこの局のどの予報士が当てる確率が高いのか低いのかを評価することが出来る。
ところが、今は、気象予報士という資格は、若い美人の女子大生が、テレビの天気予報のコーナーを射止める為の手段になっているだけで、それ以外に存在価値が無い状態である。
そんな下らない資格に、それなりの税金を投じる意味が全く理解できない。
結局、気象庁の予報官が出した予報を、全てのマスコミで同じ内容を報道しているだけなのであり、19世紀から全く進歩していないのである。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術


「いきものがかり」が、ついにNHKのオリンピック中継のテーマソング担当!

「いきものがかり」が、NHKのロンドンオリンピック放送のテーマソングに内定したようである。
五輪放送の注目度は高いので、毎回テーマソングもヒットにつながっている。
最近では、アテネ五輪の「ゆず」の「栄光の架橋」や、北京五輪のMr.Childrenの「GIFT」などが大ヒットしたことは記憶に新しいところである。
NHKは、これまで、五輪放送のテーマソングには、幅広いファン層を持つ人気アーティストを起用してきた。
「いきものがかり」は、紅白歌合戦にも4年連続で出場しているし、何と言っても朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌、「ありがとう」が大ヒットした実績がある。
現在でも、CM、映画、ドラマなどのタイアップも多い。
「いきものがかり」は厚木の高校の仲間で作ったグループで、海老名駅などで、路上ライブをしていたところを、認められてメジャーデビューしたグループである。
私がいつも利用している、小田急線の海老名駅と本厚木駅では、電車の到着を知らせるジングルが、「いきものががり」の曲である。
これは、2年ほど前だったか、「いきものがかり」が、デビュー前に本厚木駅前や海老名駅前で、路上ライブをやっていたことに感謝して、著作権を行使しないで、小田急線に使用することを認めたのである。
彼等がストリート活動をしている頃は、私は大森に通っていたので、海老名駅といえば、小田急線と相鉄戦を乗り換える中継地で、外に出てうろつくことはなかった。
もしその頃、今のように、海老名に事業所があって、そこに通っていたら、メジャーデビュー前の「いきものがかり」をみていたかも知れない。
頑張れ、「いきものがかり」!

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽


日本のマスコミは、何でこんなにレベルが酷いのだろうか?

日本のマスコミのレベルは本当に低い。
先進国で、これほどレベルが酷い国は無いだろう。
政治・経済方面では、大手マスコミは、政治家や企業トップなどに対しては、普段から情報を貰うために、媚びへつらっている。
こんなことだから、核心を突いたような、鋭い報道が出来ないのである。
逆に、フリーのジャーナリスト達は、舌鋒鋭く切り込んでいるのが多い。
スポーツ系では、相変わらずのプロ野球偏重である。
2月のキャンプの頃から、誰も知りたくないような、キャンプ情報ばかりである。
どの投手が、いつからブルペン入りするとか、誰が今日は何十球投げたとか、馬鹿じゃないかと思う。
投げた数を数える方も数える方である。
大の大人が、男に生まれてきて、沖縄や九州のキャンプ地で、若手投手の投球数を数えているなんて、親が聞いたら泣くだろうし、子供が居たら恥ずかしくて話せないだろう。
自分自身でも、「俺、何やってんだろう?」と疑問に思わないのだろうか?
今年はオリンピックイヤーで、昨年の後半から、オリンピック代表権をかけた、激しい戦いや人間ドラマが、いろんな種目で繰り広げられているというのに、何年経ってもプロ野球のネタばかり。
これでは、売り上げが伸びないわけである。
芸能系では、毎日のように、熱愛発覚とか、離婚とかの報道ばかりである。
最近では、写真週刊誌だけではなく、大手のマスコミまで、モデルやお笑いタレントを見張って、特ダネを獲ろうと必死である。
こいつらも、人間に生まれてくる資格の無いような奴等である。
こういう奴に限って、プライバシーを侵害された被害者から文句を言われると、例外なく、「一般市民の知る権利を守るためです。」などと、訳の分からないことを言う。
我々一般市民は、別に、誰が誰とくっつこうが離れようが、そんな下らないことは知りたくないのである。
こんなことを知りたがっているのは、バカな女どもだけなので、低俗な話は女性週刊誌だけに任せておけば良いのである。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


久々の、「東京電力、取締役会議」、書記のつぶやき付きバージョン!

