FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Queenの映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行こうと思っていたのだが、止めた。

最近、Queenの映画が封切りになるという話を聞いて、観に行こうかどうしようかと迷っていた。
Queenといえば、私が高校生の頃に日本で火が付き、世界的なバンドに成長して行った。
当時、私も一番好きなグループがQueenだったので、暇さえあればQueenのLPを聴いていた。
何度も何度も聴いていたので、歌詞も今でもほとんど覚えている。
日本では、CMに使われたり、BGM的な使われ方もしていた。
ほとんどの曲を作詞・作曲していたフレディー・マーキュリーがエイズで死んでからの活動は良く知らない。
映画の紹介ビデオなどを観ていると、主演の男優がちょび髭を生やしてフレディー・マーキュリーに似せていたので、映画を見ている最中で可笑しくて吹き出してしまうのではないかと思ったので、観に行かなかった。
ところが、先週末の情報番組で、この映画の公開初日の様子を紹介していたが、都内の大きな映画館で、観客が全員ペンライトを持って、合唱していた。
70年代後半から80年代にかけての曲がほとんどなので、ファンは当然歌詞も暗記しているのである。
逆に、その様子をテレビで視て、観に行くのを止めようと思った。
公開してから少し経っているので、大入り満員という状態ではないと思うが、熱烈なファンが観に来ていて、近くで歌いだしたときに、「うるさいから黙ってろ!」と注意するのか、我慢して映画に集中するのか、判断に迷うからだ。
一緒に歌うという選択肢は無い。
なぜなら、フレディー・マーキュリーの歌は、音域が広すぎて、我々素人には歌えないからである。
昨夜、自宅のパソコンのHDDに集めておいたQueenのアルバムを何年かぶりに聴いた。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/5989-63b6f261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)