FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



たいへんだ!中国が今後5年間で、原発を3倍に増やすらしい。絶対に事故が起きる!

中国が今後5年間で、原発を3倍に増やすという方針を打ち出した。
石炭を燃やす火力発電が、PM2.5の最大の原因といわれているだけに、大気汚染問題を解決するためと、電力の安定供給の両面から考えても、間違った考え方ではない。
しかし、この件で問題となるのは、その安全性である。
中国といえば、世界一の手抜き工事の国である。
竣工直前のダムが崩壊したり、新築のマンションが入居直前に倒壊したり、最近では新幹線が脱線して高架下に落下したりと、手抜き工事が原因の事故は、枚挙に暇が無い。
上記のような事故だけでも大変な問題なのに、原発事故となると、その影響は日本にも及ぶ。
放射能が偏西風に乗って日本にも飛んでくるし、東シナ海の海洋汚染も深刻である。
中国人の認識としても、北京や上海で震度6以上の地震が起きると、8割くらいのビルが倒壊するだろうと考えられている。
歴史的に見ても、大きな地震が起きる可能性は低いが、四川省の大地震のようなことが起きない保証は無い。
それ以前に、手抜き工事が当たり前の中国人たちによって建設された原発が、何の問題も無く稼動できるとはとても思えない。
国内の原発の再稼動問題をチマチマと議論している場合ではない。

スポンサーサイト




中国から輸入しているカシミア製品は、その大半が偽物だった!

昨夜のテレビ東京の報道番組WBSで、スクープ報道があった。
中国最大のカシミア生産拠点で、その大半が偽物を作っていたと言うのである。
本来、カシミアと呼べるのは、カシミアヤギという特定の種類のヤギの毛を原料にして作られたものだが、中国最大のカシミア生産拠点である河北省清河県の東高荘村では、普通のヤギの毛を使っていたのである。
WBSの取材班のインタビューに対して、現地の生産業者たちは悪びれる風も無く、平然とテレビカメラに向かって、普通のヤギの毛を使って造っていると公言していた。
理由は簡単で、カシミアヤギの毛は、普通のヤギの毛に比べて10倍以上高額だからだそうだ。
業者たちは異口同音に、カシミアヤギの高い毛を使うと儲からないので、最近はずっと普通のヤギの毛を使っていると話していた。
従って、中国から輸入されているカシミア製品の大半は、間違いなく偽物と言うことになる。
まぁ、犬や猫の毛ではなく、同じようなヤギの毛を使っているだけでもましなのかもしれない。