FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



数日間で株価が2千円も下がってしまう。世界経済は、大きく動いている。

世界の経済が大きく動いている。
リーマンショック級の出来事なんて、そう簡単には起こらないと思っていたが、今回の株安などは、その下がり幅だけを比べると、リーマンショックを超えている。
数日間で、日本の平均株価が2千円も下がったのである。
アメリカの先行き不安の影響で、日本の株が大きく下がった。
アメリカの先行きが不安だということで、円高にも振れてしまっているので、益々、日本の株価が下がってしまう。
中国に対するアメリカの強硬な姿勢は、日本にとっては喜ばしいことだと確信しているが、中国を押さえ込む途中段階の現象として、多くの国の経済状況が悪化することになる。
まぁ、それを恐れて、中国の拡大を黙認するのか、手遅れにならないうちに押さえ込みにかかるのかという究極の選択になる。
トランプ大統領は、今やらなければ手遅れになってしまい、近い将来、中国によって世界が牛耳られてしまうことになるという危機感から、英断を下したわけで、私としては非常に評価している。
しかしながら、その意図を理解できていない大馬鹿者が世界中には大勢いる。
日本も、理解していない人がほとんどだろう。
安っぽいニュース番組の、表面上の薄っぺらいコメントに流されて、経済の素人のトランプが、アメリカの貿易赤字を減らすために中国に制裁を加えていると思っている。
アメリカに攻められて困った中国が、急に掌を返して日本に擦り寄ってきているのに、アメリカと足並みを揃えて中国を叩くべき日本が、中国企業と接近しようと動いている。
アメリカとの関係が元に戻った瞬間に、数年前の抗日運動と同じように、日本に対して強硬な態度に変わることがわかっているのに、どこまで馬鹿なんだと思いたくなる。
トランプは、中国を押さえ込む最後の手段として、宇宙軍を作って、宇宙空間を制圧することによって、中国に対して圧倒的な優位を確保しようと宣言した。
アメリカは本気である。少なくともトランプが大統領で居る間は、本気で中国を潰しに行くだろう。
その間、経済状況の悪化に耐え切れなくなった国が、アメリカの動きに逆行して、中国と親密になってしまうことが一番のリスクである。
日本もそうなりかねないので、心配している。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6046-48731c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)