FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



米中の覇権争いの影響が日本にも及んでいる。しかし、ここは何が何でも耐えなければならない。

米中の覇権争いの影響が、日本にも大きく出ているようだ。
先行きの不安から、株価も乱高下を繰り返しているが、日本にとって一番危ういのは円高である。
覇権争い以外にも、トランプが大統領選挙の時から主張し続けている、メキシコとの国境に壁を築く問題で、予算が確定しないために、国の機関の業務がストップしてしまっていて、その影響でドルが売られ、円が買われてしまった。
113円近辺で安定していた為替が、一気に108円前後に跳ね上がってしまった。
一時は104円台に突入するなど、かなりやばい局面もあった。
ただでさえ、覇権争いの影響で中国の製造業の生産量が減少し、日本に対する電子部品などの発注が減り、日本のメーカーも困り始めているところで、円高まで抱え込んでしまうと、中小企業の中には潰れてしまうところも出てくるだろう。
日本の技術力を支えてきた中小企業も、後継者が居ないために、黒字なのに廃業してしまう会社が後を絶たず、日本の産業構造としては深刻な状況になりつつある中、円高で、廃業のピッチが上がってしまうようだと、本当に1,2年の短期間で、日本の製造業のスクラムが崩れてしまいかねない。
リーマンショックの際に証明されたように、世界の経済は密接に絡んでいて、覇権争いで中国の製造業が悪くなると、その影響が他の国々にも出てしまう。
しかも、今回はアメリカと中国という2大超大国同士の争いなので、この2つの国の経済活動が鈍化すれば、その影響が世界中に波及することは避けられない。
とは言いながら、中国がこれまでと同じペースで経済発展し、軍事力も拡大を続けていけば、台湾・朝鮮半島・日本の順番に中国に併呑されてしまうことは確実なので、22世紀になっても日本という独立国家が存続してほしいのであれば、アメリカの戦略に乗って、中国を叩くしか選択肢は無いのである。
今、目先の景気が大事だからと、抜け駆けして中国と取引をするようだと、自分で墓穴を掘ることになる。
そうならないためには、今回の景気後退は、何が何でも辛抱しなければならない。
そういう時期の消費税増税は有り得ない政策である。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6054-6fcfb30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)