FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



来シーズンの鹿島アントラーズは、J1残留が至上命題になりそうだ。

鹿島アントラーズは全日程を終了しオフに入った。
今年のJリーグは川崎の強さだけが目立った年だった。
カップ戦が他のクラブが優勝したので、結果だけを見ると大して目立っていないようにも見えるが、リーグ戦などを見ていても、川崎の強さは群を抜いていた。
0-2になっても、3点獲って逆転するのではないかと期待を抱かせてくれる唯一のクラブだろう。
事実、そういう試合も珍しくは無かった。
その川崎が、ブラジル代表選手など補強をしているので、来年度も強いだろう。
他にも、神戸が大型補強を続けているので、かなり強くなるに違いない。
そんな中、鹿島といえば、昌子がフランスへ移籍するし、鈴木優麿も海外移籍の可能性が出ている。
永木もオファーが来ているらしい。
カイオを呼び戻すなど、真面目に補強をしないと、とんでもないことになりかねない。
今シーズンも序盤の成績を見ると、完全に降格争いに巻き込まれるような成績だった。
今年の降格争いを見ても、18チームの真ん中あたりまで安心できないような展開だったので、やはり、優勝争いの中にいないと、気がついたら降格争いの真っ只中という状況になりかねない。
今年の柏がそのパターンだったのだろうと思う。
誰も予想もしていなかった柏がJ2へ降格してしまったのは、とても衝撃的だった。
来シーズンの鹿島がそうならない為にも、充分な補強を行う必要があるだろう。
昌子の移籍は非常に痛い。
ただでさえ、小笠原の出場機会が激減して、ピッチ内で檄を飛ばせるキャプテン不在状態というのが、鹿島の弱点のひとつでもある。
その後継者だった昌子も居なくなってしまっては、ピンチの状態から立ち直るきっかけが作れずに、ずるずると沈没していってしまうような展開が増えるだろう。
来シーズンの鹿島は、ACLどころか、それ以前に、J1に残留することが至上命題になりそうである。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6041-cd820900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)