FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



過去を振り返るようになったら、そのクラブは終わりだが、2年前の鹿島は凄かった。

2年前の鹿島アントラーズは凄かった。
というよりも、当時の石井監督のタイトル運の強さが異常だった。
3年前のシーズン途中に、成績不振でトニーニョ・セレーゾ監督を解任し、急遽、監督に就任した。
リーグ戦は全くダメだったのに、当時のヤマザキ・ナビスコカップで奇跡の優勝を飾った。
そして2年目の2016年のシーズン、この頃はまだ2シーズン制だったが、1stステージを圧倒的な成績で優勝した。
ところが2ndステージがボロボロだったが、何とかトータル3位で終了し、チャンピオンシップへ。
2位の川崎に勝ち、首位だった浦和にも競り勝ってリーグ優勝を果たした。
その権利で、日本で開催されたクラブワールドカップに開催国枠で出場した。
まさに「棚から牡丹餅」のような状況で出場したが、何と準決勝で南米代表に勝ってしまい、日本のクラブとしては初の決勝進出を果たした。
そしてレアル・マドリードとの対戦。
ベンゼマに先制されるが、柴崎が2点獲って逆転。
このまま優勝するのではないかと期待したが、クリスティアーノ・ロナウドに同点にされてしまった。
その後も、終了間近に何度か決定的なチャンスがあったのに決め切れなくて延長戦へ。
そしてクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを決められて敗退。
それでも準優勝だったので、凄い快挙だった。
その勢いで年末年始の天皇杯も優勝し、国内の2冠を達成した。
石井監督は、1年半で国内の3つのタイトルを獲り、クラブワールドカップでも奇跡の準優勝を果たすと言う、文句のつけようのない結果を残した。
ところが、翌年の春先に、ACLで予選敗退すると、いきなり解任されて大岩監督に代わってしまった。
それから鹿島の暗黒の時代が長く続くことになった。
2年目でACL優勝を果たしたものの、それ以外は全滅。
来週のクラブワールドカップでは、主力の怪我人多発で、恐らく初戦敗退で直ぐに帰ってくることになるだろう。
やっぱり大岩監督には1日でも早く辞めてもらいたい。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6016-99981a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)