社長 :最近、枝野からコストダウンしろって、良く
    言われるんだが、コストダウンて何をすれば
    良いんだ?
副社長:実は、私もよく分からないんですよ!
書記 :嘘だろう?こいつら、バカぞろいか?
    コストの意味も知らないなんて、社会人
    失格じゃねぇか!
取締役A:コストというくらいですから、お金に関係
     することじゃないでしょうか?
社長 :それくらいは私でも想像しているさ。
取締役B:報道のニュアンスから予想したのですが、
     我が社から出ていくお金を減らせと言う
     ことだと思いますが。
取締役C:私も同感です。恐らくそうだと思っていま
     した。
副社長:出ていくお金って、具体的には何なんだ?
取締役B:政治献金や原発立地地区への補助金
     ですね。
     この2つが一番多いですよ。
書記 :おいおい、コストといえば、原材料費や
    人件費や、その他の経費が最初に出てくる
    のが普通だろう!
取締役C:民主党になってからは、自民党だけでなく、
     民主党の先生方にも裏金を渡さないといけ
     なくなりましたので、出費が倍になり
     ました。
社長 :裏金を何百億も払っているのに、文句を
    言われたんじゃぁ、やってられないよなぁ。
副社長:一度、裏金をばらすぞって、脅かしてやっ
    たらどうですか?
社長 :そうだなぁ、クビになる時にやってみるさ。
取締役B:原発を受け入れて貰って自治体への
     補助も、数百億円にのぼりますから、
     大きいです。
副社長:そうだよなぁ、福島の連中だって、誰の
     お陰で裕福な生活がおくれてきたと
     思ってるんだと言いたいねぇ。
社長 :まったくだね。
書記 :こいつら、何様のつもりなんだ!?
    原発事故の前と、何も変わってないじゃん。
取締役D:出ていくお金という意味では、人件費など
     も含まれるのでは、ないでしょうか?
書記 :良いこと言うじゃん!
副社長:コストダウンと言われているんだぞ。
     人件費なんか、ダウンできるわけ無いじゃ
     ないか?
取締役D:申し訳ありません。
書記 :って、ちょっと待てよ!
社長 :人件費という意味では、何百人もいる天下り
    族の給料は、削っても良いかもなぁ。
書記 :その前にクビにしろよ!
取締役A:石油などの火力発電用の原料費などは
     いかがでしょうか?
社長 :それは必要経費で、法律で認められているん
    だから、我々が何かする必要は無いよ。
取締役A:申し訳ございませんでした。
書記 :おいおい、今、その法律が問題視されて
    いるところだろう!
取締役C:社宅や保養所などの福利厚生設備の売却
     なども、一時、マスコミで散々叩かれ
     ましたけど。
社長 :ばか、それはすっとぼけ作戦だよ。
     「人の噂も75日」というじゃないか。
     何と言われても、のらりくらり、もう
     1年くらい引き延ばせば、世間も忘れ
     てくれるさ。
取締役A:私たちが出張の時に、ファーストクラスを
     使ったり、ホテルでスイートルームに
     泊まったりしていることも、問題に
     なるんでしょうか?
書記 :本当かよ? ふざけるなよ!
副社長:バカ言え!それは我々の特権じゃないか。
    みすみす手放してたまるか!
    我々がばらさなければ、世間にはばれないん
    だから、君たちも、絶対に口外するなよ!
書記 :って、駄目だこりゃ!
取締役B:これまでずっとやってきました、為替差益の
     誤魔化しは、大丈夫でしょうか?
社長 :実は私もそっちは気にしていたんだよ。
    これまでは、電気料金の構成など、誰も気に
    しなかったので、燃料の石油の仕入れ価格や、
    仕入れ時の為替レートなどは、誰もチェック
    しなかったので、自分達の都合の良い数字を
    使って、毎年、1,000億程度儲けてきたが、
    今回の震災で、電気料金の構成を、猪瀬など
    を筆頭に、いろんな連中が調べているから、
    そのうちばれちゃうかもなぁ。
書記 :これって、完全に犯罪だろ!?
副社長:社長、縁起でもないことを言わないで
    下さいよ!
社長 :いやいや、いつばれてもおかしくないよ。
副社長:その時にはどうされるんですか?
社長 :決まってるだろう、会長のせいにするん
    だよ!
副社長:なるほど! 嘘じゃないですもんね!?
取締役B:コストダウンの検討はいかが致しま
     しょうか?
社長 :我々素人が考えても無理だろう。
    今度、マスコミの連中に聴いておくよ。
書記 :やっぱり、こいつら全員をクビにしないと
    駄目だわ!

