FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ゴーンという重石の無くなった日産は、滅亡への坂道を転がり落ちていくのだろう。

昨日からずっとトップニュースを独占しているカルロス・ゴーン会長の逮捕劇。
やはり、最初のきっかけは、内部告発だったそうだ。
それにしても、何年もの間、しかも何十億円という不正な会計処理が表に出なかったこと自体、日産という会社の体質をうかがい知る事ができる。
一昨日の社長の会見では、ゴーン一人が悪者のような言い方だったが、こんな不正会計が一人でできるはずが無い。
経理部門や監査部門や、それらを統括している役員たちも、こぞって見て見ぬ振りをしていたのか、全く機能していなかったかのどちらかである。
おそらく前者だろうから、罪に問われるのはゴーン一人ではすまないはずだ。
ここで効力を発揮するのが司法取引だ。
今回も、この司法取引が有効に活用され、不正に関与した社員や役員たちが事実を暴露したそうだ。
ゴーンが居なければ、日産は19年前に確実に潰れていた会社なので、今回のゴーン逮捕によって、先行きがどうなるのか全く見えなくなったといえるだろう。
日産の社内では、ゴーンのワンマンなやり方や、権力の一極集中、法外な高額報酬など、いろいろな不満が溜まっていたはずで、だからこそ、この時とばかりに、会長職の解任を速攻で決めようとしている。
例えが適切かどうかは分からないが、アスカのようなシャブ中毒の犯罪者に対して、更正させようとして頑張っている支援者が事件を起こして居なくなってしまったような状態だと思う。
支援者が居なくなり、シャブ中毒の犯罪者だけが一人取り残されてしまって、シャブに手を出さずに我慢できるはずが無い。
ゴーンという重石の無くなった日産は、また滅亡への坂を下っていくのだろう。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/5994-43769faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)