FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



日本政府のHUAWEI&ZTE排除宣言に対して、中国が拘束日本人に懲役12年を言い渡した。

中国という国は、本当に節操の無い国である。
カナダでHUAWEIの創業者の娘が拘束されると、カナダの元外交官を拘束し、人質合戦に持ち込んだ。
また、日本政府がHUAWEIとZTEの製品の使用を禁止する発表をした途端、3年前からスパイ容疑で拘束していた日本人に対して、懲役12年+罰金320万円の実刑判決を下し、露骨な対抗措置を示した。
日本のマスコミはへっぴり腰で、中国の嫌がらせを恐がっているのか、この事実を、ほとんど報道していないし、報道していても、日本に対する対抗処置だとは報道していない。
HUAWEIの創業者の娘の拘束とカナダ人の元外交官の拘束に関しては、面白がって、人質合戦だとトップニュースで報じておきながら、自国に対する報復処置に対しては、見えない中国の圧力に屈して、何も伝えない。
これは報道機関ではなく、視聴率に踊らされるバラエティー番組の制作会社と同じレベルである。
早い話、クズ以下の存在である。
馬鹿な外務省や日本の経済界は、アメリカとの関係が悪化している今こそが中国との関係を改善するチャンスだと勘違いしているようだが、中国という国は、日本と友好な関係を維持するようなお人好しの国ではない。
日本がアメリカに同調して、経済的な締め付け措置を行うや否や、尖閣列島の時のように、抗日運動を全国で展開し、日本企業の店舗への襲撃や、工場でのストライキなど、悪夢のようなことを繰り返すのは見えている。
中国政府は、日本に対する制裁措置のネタをいっぱい持っていて、その時々に応じて、最も効果が大きいと思われるネタを使ってくる。
過去の例では、尖閣列島の問題の際に、最後はレアアースの輸出を禁止して、日本の製造業に致命的な制裁を加えてきた。
まぁ、今では、その時の教訓で、90%以上中国に依存していたレアアースを、必死で世界中で開発し、中国から輸入しなくてもやっていけるレベルまで改善し、中国のレアアース関連企業がいっぱい倒産するところまでいったが、当時は、日本全体が苦境に立たされていたことは事実である。
本来、外務省という役所は、そういうことも研究しておくところだと思うのだが、残念ながら日本の外務省は、受験勉強が得意なだけのクズしか居ないので、中国のような気の効いた戦略的な発想が出来る人材が一人も居ない。
今の日本が行うべきことはひとつ。
アメリカと足並みを揃えて、中国の経済発展にブレーキをかけることと、中国への経済的な依存率を出来るだけ早期に下げることである。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6029-eb8849be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)