FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



優秀な外国人労働者に来ていただくためには、我々日本人が意識を変えなければ駄目だ!

国会でも外国人の労働者をどこまで受け入れるかという議論が盛んに行われているが、かなり時代遅れの議論しか行われていない。
即ち、国会議員の老人たちは、日本人は優秀で、周辺アジアの国々は貧しくて、個人の能力も低いので、日本に出稼ぎに来て、日本人がやりたがらない単純労働を請け負うという古い固定概念が頭に染み付いている。
だから、日本に入れてやるという上から目線の議論ばかりだ。
これでは、近い将来、優秀な外国人労働者が日本に来てくれなくなる。
上記のような20年以上前に通用したような先入観を捨てるところから始めなければならない。
日本に入れてやるではなく、来ていただくのである。
働かせてやるのではなく、人材不足を補っていただくのである。
そもそも、日本に来るようなアジアの大学生たちと、日本人の大学生を比べると、圧倒的にアジアの学生の方が優秀である。
ほとんどが、母国語と英語はできて、中には日本語もできる学生が珍しくない。
日本人の学生は、英語も話せない連中ばかりである。
また、外国で働こうという意欲に満ちていて、勉強もしている。
大学に合格するまでは勉強するが、合格してしまうと勉強を止めて、合コンに没頭する日本人学生とは雲泥の差である。
まぁ、早い話、日本人の学生よりもアジアの学生の方が圧倒的に優秀で、やる気があるということだ。
その辺を良く分かっている外資系の企業や、IT系企業、ベンチャー企業などは、新卒の多くをアジアの留学生を採用している。
日本人が国際化して、海外の優秀な労働者たちが住み易い社会を早く作らないと、誰も来てくれなくなってしまう。
たとえば、ごみの問題などもその典型である。
各自治体でごみ出しのルールが異なる。
また、各自治体のルールが細かすぎて、外国人には理解不能である。
日本人ですら理解できないようなルールが蔓延している。
税金や健康保険・選挙権のことなど、外国人には不当に差別的なことが多すぎる。
最初に申し上げたように、優秀な外国人労働者に来ていただくためには、日本人が国際化し、分かりやすいルールで住み易い社会を構築することが大事である。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/5998-dc9288cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)