FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



デパートが消えていくだけでなく、スーパーの経営も危機的状態にあるらしい。

昨日の夜、テレビ東京のWBSを見ていたら、驚くようなニュースがあった。
デパートがその存在意義を失い、毎年閉店ラッシュで数を減らしているのは知っていたが、スーパーも経営が危ないというのである。
その理由は、Amazonなどのネット販売&宅配ビジネスが大幅に成長している影響で、スーパーの売り上げが毎年減少しているというのである。
番組では、その対策に乗り出しているイオンの取り組みを紹介していた。
どこの店舗か忘れたが、紹介された店舗では、イートインコーナーを新設して、店内で販売している惣菜やお弁当などを、持ち帰って家で食べてもらうのではなく、買ったその場で食べてもらおうという作戦らしい。
実は私も今年の夏休みに四国の実家に帰省していた時、近くで一番大きいスーパーがイオンで、そこに買い物に行った際に、スイーツと珈琲をイートインコーナーで飲食したのである。
それほど広いエリアではなかったが、店舗そのものが広いので、狭いとはいえ、30席くらいのテーブル席があり、比較的ゆったりとしていた。
番組で紹介された店舗の店長がインタビューに答えていて、「昔は材料を買って帰って家で作って食べていた。最近では、出来上がったものを買って帰って家で食べるようになった。これからは、買ったその場で食べて帰っていただく。」と胸を張って話していた。
確かに、出来立ての温かい物を買っても、家に帰る頃には冷めてしまうのだから、暖かいうちにその場で食べるというのは合理的である。
ターゲットは独居老人や独身者だろうが、今後増えていく人種なので、狙いとしては間違っていないかもしれない。
それにしても、デパートを駆逐して成長産業かなと思っていたスーパーの業界も、ネット販売に押されて苦戦しているというのは、ある意味驚きだった。
解説者のコメントも面白くて、「日本人の胃袋を誰がつかむかという戦争だ。」ということだった。
「食」をめぐる競争は、今後も激しさを増すのだろう。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/4914-37002c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)