FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



海老名の市立中学校で、指定ジャージの競争コンペをやって2割も安くしたそうだ。

私はこのブログで、何度も、学校の制服や修学旅行などにおいて、業者と学校との癒着関係が有ると申し上げてきたが、くしくも私の近所で、この関係を払拭する動きが出てきたらしい。
海老名市立海老名中学校で、今年の夏に、指定ジャージの変更に伴うコンペ(企画競争)を実施したそうである。
当初の予想を大幅に上回る13社が参加し、「現行のジャージーより2割安く、伸縮性など質の良いものが選定できた」とのことである。
市教育委員会は「競争原理が働いた」として評価していて、他の市立中にもコンペの実施を呼び掛けていくそうだ。
海老名市では、昨年度から市教委が主導して保護者が負担する制服やジャージ、上履き、副教材、修学旅行など各経費の見直しを検討してきたそうだ。
具体的な価格については、現行のジャージの上下(税込み9,396円)、ハーフパンツ(税込み2,268円)よりも合計額で2,664円低く抑えられ、合計で9000円になったそうである。
私の感覚では、もっと安くなってもおかしくないので、これが常態化されれば、もっと参加する業者が増えて、半額程度にはなるだろう。
ジャージですらこうなのだから、制服や修学旅行の旅費などの高額なものに関しては、もっと大幅な経費削減ができるはずで、半世紀以上も続いた癒着関係にようやくメスが入ることになるかもしれない。
田舎の町では、ほとんど服が売れていないのに、潰れずに営業している洋服屋が良く見かけられるが、必ず、どこかの高校や中学校の制服や指定体操着の指定店になっていて、それだけで経営が成立しているようだ。
逆に考えれば、この手の制服や体操着はボロ儲けの商売だと言うことで、その負担は生徒の親たちが負担し続けてきたと言うことである。
一言で言えば、この世の中に無駄な存在だったものが、延々と半世紀以上も生き続けてきたのである。
こういう存在は可能な限り早期に排除するべきで、普段ろくなことをやらない文科省あたりが全国の公立学校に声をかけて、同様のコンペや入札を行わせるべきである。
やり方を間違えると、ユニクロなどの大手が文科省の役人に賄賂を渡して、多くの学校の制服や体操服の指定を取りかねないので、マスコミのチェックが必要ではある。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/5977-86ffacbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)