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


東京電力、ふざけるな! やれることを全てやってから、値上げしろ!

毎日、これでもかと言うほど、東京電力の呆れる話題が報道されている。
この1週間では、事業者への17%の値上げの件であろう。
値上げの義務と権利を持つ企業である東京電力の値上げ問題で、東電は謝罪と訂正に追い込まれた。
事の発端は、東電が個別に期間を決めて電気供給契約を結んでいる大口顧客(企業)に対して、4月1日からの値上げを一方的に書類で通知したことである。
契約期間内の値上げには、当然、顧客の同意が必要だが、東電はその点を明記せず、もし値上げが了承できない場合は3月中に連絡してくださいと記載するだけで、申し出がなければ了承と見なすつもりだったらしい。
ところが、批判を受けて、相手の明確な了承が得られない場合は、期間内の値上げはしないと訂正した。
誰も気が付かなければ、すっとぼけようとしたのだろうが、事業者側にとって、17%の値上げで、月間の電気料金が数百万円も高くなってしまう企業が多いのだから、年間契約をしているのに、その途中で一方的に値上げだと言われて、反発が来ないと考えること自体、常識を疑いたい。
まぁ、東京電力に、常識を求めること自体が、無い物ねだりであると思うが、それにしても、この期に及んでの、世間をバカにした振る舞いに、本当に呆れてしまう。
枝野じゃないが、こんな会社は、一度潰さないと、絶対に良くならないだろう!

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


長崎のストーカー殺人事件、千葉県警はストーカーの被害届を受け取らず!

長崎で起きた、ストーカー殺人事件。
殺されたのは、狙われた女性の母親と祖母だった。
もともとは、千葉での出来事である。
千葉に住む女性に対するストーカーで、警察にも何度か相談が出されていた。
それでも改善されないと言うので、女性の父親が、千葉県警に被害届を出しに行ったら、他の事件で忙しいからという理由で、受け取って貰えなかったそうである。
県警からは、一週間後に来てくれと言われ、一週間待って提出したらしいが、その2日後に、遠く離れた長崎で殺人事件が起きたのである。
それだけならば、残念な出来事で終わるのだが、今日の警察庁の発表では、千葉県警の、この県の係の連中は、父親の最初の届け出を受け取らなかった3日後に、慰安旅行で、2泊3日の旅行に出かけていたというのである。
千葉県警側は、被害届を受け取らなかったのは慰安旅行のせいではないと言っているが、そういう問題では無い!
警察庁は、この件について、緊張感に欠けていると言われても仕方がないとコメントしていたが、お前等こそ、緊張感のかけらも見られないと言いたい。
この怠慢のせいで、何の罪もない人が2人も死んでいるのである。
ところが、この怠慢警察官達は全く処分もされていないのである。
また、この事件の振り返りを警察庁が行った際に、千葉県警は、この事実を隠していたのである。
昔から当たり前のように繰り返されてきた、警察内部の隠蔽体質がそのまま出ている。
身内には優しく、一般市民には極端に冷たいのが、日本の警察の実態である。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


松山千春が衆議院選挙に立候補!? 政治をなめるなよ!

