FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



鹿島アントラーズ、明日、浦和レッズと天皇杯の準決勝。21冠目も確実にゲットしろ!

鹿島アントラーズは、明日、鹿島スタジアムで天皇杯の準決勝である。
相手は浦和レッズ、10月のリーグ戦で完敗した相手である。
ACL優勝で20冠目を獲得したばかりだが、鹿島というクラブはタイトルには徹底的に貪欲なクラブなので、天皇杯も優勝して21冠目を獲得し、その勢いに乗ってクラブワールドカップに臨んでほしい。
ACLで日程が非常に過密だった10月に、ルヴァンカップの準決勝をマリノスと戦って競り負けている。
明日の天皇杯の準決勝も、レッズが相手というのは非常にやりづらい。
何といっても、レッズの監督は、かつて鹿島の監督としてリーグ戦3連覇を達成したオリベイラ監督だ。
鹿島の全てを知り尽くしている。
天皇杯は、ホーム&アウェーの試合ではなく、一発勝負のトーナメントである。
ほんの僅かな油断や隙が勝敗を決する。
接戦になることは必至だろう。
同時刻に開催される仙台対山形の勝者と、12月9日の日曜日に決勝戦を戦うのだが、客観的に見て、鹿島と浦和の試合が事実上の決勝戦と言えなくも無いだろう。
まぁ、ルヴァンカップでも、大半の下馬評を覆して湘南ベルマーレが優勝したように、この天皇杯でも、仙台と山形の勝者が優勝する可能性も充分有る。
それが、一発勝負の怖さでもある。
決勝戦は埼玉スタジアムで開催されるので、主催者側の予想では、レッズが鹿島を下して決勝に勝ち上がると予想しているのだろうか?
リーグ戦の最終節から中3日での試合だが、最終節には三竿とレオ・シルバが出場していなかった。
土居や安部も途中出場で、体力を残しているので、この4人のパフォーマンスが勝敗の鍵を握るのではないだろうか?
また、1ヶ月ほど前から試合に復帰するようになったレアンドロの調子がどれくらいのレベルに戻っているのかも気になるところである。
強敵ばかりのクラブワールドカップで結果を残すためには、レアンドロの復活は不可欠だろう。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6011-8630bf99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)