FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



M-1グランプリ、圧倒的に「和牛」の出来が良かった。「霜降り明星」は単なるドタバタ劇。

日曜日は西伊豆町に温泉旅行に出かけていたので、M-1を視ることができなった。
録画はしておいたので、自宅に戻ってから、昨夜録画を見た。
私の印象としては、優勝は「和牛」がふさわしかったと思った。
「霜降り明星」は、2回の演目の内容が全く同じで、2回目は飽きてしまう内容だった。
「ジャルジャル」も、2回とも似たタイプの内容で、テンポが良すぎて、視ていて疲れるものだった。
それに対して「和牛」のネタは、2つとも面白かったし、話のペースが落ち着いていて、いくらでも見ていられる感じがした。
話術もハイレベルで、4分のネタが終わった瞬間、「えっ、もう終わり?」と思わせられた。
それに比べて「霜降り明星」や「ジャルジャル」は、ドタバタで演者側の必死さが伝わってきて、心の底から笑えなかったし、ネタが終わった瞬間、「やっと終わった」と感じた。
漫才の出来そのものと言う意味では、「和牛」が断トツだったと思う。
審査結果も、和牛が3票で、霜降り明星が4票。
誰か一人が和牛に入れていれば逆の結果になっていたという接戦。
会場のサクラ客たちは全員若いので、霜降り明星のドタバタ漫才の方が笑えたのかもしれない。
この2,3年、レベルダウンを感じていたM-1だったが、今年はいろんな変り種も出てきていて、そこそこ面白かったのではないだろうか?
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6010-bc9c7f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)