松山千春が、次の衆議院選挙に立候補するかもしれないという話である。
国会内で開かれた勉強会で、年内にもといわれる衆院解散に触れ「自分も一緒になって、参加する用意はいつでもできている」と語ったそうである。
選挙区は、地元の北海道を想定しているそうだ。
鈴木宗男が5年間、公民権停止で選挙に出られないので、宗男の代役という感じなのだろう。
コンサートでの毒舌などは、非常に面白くて、今でも人気があるが、コンサートでのMCと、政治の演説では、求められるものが違うだろう。
何を隠そう、私は大学生の頃、松山千春のコンサートでアルバイトをしたことがある。
30年以上前だが、当時は髪もふさふさで、痩せていて、ハンサムで、凄い人気が有った。
私の仕事は、ステージのすぐ下で、ステージに駆け寄ってくる女性ファン達を防ぐ役目だった。
従って、コンサートの最中、ずっと客席の方を観ていなければならない。
が、私も千春のファンだったので、結局、全部、ステージのショーを観ていた。
そんな千春も、いつしかつるっぱげになり、毒舌オヤジになり、鈴木宗男のような曲者とつるんで政治活動をするようになるとは、時の流れは恐いものである。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


R-1グランプリ、準優勝のスギちゃんがブレイクするのでは?

昨夜のR-1グランプリ、残念ながら、漫才コンビの片割れが優勝してしまった。
ピン芸人の大会なのに、コンビ芸人が優勝してしまうのは、何とも残念である。
昨夜の決勝で、優勝は逃したものの、スギちゃんは人気が出そうである。
1年前のAMAMIYAも、優勝できなかったが、ギターを弾きながらシャウトする「冷やし中華、始めました。」でブレイクした。
今回も、スギちゃんの「ワイルドだぜ~」が妙に耳に残ったし、憎め無いキャラクターも高感度をあげている。
ネタも、派手さは無いが、結構意外性の高いネタが多く、私もついつい笑ってしまった。
ホリプロのスカウトキャラバンで、グランプリよりも審査員特別賞を獲った子がブレイクするというジンクスがあるように、R-1グランプリでも、優勝者よりも準優勝した芸人の方がブレイクするというジンクスが出来るかもしれない。

テーマ:R-1ぐらんぷり - ジャンル:お笑い


最近のガソリン価格の急騰は何なんだ!

昨日、ガソリンスタンドに行って驚いた。
1リッター156円だったのである。
値上がりしているとは聞いていたが、これほどまでに高騰しているとは、驚きである。
3月の頭に箱根に出かける予定があったので、2月の下旬にガソリンを入れた時には、132円程度で、それでも未だ高いと思っていたのに、156円とは驚きである。
3年ほど前に、やはり150円以上の高騰した際、当時野党だった民主党が、このような高等時は、ガソリン税を免除するといった政策が必要だと声高に訴え、総選挙の時のマニフェストにも明記していたはずである。
ところが、政権をとって、子供手当てや高速道路無料化などの政策が中止される前から、何かのきっかけで、ガソリン税の件がご破算にされたと記憶している。
民主党の場合は、沖縄基地の県外移転に始まり、マニフェストに明記した基本政策が、ことごとく撤回されてしまうので、個々の政策の経緯を覚えていることも出来ないが、実際にガソリンが再び高騰している今、当時の政策を思い出してもらいたいものである。
150円を超えるような極端な高騰では、輸送費がことごとく値上がりし、産業全体の足を引っ張ってしまう。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


春の珍事はいつまで続くのか?湘南ベルマーレが開幕4連勝!

今日は、J2の第4節が行われた。
開幕3連勝を飾った湘南ベルマーレ、今日はホームにFC岐阜を迎えての一戦だったが、2-1でからくも逃げ切って、開幕4連勝を飾った。
湘南と同様に開幕3連勝を飾った、甲府と水戸が負けてしまったので、唯一4連勝の湘南ベルマーレが、単独首位である。
この春の珍事はいつまで続くのだろうか?
バカ監督の反町が居なくなったのが一番のチーム改善だったと思うが、選手達も大幅に入れ替わっているようで、私が知っているのは、坂本くらいである。
元々、それほど湘南ベルマーレをウォッチングしていたわけではないので、どれくらいの選手が入れ替わったのか、ハッキリとは知らないが、少なくとも私が知っている選手は一人だけになってしまった。
監督も知らない。
そういう意味では、全く愛着の湧かないチームだが、我が家から車で20分ほどの所にホームスタジアムがあるチームなので、この勢いを維持して、J1に昇格して貰いたい。
そうすれば、2年前のように、鹿島アントラーズの試合を、近所のスタジアムで観ることが出来て、ハッピーである。
10節が終わった頃に、まだ昇格圏内にいるようなら、応援に行くかも知れない。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


鹿島アントラーズ、公式戦初勝利! そして2得点!

