FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



浦和レッズのオリベイラ監督のタイトル運の強さは凄い、鹿島は大岩監督を即刻解任しろ!

昨日、浦和レッズが天皇杯で優勝したが、返す返すも、やっぱり監督のタイトル運の強さが大きく影響するのだと確信した。
浦和の監督は、過去に鹿島で5年間監督を務めたオリベイラ監督である。
この監督は、タイトル運の強さでは群を抜いていた。
就任した最初の年に、リーグ優勝と天皇杯優勝の2冠。
そしてリーグ3連覇や、天皇杯優勝2回、ナビスコカップ優勝1回と、5年間で6冠を達成し、5年間は無冠の年が一度も無かった。
これは、Jリーグの歴史を見ても、トップクラスの成績である。
勝利数や勝率も大事だろうが、とにかく監督の最大の使命はタイトルを取ることなので、そういう意味では、今年の浦和のような中途半端なチームでも、何とか天皇杯を優勝したというのは凄いことだと思う。
その辺、鹿島の大岩監督は対照的で、昨年、10月頃まで独走していたリーグ戦で、最後に川崎に追いつかれて優勝を逃し、カップ戦も全て敗退。
2年目の今年はACLこそ優勝したが、それ以外は決勝に残ることすら出来ないというていたらく。
監督としてのタイトル運の無さが半端無い。
ACLは優勝したものの、怪我人続出で、クラブワールドカップは、初戦の北中米代表のメキシコのクラブに負けて、レアル・マドリードとの再戦は叶わないだろう。
今シーズンも、11月10日のACL決勝第2戦で、終わってしまった。
DAZNもその時期には解約したし、天皇杯も準決勝で敗退し、楽しみが全く無くなってしまった。
大岩監督になってから、1シーズンの期間がとても短く感じるようになってしまった。
ミラクル連発だった石井監督の時代が懐かしすぎる。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6022-1dae577a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)