FC2ブログ
おやじの小言
普段世の中で起きている出来事やニュースなどについて、思ったことを書いています。また、身の回りの出来事についても、日記代わりに書いています。

blogram投票ボタン
プロフィール

鹿おじさん

Author:鹿おじさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



世界の秩序を無視して暴走する中国を止めてくれたトランプは、日本にとって神風だ!

トランプ大統領が来日中で、昨日は安倍首相の接待漬けだった。
朝からプロゴルファーの青木と3人でのラウンド。
ゴルフの後は国技館に来て、千秋楽の最後の4番の取り組みを観て、最後に優勝力士に大統領杯を授与までして、館内を沸かせていた。
そして夜は六本木の高級炉辺焼きで両夫婦でディナーという、至れり尽くせりの接待である。
今日は、天皇に拝謁する。
まぁ、これがメインの用事なので、昨日は仕事ではない。
新しい天皇に最初に拝謁する外国人は、是非アメリカの大統領にお願いしたいという日本側の強い希望に応じたことなので、トランプ側の配慮とも言える来日である。
日本国民としては、日本の当面の敵である中国を、経済のリスクを承知の上で攻撃してくれているトランプを、精一杯応援するべきだ。
今更ながらに、もし平凡なクリントンが大統領になっていたらと考えると、ゾッとする。
その場合は、中国のGDPがもっとアメリカに肉薄していて、2,3年後にはアメリカを追い抜くレベルまで達していて、アメリカも中国を止めることができず、一帯一路が着々と完成に近づき、巨大な中国経済圏の完成が近づき、中国共産党による世界制覇が現実のものになろうとしていただろう。
台湾は中国に吸収され、日本も中国に吸収される一歩手前まで進んでいたはずだ。
このような中国の快進撃を止めてくれたトランプは、日本国民にとっては神風と言えるだろう。
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://speedwalker.blog83.fc2.com/tb.php/6249-740d51a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)