ヤマザキナビスコカップの予選リーグ初戦、鹿島アントラーズは、ホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦だった。
春分の日で祝日と言うこともあり、1万人以上のサポーターが詰めかけたようである。
2-0で勝利し、ジョルジーニョ新監督にとっては、公式戦の初勝利をようやくあげることが出来た。
ただ、ヴィッセル神戸側は、大久保や伊野波などの主力選手を何人か帯同してこなかったので、今日の勝ちを素直に喜べないものもある。
神戸は、大型補強の成果で、開幕2連勝を果たしたが、鹿島アントラーズは、野沢・田代が神戸に移籍すると言うこともあり、戦力ダウンの状態で開幕を迎えたわけだが、開幕2連敗、しかも無得点と、最悪のスタートだった。
今日も、中2日というハードスケジュールながら、先発メンバーはほとんど変更無し。
センターバックの中田がお休みで、新人の山村がその代わりに起用されていた。
前半に、大迫と遠藤が得点し、2-0の勝利だった。
が、後半にジュニーニョがPKを獲得し、自ら蹴ったのだが、キーパーに止められてしまい、鹿島移籍後の初得点は、またしてもお預けとなってしまった。
なかなか初得点までの道のりが長そうである。
実は、先週、朝日新聞の販売店がやっている、各種チケットの抽選に応募しておいたところ、またしても、3月31日の日産スタジアムでの、鹿島アントラーズ対横浜マリノスのペアチケットが当たった。
これで3回目である。
ただ、開幕2連敗という事もあり、もしチケットが当たっても観に行くのを止めようかと迷っていたのだが、今日の勝利で、少し前向きになってきた。
できればジュニーニョにもPKでも良いから得点して貰い、調子に乗ってもらいたかったが、そこまではうまくいかなかった。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


R-1グランプリに、漫才コンビの片方が出場するのは、いかがなものか?

今夜、フジテレビでR-1グランプリの決勝が行われる。
この数年間、ハッキリ言って、あまり面白くなかった。
去年だったか、ギターのAMAMIYAの「冷やし中華始めました」というネタが面白かったくらいで、それ以外の連中は、面白くなかった。
また、最近の大会では、漫才コンビの片方が出場して、上位に食い込んでくるケースが多いが、これはいかがなものかと思っている。
そもそもR-1グランプリとは、ピン芸人の大会である。
そこへ、普段2人・3人でやっている連中が、個人で参加して、しかも上位に食い込んでしまうのは、本来の主旨と違うではないかと言いたい。
急造のピン芸人が、上位に食い込んでしまうこと自体も問題だと思うが、それはそれである。
数年前も、博多花丸・大吉の花丸が出場し、得意の児玉清や川平滋英のモノマネネタで優勝してしまった。
確かに面白かったことは認めるが、ピン芸人の為の大会がぶちこわしである。
今日の決勝進出者のメンバーを見ても、漫才コンビの片割れが、大勢決勝に残っている。
逆を言えば、ピン芸人達のレベルが低いと言うことなのだろう。
ならば、R-1グランプリそのものを止めるべきである。

テーマ:R-1ぐらんぷり - ジャンル:お笑い


オウム真理教の地下鉄サリン事件から17年、もっと恐いのが創価学会だ!

今日で、オウム真理教による地下鉄サリン事件から17年だそうである。
あれからもう17年かと思うと、本当に早い感じがする。
あの頃、私自身も伊勢原から大森に遠距離通勤をしており、小田急・相鉄・JR京浜東北線と、3本の電車を乗り継いで通っていたので、他人事では無かった。
また、その事件の直後にも、私が毎日利用していた横浜駅の地下の乗り換え用の通路で、異臭騒ぎがあり、毒ガスではないかというので、特殊部隊が出動して大騒ぎになったこともあり、本当に恐い思いをしたものである。
それでも、規模の小さい新興宗教集団だった為に、教祖の麻原が逮捕されてしまえば、教壇としての活動は出来なくなってしまった。
一部の幹部が残って、教団そのものは残存しているが、かつてのオカルト教団ではなくなっているようである。
そういう意味では、規模が小さかったのが幸いである。
ところが、規模が大きなとんでもない教団がある。
創価学会である。
池田大作という国賊が率いる教団で、日本だけでなく、世界中に数百万人の信者を抱えている。
聖教新聞という自前の新聞も発行しているし、何と言っても、公明党という私設政党を作って、国会議員を何人も国会に送り込んで、自公連立政権では、長く政権内部に居た。
公明党の政治家は、池田大作のロボットであり、自公連立が永くなってからは、自民党の有力議員までもが、池田大作詣でをするといった状態で、日本の政治を操る怪物と化していた。
そもそも創価学会というのは、日蓮正宗というインチキな宗教を信じる集団なのだが、実際は、池田大作のことを池田大先生と呼び、池田大作の為なら何でもやるという危険人物が何十万人も居るのである。
池田大作が戦争するぞと言えば、喜んで戦地に向かう鉄砲玉が、うようよ居るのである。
地下鉄サリン程度のテロ行為なら、喜んで実行する奴が、首都圏だけでも10万人以上いるだろう。
政教分離を明記した憲法を完全に無視した国賊集団である。
このようなオカルト教団を許していては、北朝鮮よりも危ない集団を、国内に抱えているのと同じである。
宗教法人ということで、税金の面でも優遇されているので、この際、このオカルト集団の宗教法人としての資格を剥奪して、一般の企業として税金を巻き上げて、被災地の復興支援に充てるべきである。
きっと、相当汚い金の運営をしているはずである。
池田大作もかなりの高齢のはずなので、こいつが死んだ後、誰が、このオカルト集団をまとめていくのかで、内紛が起こるかも知れない。
下手をすると、主導権争いは、山口組の抗争よりも恐ろしい惨劇が繰り返されるかも知れない。
なぜなら、宗教で操られている連中というのは、死ぬことも全く恐れないからである。
イラクで繰り返された自爆テロや、古くは、日本の神風特攻隊も同じである。
当時の、国家神道の教育によって、天皇陛下を神と敬い、天皇陛下の為なら死ぬことも厭わないという若者が大勢育ったわけである。
創価学会は、まさしく、宗教によって、操り人形をいっぱい作っている状態で、非常に危険な集団である。
一刻も早く、宗教法人の資格を剥奪して、ざくざく状態の運営資金を搾り取り、資金面で干上がらせて、潰してしまうべきである。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済


ヨーロッパ旅行の高さにビックリ! スイス8日間が40万円!

入社30年の記念として、20日間の休みと30万円の旅行券が贈られたので、家内と2人でヨーロッパ旅行に行こうと、少し調べてみた。
家内がスイスに行きたいというので、調べてみると、1人40万円である。
2人では80万円、スーツケースや家内のパスポートや、成田への往復の交通費や、お土産などを考えると、下手をすると100万円に達するのではないかと思う。
私は、せっかくスイスまで行くのなら、出来ればフランスにも寄って、ベルサイユ宮殿やルーブル美術館も行ってみたいと思っている。
同じことを考える人が多いようで、スイスメインで、帰りにフランスにも寄るというツアーも用意されているが、40万円を超える値段で、本当に、総額100万円コースである。
貰ったのが30万円なので、騙されたような結果になりそうである。
末娘が、今年から大学生で、しかも看護系の学科なので、年間の費用が200万円弱である。
自分達の旅行に70万円も自腹を切る余裕がないのである。
かといって、ヨーロッパなど、年齢を考えると、夫婦で行けるのは最後のチャンスかも知れない。
何とか行きたいのだが、何か良い知恵をお持ちの方がいらっしゃったら、ご教示願いたいものである。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行


鹿島アントラーズ、今日はホームでナビスコカップの予選リーグ戦。

Jリーグでは開幕2連敗と、ジョルジーニョ監督の初勝利が遠い鹿島アントラーズだが、今日は、ヤマザキナビスコカップの予選リーグの初戦で、ホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦である。
ヴィッセル神戸といえば、昨年末の移籍で、野沢と田代という主力選手が鹿島から移籍したチームである。
更に今年になって、鹿島からベルギーに行っていた伊野波が加入したと言うことで、鹿島にとっては因縁の相手である。
田代は手術の療養中で、伊野波は帯同されておらず、今日の試合では野沢だけが出場している。
私は鹿島アントラーズのHPで実況している「ライブアントラーズ」を聴いている。
先程も神戸のコーナーキックの時には、キッカーの野沢に対して、もの凄いブーイングだった。
それ以降も、野沢がボールを持つと、激しいブーイングの荒らしだった。
神戸は、鹿島からの補強だけではなく、ガンバ大阪からも橋本を補強するなど、今年の補強では、一番目立つ補強をしていて、Jリーグでも、その結果が現れて開幕2連勝と好調である。
川崎フロンターレのお古のジュニーニョを獲った鹿島アントラーズとは、えらい違いである。
開幕の2試合では、まだ1点も獲れて居らず、これまで以上に得点力の無さが課題になりそうである。
と書いているところに、大迫がようやく1点獲ったようで、3試合目にして初得点である。
開幕の2試合をテレビで観たが、2列目3列目から飛び出してくるような選手が居ないのが問題である。
これまでは野沢がその役割を果たしていたのだが、遠藤や柴崎がそういったプレーが出来ていないので、相手のディフェンス4人に対して大迫とジュニーニョの2人だけで対処するという状態なので、なかなかシュートも出来ない。
大迫やジュニーニョがサイドに開いている時でも、2列目3列目の選手が飛び出してこないので、ペナルティエリアの中に、鹿島の選手が1人しか居ないという状態が多い。
これが改善されれば、自ずと結果は付いてくるだろう。
本山はそれを出来る選手なのだが、初戦こそ、中盤のダイアモンドの頂点に起用されたのであるが、2試合目から、従来の台形に戻した為に、本山の出番が無くなってしまっている。
今日も先発していない。
今やベテランとなってしまった本山の使い方を、ジョルジーニョ監督がどう工夫するのかが、浮上のポイントだと思う。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ


3ヶ月ぶりにウォーキングした。梅が満開だった!

昨年末から、あまりにも寒いのでウォーキングをしていなかった。
2月以降も、土日の度に天気が悪いというパターンが続いていたので、少し無理をすれば歩けないほどの寒さではなかったのだが、結果的にはずっとしていなかった。
今日は春分の日で、お休みなのだが、朝から快晴で、風も弱く、絶好のウォーキング日和だったので、迷わず出かけた。
11時頃から14時頃までの3時間、ハイピッチでウォーキングした。
何と言っても、梅が満開で綺麗だった。
やっぱり屋外を歩くウォーキングは、季節感があって良い。
冬場は、イチゴ農家のイチゴの販売風景くらいしか見るものはないが、これからは、梅に続いて桜が咲き始める。
桜が散ると同時に梨の花が満開になる。
梨の花も散る頃にはツツジが咲き誇るようになる。
GWの頃には、ビワの実が熟してくる。
初夏になると、桃、メロン、ブドウ、梨、そして晩秋には柿と、次々に果物が収穫されて、農家の軒先に並ぶ。
それを歩きながら品定めして、帰ってシャワーを浴びた後に、車で買いに行くのである。
もちろん、果物だけでなく、野菜もいっぱい安く売られているので、むしろ野菜の方がメインと言っても過言ではなく、ビニール袋にいっぱい野菜や果物を買って帰るのである。
本当にこれからは良い季節である。

テーマ:ウォーキング - ジャンル:ヘルス・ダイエット